ゲルノート・ベーメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゲルノート・ベーメGernot Böhme1937年1月3日 - )は、ドイツの哲学者。研究領域は、科学哲学、時間論、美学、倫理学、哲学的人間学。2005年より、ダルムシュタットの実践哲学研究所の所長を務めている。

来歴[編集]

ベーメはゲッティンゲン大学ハンブルク大学にて数学、物理学、哲学を学び、1965年にハンブルク大学で博士号を取得した。一時期は科学者として、マックス・プランク研究所カール・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカーとともに働いていたことがある。1977年から2002年の間、ダルムシュタット工科大学の哲学教授を務めた[1]

著作[編集]

  • 1989 Als Hrsg.: Klassiker der Naturphilosophie. Beck, München
    伊坂青司、長島隆訳『われわれは「自然」をどう考えてきたか』どうぶつ社、1998年
  • 1995 Atmosphäre: Essays zur neuen Ästhetik. Frankfurt am Main
  • 1999 Theorie des Bildes. Fink, München
  • 2001 Aisthetik. Vorlesungen über Ästhetik als allgemeine Wahrnehmungslehre, Fink
    井村彰、阿部美由起、小川真人、益田勇一訳『感覚学としての美学』勁草書房、2005年
  • 2002 Die Natur vor uns. Naturphilosophie in pragmatischer Hinsicht. Kusterdingen
  • 2003 Der Typ Sokrates, Suhrkamp
  • 2005 Goethes Faust als philosophischer Text. Die Graue Edition, Kusterdingen
  • 2006 Architektur und Atmosphäre. München
  • 2006 梶谷真司、斉藤渉、野村文宏編訳『雰囲気の美学――新しい現象学の挑戦』晃洋書房
  • 2008 Invasive Technisierung. Technikphilosophie und Technikkritik. Kusterdingen
  • 2008 Ethik leiblicher Existenz. Über unseren moralischen Umgang mit der eigenen Natur. Suhrkamp, Frankfurt am Main

脚注[編集]

[ヘルプ]