ヘルバシオ・デフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデフェル第二姓(母方の)はアンヘルです。
ヘルバシオ・デフェル Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Gervasio Deferr.jpg
選手情報
フルネーム Gervasio Deferr Ángel
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1980-11-07) 1980年11月7日(38歳)
生誕地 カタルーニャ州バルセロナ県プレミアー・ダ・マール英語版
身長 166cm
体重 69kg
代表 スペインの旗 スペイン
 
獲得メダル
オリンピック
2000 シドニー 跳馬
2004 アテネ 跳馬
2008 北京 ゆか
世界体操競技選手権
1999 天津市 ゆか
2007 シュトゥットガルト ゆか
テンプレートを表示

ヘルバシオ・デフェル・アンヘルGervasio Deferr Ángel1980年11月7日 - )は、スペインカタルーニャ州バルセロナ県プレミアー・ダ・マール英語版出身の男子体操競技選手。

経歴[編集]

5歳で体操競技を始めた。好きな種目はゆかであるとしている。

1997年にスイスのローザンヌで開催された世界体操競技選手権では、ゆかで7位となった。1999年に中国の天津で開催された世界選手権では、9.750を出した床で銀メダルを獲得した。オーストラリアのシドニーで開催された2000年シドニーオリンピックでは、9.712を出した跳馬で金メダルを獲得した。2000年にスロベニアのリュブリャナで開催されたFIG体操ワールドカップでは、9.688を出したゆかで銀メダルを獲得した。

2001年にフランスのパリで開催された体操ワールドカップでは、9.625を出したゆかで金メダルを獲得した[1]。2002年にポーランドのデブレツェンで開催された世界選手権ではゆかで2位となったが、大会後のドーピング検査マリファナが陽性となり、銀メダルが剥奪された。ギリシャのアテネで開催された2004年アテネオリンピックでは、平均9.737を出した跳馬で2大会連続の金メダルを獲得し、ゆかで4位となった。

2007年にドイツのシュトゥットガルトで開催された世界選手権では、ゆかで銀メダルを獲得した。中国の北京で開催された2008年北京オリンピックでは、15.775を出したゆかで銀メダルを獲得した。足首には金メダルを獲得した2大会のロゴのタトゥーが彫ってある。2011年1月に現役引退を表明し、同年にはスペイン教育・文化・スポーツ省から王立スポーツ勲章英語版を授与された。体操競技指導者としてはライデルレイ・サパタなどを指導している。

人物[編集]

日本韓国の文化が好きだと語っている。2001年には日本のTBSのテレビ番組である第7回スポーツマンNo.1決定戦に出場し、跳び箱では22段を飛んで1位タイとなった。2005年には第11回スポーツマンNo.1決定戦に出場し、跳び箱では20段を飛んで5位タイとなった。同じくTBSのテレビ番組であるSASUKEに第10回(2002秋)のみ出場したが、1stステージのそり立つ壁を2度失敗してしまった影響でロープクライムでのタイムアップとなった。

脚注[編集]

  1. ^ gymmedia.de: “World Cup 1999/2000”. 2016年12月28日閲覧。