ゲットスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲットスター
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 東亜プラン
発売元 タイトー
プログラマー 上村建也
音楽 弓削雅稔
人数 1人/2人交互プレイ
メディア 業務用基板
発売日 1986年3月
テンプレートを表示

ゲットスター』(GET STAR)は、1986年に販売をタイトー、製作を東亜プランがそれぞれ担当したアーケード用横スクロールアクションゲーム。日本国外でのタイトルは『GUARDIAN』(ガーディアン)。

概要[編集]

シューティングが中心の東亜プランとしては珍しいジャンルにあたる。内容はパンチとキックを使いわけて進むという、『スパルタンX』のようなもの。

パワーアップ要素が含まれているが、実際にパワーアップできるのはパンチだけである。

ストーリー[編集]

5つの星を支配する「ビックデモール」を倒すため、地球から「ゲットスター」が敵惑星に送り込まれた。しかし、各惑星では「ビックデモール」に支配された手強い相手がゆくてを阻む。

ルール[編集]

8方向レバーと2(パンチ、キック)ボタンで主人公のロボット「ゲットスター」を操作する。ステージは、夜の惑星、氷の惑星、森の惑星、砂の惑星、未来の惑星、敵基地の全6ステージで構成され、各ステージの最後には巨大なボスが存在する。各ボスは独特の弱点があり、それを見抜くことが攻略のポイントである。

1匹10,000点という高得点のキャラクターも隠されている。

アイテム[編集]

  • 時折地面から出現するレッドバルーンを集めるとパンチ力が上昇する。
  • 3色に点滅するアイテムは、取った時の色によって効果が異なる。
    • 赤:エネルギー(または、3,000点)
    • 黄:10秒間無敵
    • 青:ビーム砲装備