ゲット・オーヴァー・イット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲット・オーヴァー・イット
イーグルスシングル
初出アルバム『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー
B面 ゲット・オーヴァー・イット (Live)
リリース
録音 1994年
ジャンル ロック
時間
レーベル ゲフィン・レコード、イーグルス・レコーディング・カンパニー
作詞・作曲 グレン・フライドン・ヘンリー
プロデュース イーグルス、エリオット・シャイナー、ロブ・ジェイコブス
イーグルス シングル 年表
セヴン・ブリッジズ・ロード
(1980)
ゲット・オーヴァー・イット
(1994)
ラヴ・ウィル・キープ・アス・アライヴ
(1994)
テンプレートを表示

ゲット・オーヴァー・イット」 (Get Over It) は、イーグルスによって14年ぶりにリリースされたシングル。バンドが再結成した際に、グレン・フライドン・ヘンリーによって書かれた最初の曲でもある。「ゲット・オーヴァー・イット」は、1994年のヘル・フリーゼズ・オーヴァー・ツアーでライヴの最初に演奏され、ドン・ヘンリーがリードヴォーカル、スコット・F・クラゴがドラムを担当した。この曲で、バンドは13年ぶりにアメリカトップ40入りを果たし、Billboard Hot 100では、最高31位となった。さらに、メインストリーム・ロック・トラックスでは、4位のヒットとなった。

この曲は、ドン・ヘンリーの挫折や他人(テレビのトークショーのゲストなど)の失敗、精神の不安定、相応しくない経済的な問題などについて歌っており、それでも彼らは世界から恩恵を受けているとしている。ウィリアム・シェイクスピアの『ヘンリー六世 第2部』を参考にしており、「Old Billy was right: let's kill all the lawyers - kill 'em tonight」は、シェイクスピアの「The first thing we do, let's kill all the lawyers」にあたる。

担当[編集]