ゲルハルト・バウマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
国家人民軍中央音楽隊20周年を記念し、ヴァルデマール・フェルナードイツ語版提督から人民・祖国奉仕戦闘勲章ドイツ語版を授与されるバウマン(1971年)

ゲルハルト・バウマン(Gerhard Baumann, 1921年9月3日 - 2006年11月7日)は、ドイツ出身の軍楽家[1]ドイツ民主共和国(東ドイツ)において、国家人民軍中央音楽隊(Zentrale Orchester der Nationalen Volksarmee)の主任指揮者を24年間務めた。

経歴[編集]

1921年、メクレンブルククラインロアーンドイツ語版にて生を受ける。

1936年から1940年にかけて、マルヒョウドイツ語版の音楽学校に通う。1940年に徴兵され、1945年まで空軍の軍楽隊員として勤務。

アメリカの捕虜収容所から開放された後に帰郷し、1947年にはドイツ人民警察に採用される。1948年初めにアルブレヒト・シュテルン(Albrecht Stern)がメクレンブルク・フォアポンメルン州警察音楽隊(Polizeiorchesters der Landespolizei Mecklenburg-Vorpommern)を創設すると、バウマンは音楽家・編曲者としてこれに加わり、作曲および指揮について学んだ。1953年、シュヴェリーン警察音楽隊(Polizeiorchesters Schwerin)の主任指揮者に選ばれる[1]。1954年からはライプツィヒ放送吹奏楽団を率いる。

友人(後に代理人も務めた)であるエルンスト・レンバッハ(Ernst Rembach)の仲介を受け、1959年8月から国家人民軍中央音楽隊に参加。主任指揮者に選ばれたバウマンは、編曲者、作曲者、指揮者、音楽教育者として重要な役割を果たす。ハンス・フェリックス・ウサデルドイツ語版の影響を受けたバウマンは、吹奏楽のための交響曲を重要視していた。バウマンに師事したクラウス=ペーター・ブルッフマンドイツ語版ゲルハルト・ティッテルドイツ語版ハインツ・ヴィッツエンドルフドイツ語版らは、特に編曲・作曲についてバウマンを評価した[2]

1969年3月1日、国家人民軍創設13周年を記念し、大佐に昇進する[3]。1973年10月4日、文化大臣ドイツ語版ハンス=ヨアヒム・ホフマンドイツ語版は、バウマンを音楽総監督に任命した[4]。1981年、国家人民軍大帰営譜ドイツ語版を考案する。1983年11月18日、バウマンは退役し、国家人民軍政治局長補エルンスト・ハンプ中将(Ernst Hampf)は、後任にハインツ・ヘッカー(Heinz Häcker)を任命した.[5]。ヘッカーもまた、ライプツィヒ放送吹奏楽団の指揮者を務めた経験があった。1989年の政変ドイツ語版の後、バウマンは作曲家・編曲家として活動した[2]

2006年11月、ベルリンにて病没。

受賞歴[編集]

  • 1971年:テオドール・ケルナー賞ドイツ語版
  • 1977年:三級ドイツ民主共和国国家功労賞ドイツ語版(芸術・文学)

主な作品[編集]

ウインド・オーケストラ[編集]

  • Berliner Melodien
  • Berliner Schwung
  • Berlin-Medley
  • Berlin – Stadt des Friedens (Festfanfare)
  • Defiliermarsch
  • John-Philip-Marsch
  • Im Regiment nebenan (Marsch)
  • Klänge der Freundschaft (Potpourri der Lieder und Tänzer der Staaten des Warschauer Vertrages)
  • Marcia historica (Potpourri)
  • Marsch zum Großen Wachaufzug bzw. Der Bodensteiner
  • Mecklenburger Land (Marsch)
  • Mecklenburgisches Capriccio
  • Oberbrambacher Marsch
  • Paradefanfare
  • Parade der Freundschaft (Marsch)
  • Salut den vier Toren (Konzertmarsch)
  • Waterkant-Medley

参考文献[編集]

  • Günther Buch: Namen und Daten. Biographien wichtiger Personen der DDR. Dietz, Berlin (West)/Bonn-Bad Godesberg 1973, ISBN 3-8012-0020-5, S. 14.
  • Bernd Zivny: Zum Tod Gerhard Baumanns. In: Mit klingendem Spiel. Militärmusik – einst und jetzt 4/06, S. 25–26.

脚注[編集]

  1. ^ a b Gerhard Baumann (private Website)
  2. ^ a b Nachruf von Bernd Zivny
  3. ^ Neues Deutschland, 25. April 1969, S. 8.
  4. ^ Neues Deutschland, 5. Oktober 1973, S. 4.
  5. ^ Neues Deutschland, 19. November 1983, S. 7.