ゲルハルト・ティベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲルハルト・ティベン
Gerhard Thyben
Bundesarchiv Bild 183-2007-1218-500, Gerhard Thyben.jpg
渾名 ゲルト
生誕 1922年2月24日
Flag of Germany (3-2 aspect ratio).svg ヴァイマル共和国
Flag of Prussia (1918–1933).svg プロイセン自由州
キール
死没 2006年9月4日
Flag of Colombia.svg コロンビア共和国
Flag of Valle del Cauca.svg バジェ・デル・カウカ県
サンティアゴ・デ・カリ
所属組織 War ensign of Germany (1938–1945).svg ドイツ国防軍空軍
軍歴 1940–45
最終階級 中尉
除隊後 コロンビア空軍教官
テンプレートを表示

ゲルハルト・ティベン(ドイツ語: Gerhard Thyben1922年2月24日 - 2006年9月4日)は、ドイツの軍人。最終階級は空軍中尉。第二次世界大戦では総出撃数385回、総撃墜数157機(うち152機は東部戦線で、5機は西部戦線である)を記録したエース・パイロットであり[1]、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

1922年2月24日ヴァイマル共和国プロイセン自由州キールに生まれる。1940年後半にドイツ国防軍空軍へ志願し、1941年夏頃までに空軍パイロットとしての許可が下りた。第二次世界大戦では空軍第3戦闘航空団や第54戦闘航空団に所属し、主に独ソ戦に参戦した。1944年9月30日には総撃墜数が100機を記録した。

1945年5月8日、ティベンはクールラント・ポケットから逃げるドイツ難民輸送船を狙うソ連爆撃機Pe-2を撃墜したが、これが彼の大戦最後の撃墜記録となった。また同時に、これがドイツ戦闘機フォッケウルフ Fw190最後の活躍でもあった。着陸後、イギリス軍に包囲され投降、1946年までイギリスに抑留された。戦後はスペインアルゼンチンを旅した後、コロンビア空軍の教官を務めた。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Spick 1996, pp. 3–4.
  2. ^ a b Thomas 1998, p. 381.
  3. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 476.
  4. ^ Fellgiebel 2000, p. 423.
  5. ^ Scherzer 2007, p. 745.
  6. ^ Fellgiebel 2000, p. 101.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Huß, Jürgen; Viohl, Armin (2003) (German). Die Ritterkreuzträger des Eisernen Kreuzes der preußischen Provinz Schleswig-Holstein und der Freien und Hansestadt Lübeck 1939–1945 [The Knight's Cross Bearers the Prussian Province of Schleswig-Holstein and the Free and Hanseatic City of Lübeck 1939–1945]. Zweibrücken, Germany: VDM Heinz Nickel. ISBN 978-3-925480-79-9. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Spick, Mike (1996). Luftwaffe Fighter Aces. New York: Ivy Books. ISBN 978-0-8041-1696-1. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Thomas, Franz (1998) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 2: L–Z [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 2: L–Z]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2300-9. 
  • Weal, John (1995). Focke-Wulf Fw 190 Aces of the Russian Front. London, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-85532-518-0. 
  • Gerhard Thyben” (German). Lexikon der Wehrmacht. 2011年10月19日閲覧。