ゲゼル・カレンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲゼル・カレンダー

ゲゼル・カレンダーは季節ごとの畑作業を記した農事暦。石灰石板に刻まれており紀元前1000年ごろのヘブライ語碑文であるといわれている。1908年にゲゼル遺跡から発見された。同遺跡からは、紀元前3000年ごろのものと思われる居住層や紀元前2000年ごろのものと思われる巨石列柱立などが見つかっている。

現在はイスタンブール考古学博物館が所蔵している。

内容[編集]

  • 収穫の2月
  • 播種の2月
  • 遅播きの2月
  • 亜麻を抜く月
  • 大麦刈りの月
  • 小麦の刈り入れの月
  • ぶどうの収穫と手入れの2月
  • 夏の果物の月

参考文献[編集]

  • The Ancients in Their Own Words - Michael Kerrigan、Natascha Spargo、Joe Conngally、 Michael Spilling, 2010