ゲバゲバ90分!+30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲバゲバ90分!+30
ジャンル バラエティ番組
企画 井原高忠
脚本 喰始
浦沢義雄
ほか多数
総監督 井原高忠
演出 齋藤太朗
神戸文彦
井原高忠
出演者 宍戸錠
熊倉一雄
小松方正
常田富士男
藤村俊二
朝丘雪路
吉田日出子
ハナ肇
西田敏行
徳光和夫
ほか
テーマ曲作者 宮川泰
オープニング 「ゲバゲバ90分!のテーマ」
製作
制作プロデューサー 仁科俊介(制作)
神戸文彦(制作)
製作 日本テレビ
放送
放送局 日本テレビ系列
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1982年3月30日
放送時間 火曜 19:00 - 20:54
放送分 114分
回数 全1回

ゲバゲバ90分!+30』(ゲバゲバきゅうじゅっぷんプラスさんじゅう)は、1982年3月30日(火曜) 19時00分 - 20時54分(日本標準時)に日本テレビ系列局で放送された日本テレビ製作の単発バラエティ番組である。

概要[編集]

わずか1年間の放送ながら日本のテレビ界を席巻した『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』とその後継番組『ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!』の復活特番で、レギュラー番組時代と同様に22人の作家たちが筆を執った。演出は、かつての番組プロデューサーで、1980年にフリーに転向した井原高忠が担当した。「10年振りの復活」という触れ込みであったが、実際には1976年4月29日にも一度『木曜スペシャル』で『輝け!五郎・マペット ゲバゲバ90分!』が放送されている。

この特番は、宍戸錠藤村俊二といったレギュラー番組時代からのメンバーに、西田敏行などの新メンバーを加えて行われた。しかし、司会を務めていた大橋巨泉前田武彦はこの特番には出演せず、彼らの代役を立てての司会パートも無かった。また、ハナ肇による「アッと驚く為五郎」のパートにも違いがあった。ハナはレギュラー番組時代にはヒッピー姿で登場していたが、この特番では時代を反映して竹の子族の衣装を着て出演していた。興奮すると怪物に変身する家族が登場する「ホームドラマ」のパートは、映画『スター・ウォーズ』の特殊メーク班に作成してもらった。オープニングや一部のコントはフィルム撮影であったが、この特番はすべてVTR撮影となった。

10年ぶりの新作となった特番だが、回顧特番を除きこれが事実上最後の『ゲバゲバ』となった。

出演者[編集]

旧メンバー[編集]

新メンバー[編集]

スタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

  • ゲバゲバ90分!のテーマ(作曲:宮川泰) - オープニングの映像は、『巨泉×前武』時代と同様に出演者たちがプラカードを持って行進するパターンであったが、本番組では行進の合間にハイライトシーンが加わった。なお、「トリオ」と後半の間のドラム演奏部は省かれた。

出典[編集]

  • 読売新聞縮刷版 1982年3月30日付のラジオ・テレビ欄および番組宣伝広告

関連項目[編集]