ゲルゲットショッキングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲルゲットショッキングセンター
愛称 ゲルゲ
ジャンル 帯番組 / バラエティ番組 / 音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1995年11月6日 - 1999年3月25日
放送時間 月 - 木曜 22:00 - 25:00(180分)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN[1]
パーソナリティ 井手功二
出演 LFクールK
アシスタント項及び日替わりアシスタント項参照
テーマ曲 オレンジのKISS(CURIO)(OP)
ボクたちの旅(チャーミースマイル&グリーンヘッド)(ED)
プロデューサー 土屋夏彦
ディレクター 勅使川原昭(チーフ)
田所健太郎
森健一[2]
テンプレートを表示

ゲルゲットショッキングセンターニッポン放送で1995年11月6日から1999年3月25日に放送されていたバラエティ番組

番組概要[編集]

1995年、ニッポン放送の平日深夜帯の番組編成にて『伊集院光のOh!デカナイト』で伊集院とスタッフとの齟齬から発生した番組打切り実行以降、22時台に『キャイ〜ン天野ひろゆきのMEGAうま!ラジオバーガー!!』、24時台に『ミッドナイトミュージックダンク』を編成したが、同年9月末で打切り、当時は無名だったブランニューモンキーズラッパーである井手功二を起用して[3]、放送開始日の前日の特番枠にパイロット番組を編成し、翌日から番組開始。

番組タイトルで付けられた「ゲルゲ」と言う語彙は、放送当時の世の若者達が日頃気になっている事柄、物 怪しい事柄、物、今一番やってみたいこと、欲しいものの総称を現した言葉で、番組構成は、架空の4階建てのショッピングセンターという設定のため、フロア(パート)を移すごとにエレベーターの到着音と番組アシスタントによるフロア紹介がされる演出を採用していた。その後、番組構成は特に「楽屋ネタ」をメインにパーソナリティとメインアシスタントが様々な事に実行したり、電リクを行っていた。また、井出が当時、特に興味を持ったテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を大フィーチャーし、コーナー化した事で、結果番組開始半年後から当該時間帯の聴取率調査はずっと時間帯1位をキープしていた。しかし、1999年春にニッポン放送がこの番組を含む22時台から翌4時台の番組編成を見直し、「LF+R」として『オールナイトニッポン』を22時からの3部制(本番組の枠は『allnightnippon SUPER!』)にした。これによって本番組も再編の対象とされ、1999年3月25日をもって終了せざるを得なくなった。

出演者は、メインアシスタントに同局のアナウンサーで2年目の垣花正がマイクネームを前担当番組であった『オールナイトニッポン』からラッパーであるLL・クール・Jから捩った、「LFクールK」と称し[4]、「ANN2部」時代のとキャラ付けの意味を込めて、髪型をモヒカンにする奇抜な格好をしていた[5]。また、サブアシスタントに1995年に入社した新人アナウンサーの山岡が「ジャネット山岡」と称し、金髪のカツラを被りエレベーターガールと言うキャラクター設定がされていた。

本番組終了後も、井出と垣花はそのまま「LF+R」の番組でパーソナリティを続けることとなり、井出は旧一部にあたる「@llnightnippon.com」の水曜日を、垣花は「LFクールK」名義を継続させ24時台のみ続投、「LFクールKのLF+Rフライングビート」を担当することとなった。

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

メインアシスタント[編集]

アシスタント[編集]

日替りアシスタント降板以後は据え置かれていない

日替わりアシスタント[編集]

放送時間[編集]

JST表記

放送終了時点[編集]

  • 月 - 木曜 22:00 - 25:00 - 1995年12月4日 - 1999年3月25日

過去[編集]

  • 月 - 木曜 22:00 - 24:00 - 1995年11月5日 - 1995年11月30日

ネット局[編集]

フロート番組[編集]

  • ローソンミュージックアクション ゲルゲハイスクールランキング[6]
マーケティング会社であるティーンズネットワークシップが運営していた、首都圏の高校生ネットワーク「ティーンズネットワークシップ」200人による調査から、毎週の投票データを元に最新ヒット曲のチャートを紹介するコーナー。ランキングは当時:全国に出店していたローソン店舗内の店内放送にて聴取可能で、新星堂が発刊していたフリーペーパーでもランキングを掲載していた
放送対象地域 放送局 放送時間 備考
北海道 STVラジオ 23:40 - 23:50
中京圏 東海ラジオ 22:10 - 22:20 Pee Pee Jaca Jacans』→『ぷるぷるMagicモンスター』にて内包
京都府 ABCラジオ 1:00 - 1:10
広島県 中国放送 23:45 - 23:55
福岡県 KBCラジオ 22:50 - 23:00 ダブルバスターズ』にて内包

タイプテーブル[編集]

※時間はあくまでも目安

フロアを移すごとにエレベーターの音とジャネット山岡によるフロア紹介がされており、また、番組からのお知らせも、デパートでよくあるチャイム音とともにジャネットが読み上げていた。
  • 22:05 - 22:15頃 1階(グラウンドフロアー)ゲルゲ大バザール
番組で用意した商品をリスナーにプレゼントするコーナー。はがき抽選で商品はプレゼントされる。
  • 22:20 - 22:45頃 2階:アニメ&カルチャーフロアー
アニメとカルチャーにまつわるゲストを呼ぶコーナー。エヴァのコーナーは月曜日のこの時間だった。
  • 23:00 - 23:25 中2階:ゲストフロアー
その次節の話題のゲストを呼びトークをするコーナー。
  • 0:00 - 0:10 3階:DJブース ローソンミュージックアクション ゲルゲハイスクールランキング
内包番組ゾーン
  • 0:15 - 0:30 4階:ゲルゲットアミューズメント ストリート&アミューズメントフロアー
主に宇治田みのるのコーナー。当時の最新流行を宇治田みのるが紹介していた。また、ここで紹介したものが度々一大流行になったことから、番組内では「宇治田が喋れば、ブームが起こる。」とまで言われていた。

主なコーナー[編集]

番組内[編集]

  • ゲルゲビンゴ
    • ゲルゲベガス
上記コーナーで登場したゲストが持参した商品をリスナーにプレゼントする際の抽選コーナーとその方式のこと。応募者の電話番号をビンゴ番号に見立て、ジャネットがビンゴマシーンを操り出てきた数字15個と照合して、ビンゴが判明した場合抽選権を与えられ、リスナーが電話して正式に抽選にエントリーされ、抽選結果をリスナーに加電し、当選キーワードである「ゲルゲ」を告げないと落選になり、次点者に権利が委譲される。
聴取率調査時はコーナータイトルがスペシャル版である「ゲルゲベガス」に変わる
  • エヴァコーナー(月曜日)
当時、「新世紀エヴァンゲリオン」の特集をヘビーローテーションで実施。特に聴取率週間時はエヴァ1色と言う位展開した結果、同時間帯の聴取率調査で1位を獲得し、裏番組の若年層向け番組を終了に追いやったとされている
新世紀エヴァンゲリオンの人気声優が各キャラクターに扮して出題するカルトクイズにリスナーが回答するコーナー。5問正解で関連グッズがプレゼントされた。
また、1問でも誤答すると、各キャラクターの名ゼリフ(コーナー名)で罵倒される。
リスナー当人の名前を呼びながら罵倒されることから、一部には罵倒されるのを目的としてチャレンジする者も居た。
  • ゲルゲ小さな幸せ、小さな不幸せ(月曜日)
リスナーから寄せられた、些細な日常の幸せ不幸せを紹介するコーナー。
  • リアルときメモクイズ(火曜日)
人気女優・声優をゲストに呼び、リスナーとバーチャルデートを行いながら選択肢という名のクイズを行い、全問正解を目指すコーナー。
  • テレホン大魔神(火曜日)
企業や著名人に対して、クールKがイタズラ電話を掛け、そのやりとりを紹介するコーナー。
コーナーのテーマソングは、ハクション大魔王のサビの部分を、クールKがて・て・テレホ〜ンだいまじんと歌いなおしたものを使用。
初回の被害者はニッポン放送の受付嬢。
1度だけ、特別番組の収録と騙して採取した井手功二の声をサンプリングマシーンにセットし、高野拳磁にイタズラ電話をするという回があった。
最初は機嫌の良かった高野だが、サンプリングで用意された罵倒言葉に「今からお前のとこにいくからな!」「2メートルの俺とどっちがストロングか試してやろうじゃねえか!?」と本気で怒りだしてしまう。
この時のイタ電は生放送だったため、すべてOAされてしまい、スタッフ・リスナーを恐怖のどん底に落としめた。
  • 私をお風呂につれてって(木曜日)
女性リスナーとクイズを行い、1問正解するとリスナーの服が1枚ずつ脱げ、全問正解しすべて服を脱ぐとお風呂に入れ賞金がもらえるという、現在からするとかなり際どいコーナー。
コーナー中は、井手功二とクールKから「受話器乳首を撫でて」や「歯ブラシで下の毛をガサゴソと」といった危険な要求がされており、当時の井手功二の彼女から「あのコーナーもうやめて!」と怒られたほど。
  • 飛んでけツッチー(水曜日→木曜日)
ニッポン放送関係者をネタとしたショートギャグストーリーコーナー。
当時のニッポン放送はアクの強い人間が多く、「なわけよ~」を連発する土屋夏彦編成局副部長、ハガキ職人から社員になり「拙者」「ござる」が口癖の福田大介ディレクター、当時借金や遅刻など素行不良だったLFクールKこと垣花正アナウンサーなど、ネタには事欠かず、関係者しか知りえないネタを織り交ぜながら構成されるストーリーが人気を博し、角川Mini文庫より書籍として出版されるまで至った。
ネタはどんどん拡大し、田所ディレクター、丹羽ディレクター、増田ディレクター、松尾AD、田中制作班長、クールKの妹・母親と当時の同棲相手等までネタにされた。果ては番組のアルバイト、出演者のマネージャー、井手功二のおばあちゃんまでネタにされるに至り、更に即時性も高まっていった(ネタとなる実際に起きた事柄(当然関係者しか知りえない内輪ネタ)から1週間程度(速い時は速達で3日)で、リスナーからハガキが送られてくるということもあったため、パーソナリティーからは「どこからネタが漏れているんだ・・・」と畏怖されていた)。
後に、オールナイトニッポンモバイルで飛んでけツッチーがリバイバルされた際、当時からネタを作っていたのは放送作家の西川氏だったことが暗に暴露されている。
コーナーリニューアル時にOPテーマとなった森健一ディレクターの楽曲「清志郎のように」は大ブームとなり、富士急ハイランドでライブも開催された(ただし観客数は4人)。
その後、木曜日アシスタントの江藤真由、ハガキ整理アルバイトのクリリンをフィーチャーしたMORI LITTLE LIVER(モリリトルレバー 略してモリレバ)が結成され、日本武道館鎌倉シネマワールドでライブも行われた。
代表曲に、「シェルタリング・スカイ」「SPRING IN MY WAY」「緑の歌」「甘えられた時代は過ぎて」「手紙」など。
23時頭のコーナー。リスナー2人(初期は1人)が10問のクイズに回答し、全問正解すると賞金として10万円がプレゼントされるというコーナー。
当時のニッポン放送において最高賞金金額コーナーであった。
  • ゲストと一緒にゲルゲ20万円クイズハンター
レーティング時の10万円クイズハンターのスペシャル版。

箱番組[編集]

前番組に続き、3時間の放送時間内に5~6本程度の収録番組(箱番組)が放送されており、これらの番組は「ゲルゲファミリー」と呼ばれていた。

イベント[編集]

  • ゲルゲ10万円クイズハンター in 川崎球場 - 1997年8月28日(15:00 - 18:00)
司会:井手功二、LFクールK、丹下桜、ゲスト:篠原ともえ桜井智、チャーミースマイル&グリーンヘッド、超能力アーティスト、 エヴァ声優
このイベントの際、井手が川崎球場で暴れ過ぎて、以後球場から番組に賃貸させない意向を示した
  • ハドソンPresents "桃太郎電鉄7" 発売記念 ゲルゲボンビー紅白歌合戦 in 武道館 - 1997年12月29日(16:00 - 20:20)
井手功二、丹下桜、CHARMY SMILE & GREN head、猿岩石、ゲルゲアシスタンツ(月曜:大賀あや、火曜:麻績村まゆこ、水曜:なかまゆきえ、木曜;えとうまゆ), 篠原ともえ、U-turn
CHARMY SMILE & GREN head、CURIO、S.O.A.P、電撃ネットワークSay a Little Prayer

Web展開[編集]

オールナイトニッポンモバイル[編集]

番組終了から10年程経過した2009年、携帯電話サイトオールナイトニッポンモバイルにて、Webコンテンツの1つとして、『井手コウジとクールKのゲルゲットショッキングセンター』が復活。[7]現在のところ、2012年まで毎年新作が配信されている。

ガラケー用Webサイトと、スマートフォンアプリケーションで配信されていた[8]

脚注[編集]

  1. ^ 一部内包コーナーのみ
  2. ^ 現:営業局営業2部副部長
  3. ^ ゲルゲットショッキングセンターとは何か? 2018年01月05日
  4. ^ kenichiromogiのツイート(101443924182315008)
  5. ^ http://www.allnightnippon.com/our_ann/memories/kakihana.html
  6. ^ NRN向けコーナータイトルは『ローソンミュージックアクション』で『ブッタマほっとステーション』からの1社提供枠
  7. ^ http://www.allnightnippon.com/m/lineup.php#etc
  8. ^ [鶴光など「オールナイトニッポン」携帯版がiPhoneアプリに -「ゲルゲ」も。1パーソナリティ450円。「鶴光は12歳以上」 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/350115.html 2010年2月19日]
ニッポン放送 22時台
前番組 番組名 次番組
ゲルゲットショッキングセンター
ニッポン放送 24時台
ゲルゲットショッキングセンター
LFクールKのLF+Rフライングビート