ゲンナジー・ゴロフキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ゲンナジー・ゴロフキン
Gennady Golovkin 2017 .png
2017年
基本情報
本名 ゲンナジー・ゲンナジーヴィッチ・ゴロフキン
通称 GGG(トリプルG)
God of war(戦いの神)
階級 ミドル級
身長 179cm
リーチ 178cm
国籍  カザフスタン
誕生日 (1982-04-08) 1982年4月8日(38歳)
出身地 カラガンダ州カラガンダ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 42
勝ち 40
KO勝ち 35
敗け 1[1]
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
 カザフスタン
男子 ボクシング
オリンピック
2004 アテネ ミドル級
世界ボクシング選手権
2003 バンコク ミドル級

ゲンナジー・ゴロフキンGennady Golovkinカザフ語: Геннадий Геннадьевич Головкин、男性、1982年4月8日 - )は、カザフスタンプロボクサーカラガンダ州カラガンダ出身。ロシア系の父と高麗人の母との間に生まれたロシア系カザフスタン人[2][3][注釈 1][4]。元WBAスーパーWBC世界ミドル級王者[注釈 2]。現IBF世界ミドル級王者。エキサイトマッチではゲンナディ・ゴロフキンと表記されている。プロアマ通じてノックダウン、ストップ負けの経験がない[6]シュトゥットガルトロサンゼルス在住[3]、妻との間に息子と娘がいる[7]

トレーナーはアベル・サンチェス[3]から2019年5月よりジョナサン・バンクス[8]。自身が主催するGGGプロモーションに所属し、エディー・ハーンが主催するマッチルーム・スポルト・USAと提携契約を交わしている。入場曲はThe White Stripesの『Seven Nation Army』。

人物[編集]

1982年4月8日、カザフ・ソビエト社会主義共和国(現在のカザフスタン)で4人兄弟の1人として生まれる。ロシア人の父親は炭鉱夫、高麗人の母親は実験室のアシスタントをしていた[3]。14歳の時に兄にジムへ連れられていきボクシングをはじめる[9]

リング内では圧倒的な強さを誇るが、リングの外では、ブレーンが制止しようとするのを逆に止めて、ファンや関係者にサインをしたり、ゴロフキンと対戦し敗れた淵上誠は試合翌朝にホテルのラウンジで偶然出会った際に、コーヒーを御馳走してもらい、これを機にファンになったと話すなど、人格者との評判を得ている[10]

フロイド・メイウェザー・ジュニアの試合スタイルについて、「私はフロイドのようなボクシングもできるが、それはファンにとって退屈だ。私は興奮をもたらしたい。劇的なショウをしたいんだ」や「メイウェザーのスタイルはコンピューター・ゲームのようだが、私のスタイルは喧嘩のようだ。マイク・タイソンのスタイルみたいにね」と批判的な発言をしている[11][12]

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2002年4月、キングス・カップにライトミドル級(71kg)で出場し、決勝でスリヤー・ソー・プルンチットに敗退した[13]

2002年10月、韓国の釜山で開催されたアジア競技大会にライトミドル級(71kg)で出場し、決勝でスリヤー・ソー・プルンチットに勝利し優勝した[14]

2003年7月、バンコクで開催された世界ボクシング選手権大会ミドル級(75kg)に出場。1回戦でマット・コロボフ、2回戦でアンディ・リー、準々決勝でルシアン・ブーテから勝利を挙げ金メダルを獲得した[15]

2004年8月、アテネオリンピックミドル級(75kg)に出場。準決勝でアンドレ・ディレルに勝つが、決勝でガイダルベク・ガイダルベコフに敗れ、銀メダルを獲得した[16][17]

2005年11月、綿陽で開催された世界ボクシング選手権大会のミドル級(75kg)に出場。エジプトのモハメド・ハイカルに敗れ3回戦で敗退した[18]

アマチュアの戦績は350戦345勝5敗と報道されているが、国際大会だけで少なくとも8敗していることが確認されている[19]

プロ時代[編集]

ドイツのプロモーターのウニヴェルズム・ボックス・プロモチオンと契約しプロへ転向。

2006年5月6日、ドイツでプロデビューし、初回KO勝ちを収めた。

2009年7月11日、ジョン・カルバリョとWBOインターコンチネンタルミドル級王座決定戦を行い、2回KO勝ちを収め王座を獲得した。

ドイツのテレビ局ZDFからテレビ契約を打ち切られたことでウニヴェルズム・ボックス・プロモチオンの経営が傾き始める。

2010年1月、ゴロフキンがウニヴェルズム・ボックス・プロモチオンと契約を解除した。ゴロフキンは契約解除に至った理由について、同プロモーションがフェリックス・シュトルムセバスチャン・ズビクを優先してゴロフキンは二の次だった事を上げ、両者との対戦を望んだが不可解な理由で拒否をされ、このまま所属していても先は無いと思ったと述べた[9]

世界の各地で試合をするようになりK2プロモーションと契約した[20]

WBA王座獲得と防衛[編集]

2010年8月14日、パナマシティアレナ・ロベルト・デュランでWBA世界ミドル級13位のミルトン・ヌネスと、WBA世界ミドル級暫定王座決定戦を行い、右フック一撃でダウンを奪いレフェリーストップ。初回開始58秒でKO勝ちを収め、プロデビュー以来19連勝で暫定王座を獲得した[16]。同年10月14日、正規王者フェリックス・シュトルムのスーパー王座認定に伴い空位となっていた正規王座に認定された。

2011年12月9日、デュッセルドルフでWBA王座の防衛戦とIBO世界ミドル級王座決定戦として、WBA世界ミドル級14位のラジュアン・サイモン(アメリカ)と対戦し、右フックの打ち下ろしで倒しカウントアウトで試合終了。初回2分17秒KO勝ちを収めWBA王座の3度目の防衛、IBO王座の獲得に成功した[21]

2012年5月12日、ウクライナキエフ州ブロヴァルィーのアイス・パレス“ターミナル”でWBA世界ミドル級8位の淵上誠(八王子中屋)と対戦し2回にダウンを奪うと、3回にもダウンを奪い最後は連打をまとめるとレフェリーが試合をストップして、3回1分17秒TKO勝ちを収め、WBA王座の4度目、IBO王座の初防衛に成功した[22]

2012年9月1日、アメリカ合衆国ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート&カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターでセルゲイ・ジンジラク対ジョナサン・ゴンザレスの前座でアメリカデビュー戦。WBO世界ミドル級王者のディミトリー・ピログと対戦する予定だったが、ピログの負傷によりWBA世界ミドル級3位のグジェゴシ・プロクサと対戦することになった。試合は打ち合いになったがゴロフキンが正確さで圧倒して初回に左フックでダウンを奪い、4回に右ストレートでダウンを奪い5回には左フックでプロクサをストップ。5回1分11秒TKO勝ちを収めWBA王座の5度目、IBO王座の2度目の防衛に成功した[23]。この試合はHBO(アメリカの放送)デビュー戦でもあった。

2013年1月19日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターミゲル・アンヘル・ガルシアオルランド・サリドの前座で、WBA世界ミドル級15位のガブリエル・ロサドと対戦。ダウンシーンは無かったが激闘スタイルでタフなロサドをフック多用で切り裂き、血だるまにしてドクターストップレベルになったところでセコンドのタオル投入で試合が終了、7回2分46秒TKO勝ちを収めWBA王座の6度目、IBO王座の3度目の防衛に成功した[24]

2013年3月30日、モナコモンテカルロのサル・デゼトワールで、元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者でWBA世界ミドル級15位の石田順裕グリーンツダ)と対戦。ノックアウトの経験がない石田から3回に右フック一撃で失神KOを奪い試合終了。3回2分13秒KO勝ちを収めWBA王座の7度目、IBO王座の4度目の防衛に成功した[25]

2013年6月29日、コネチカット州レッドヤードフォックスウッズ・リゾート・カジノ内にあるMGMグランド・アット・フォックスウッズで、WBA世界ミドル級11位のマシュー・マックリンと対戦し、左ボディフック悶絶KOで試合終了。3回1分22秒KO勝ちを収めWBA王座の8度目、IBO王座の5度目の防衛に成功した[26]

2013年11月2日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン・シアターでWBA世界ミドル級13位のカーティス・スティーブンスと対戦。2回に左フックでダウンを奪い、8回終了時にスティーブンスのトレーナーがダメージの深さを考慮しレフェリーに棄権を申し出てレフェリーが試合をストップ、8回TKO勝ちを収めWBA王座の9度目、IBO王座の6度目の防衛に成功した[27][28]。この試合でゴロフキンは40万ドル、対戦相手のスティーブンスは29万ドルのファイトマネーを獲得した[29]

2013年12月29日、ゴロフキンがスーパー王座認定を申請したがWBAに拒否され[30][31]、ゴロフキンは正規王座に据え置かれることになった[30]。これにより、WBA世界ミドル級3位のジャロッド・フレッチャーと正規王座決定戦を行う予定だった暫定王者マーティン・マレーは暫定王座に留まることとなり、同月21日に暫定王座決定戦を制して暫定王座を獲得していたディミトリー・チュディノフは扱いが暫定王者ではなく指名挑戦者に変更されるなど混乱が生じた[30][32][33][34]

2014年2月1日、モンテカルロのサル・デゼトワールにてWBA世界ミドル級14位のオスマヌ・アダマと対戦。初回終了間際に右フックでダウンを奪うとペースを握り、5回にアダマの右ストレートを貰いふらつくが落ち着いて対応。6回には左フックでダウンを追加して7回開始早々にも左ストレートでダウンを奪い、最後は左フックをアダマの顎に当てぐらついたところでレフェリーは即座にストップをかけた。7回1分20秒KO勝ちを収めWBA王座の10度目、IBO王座の7度目の防衛に成功した[35]

2014年4月26日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン・シアターでアンディ・リーの挑戦を受ける予定となっていたが2月18日に父親が心臓発作で死去したことで試合が中止となった[36]

2014年5月、元WBC世界ミドル級王者フリオ・セサール・チャベス・ジュニアと2014年7月19日に対戦する交渉が進められていたが決裂してキャンセルとなった[37]

スーパー王座に認定[編集]

2014年5月13日、WBAからWBA世界ミドル級2位のジャロッド・フレッチャーとの間で指名試合を行うよう通達を受けた[38]。6月3日、ゴロフキンはフレッチャーとの指名試合では無く、選択試合を行えるようにWBAに申請を提出していたが、WBAがゴロフキンからの申請を承認し、スーパー王座に認定した[39][40]。これによりゴロフキンは暫くの間は指名試合を回避できることとなった[41]

2014年7月26日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで元WBA・IBF世界ミドル級スーパー王者[要出典]でWBA世界ミドル級3位のダニエル・ゲールと対戦し、2回に右フックでゲールからダウンを奪い、最後はゲールの右ストレートを浴びて腰砕けになるも、直後にお返しの右ストレートでダウンを奪いレフェリーストップに追い込み3回2分47秒TKO勝ちを収めWBA王座の11度目、IBO王座の8度目の防衛に成功した[42]。この試合の1ラウンドはタイムキーパーのミスで試合時間が4分近く行われたが、半年後の2015年1月にこのタイムキーパーは停職処分を受けた[43]

WBC暫定王者との統一戦[編集]

2014年10月18日、カリフォルニア州カーソンホーム・デポ・センター・テニスコートに9,323人の観客を動員して[44]、WBC世界ミドル級暫定王者のマルコ・アントニオ・ルビオと対戦する予定だったが、前日計量でルビオがミドル級の規定体重である160ポンドを1.8ポンドオーバーの161.8ポンドを計測し(試合当日の体重はルビオが181ポンド、ゴロフキンが173ポンド[45])、2時間の猶予を与えられたが体力の減退を理由に再計量を拒否した為、ルビオは体重超過でWBC世界ミドル級暫定王座を剥奪され、10万ドル(約1080万円)の罰金のペナルティーが科されることとなり、ゴロフキンが勝った場合のみWBAスーパー王座とIBO王座は防衛、WBC暫定王座獲得という条件で試合は行われ[46]、左ジャブで試合を組み立て初回終了間際の右ストレートで初回から優位に立ったゴロフキンは、2回も左フックから右アッパーへのコンビネーションで優勢に試合を運び、守勢に回ったルビオから左フックをルビオの脳天に突き刺すダウンを奪い、そのままレフェリーが10カウントを数え、2回1分19秒KO勝ちを収めWBA王座の12度目、IBO王座の9度目の防衛、WBC暫定王座の獲得に成功した[47][48][49]。この試合でゴロフキンは90万ドルのファイトマネーを受け取り[50]、試合を放送したHBOの視聴者数は130万人だった[44]

2015年2月21日、モンテカルロのサル・デゼトワールで元WBA世界ミドル級暫定王者でWBC世界ミドル級シルバー王者でWBC世界ミドル級1位の指名挑戦者マーティン・マレーと対戦し、4回に右ボディフックで2度、10回にクリンチに行くところに右フックをテンプルで1度の計3度のダウンを奪い最後は連打から右のロングフックで腰砕けになったところでレフェリーが粘るマレーをストップ。11回50秒TKO勝ちを収めWBA王座の13度目、IBO王座の10度目、WBC暫定王座の初防衛に成功した[51]

2015年5月16日、カリフォルニア州イングルウッドザ・フォーラムでWBA世界ミドル級2位でNABFNABO北米ミドル級王者の指名挑戦者ウィリー・モンロー・ジュニアと対戦し、フライデーナイトファイトが行ったミドル級トーナメント「Boxcino 2014」優勝のモンローを相手に、2回に右フックとコンビネーションで2度ダウンを奪いいきなりストップ寸前まで追いつめると6回に右フックでダウンを奪う、モンローは立ち上がるが試合を棄権するとレフェリーに告げ試合終了[52]。6回45秒TKO勝ちを収めWBA王座は14度目、IBO王座は11度目、WBC暫定王座は2度目の防衛に成功した[53][54]。ゴロフキンは150万ドル(約1億8千万円)のファイトマネーを受け取った[55]。なお、この試合はモンローが王座認定料支払いを拒み、WBCの試合30日前計量と7日前計量を受けなかった為、モンローにWBC王座はかけられなかった。また、IBO王座がかけられることも拒否したため、モンローが勝利した場合WBA王座のみ獲得できる変則的な形で行われた[56]

IBF王者との統一戦[編集]

2015年10月17日、マディソン・スクエア・ガーデンでIBF世界ミドル級王者デイビッド・レミューと王座統一戦を行った。左ジャブを有効に使い的確にパンチをまとめ、5回に左ボディでダウンを奪う。さらに強打でレミューを追い詰めコーナーへ棒立ちになったところでレフェリーがストップ。8回1分32秒TKO勝ちを収めWBA王座は15度目、WBC暫定王座は3度目、IBO王座は12度目の防衛、IBF王座獲得に成功した[57][58]。ゴロフキンは200万ドル(約2億4千万円)のファイトマネーを受け取った[59]。ゴロフキンのキャリアで初めてPPVHBO)での放送となり、15万件を販売した[60]

2015年12月、WBCはWBC世界ミドル級正規王者サウル・アルバレスと王座統一戦を行うよう通達し、WBCと両陣営が交渉した結果、WBCは2016年秋頃の統一戦までに互いが1試合選択試合を行うことを承認した[61]

2016年1月、K2プロモーションのトム・ローファーは、ゴロフキンの次戦としてWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダースと王座統一戦を行うためにソーンダース陣営に統一戦のオファーを出したとコメントした[62]。これに対してソーンダース陣営(フランク・ウォーレン率いるクィーンズベリー・プロモーションズ)は、アメリカではなくイギリスでの試合開催とファイトマネーの条件アップを要求したため[63]、交渉が決裂した。またIBFの指名挑戦者トレアノ・ジョンソンが肩を負傷したため、ゴロフキンの次戦の候補から外れた[64]。これによってアル・ヘイモン傘下でIBF世界ミドル級3位のドミニク・ウェイドが指名挑戦者となる見通しとなった[65]

2016年1月12日、WBCは2015年度の年間表彰を行い、ゴロフキンをChampion of the Yearに選出した[66]

2016年2月16日、ゴロフキンはメディアの質問に対し、秋にも対戦が見込まれるWBC世界ミドル級正規王者のサウル・アルバレスについて言及し「彼はミドル級のチャンピオンであって、ジュニア・ミドル級のチャンピオンではない。ミドル級は160ポンドだ」とキャッチウェイトで試合を行うアルバレスを牽制し、2016年5月7日にアルバレスがアミール・カーンと対戦することについても「カーンはスピードがあるが、アルバレスとやるには小さすぎる」と批判し、アルバレスと統一戦を行う場合はキャッチウェイトで試合を行うつもりがないことを強調した[67]

2016年4月23日、ザ・フォーラムでWBA世界ミドル級6位でWBC世界ミドル級8位でIBF世界ミドル級3位のドミニク・ウェイドと対戦し、初回終了間際に右フックを脳天に突き刺すダウンを奪いレフェリーストップ寸前まで追い詰め、2回に左フックから右フックをガードの上に叩きつけてダウンを追加。最後は右フックをガードに叩きつけてダウンを追加しカウンテッドアウトで試合終了。2回2分37秒KO勝ちを収めWBA王座は16度目、WBC暫定王座は4度目、IBO王座は13度目、IBF王座は初防衛に成功した[68][69][70]。ゴロフキンは200万ドル(2億1600万円)、ウェイドは50万ドル(5400万円)のファイトマネーを受け取り[71]、試合を中継したHBOの視聴者数は132万5千人を記録した[72]

試合後にゴロフキンは「5月7日、誰が勝とうが関係ない。カネロよ、私と対戦したくなければ私にベルトを預けよ」とWBC世界ミドル級正規王者のサウル・アルバレスを挑発した。また試合を観戦したWBAのヒルベルト・メンドーサ・ジュニア会長は、WBCがアルバレスvsゴロフキン戦を指令していることに関して「マウリシオ・スライマン会長の書いた政策シナリオに振り回されている。WBAとしてはゴロフキンに正規王者ダニエル・ジェイコブスと対戦してもらいたい。我々のポリシーはチャンピオンは1人。WBCと問題を引き起こしたくないから慎重に対処したい。ジェイコブスでもカネロでもいい試合になればどちらでもいい。でもWBAは筋道を立て、3、4ヵ月以内にゴロフキンvsジェイコブス戦を締結するよう指令するつもりだ」と語り、WBA世界ミドル級正規王者のダニエル・ジェイコブスと王座統一戦を行うよう指令を出す意向を明かした[73]

2016年5月7日、T-モバイル・アリーナで行われたサウル・アルバレスvsアミール・カーン戦を観戦。勝ちを収めたアルバレスにリングに呼ばれ、アルバレスは「自分がリングに上がれと言ったんだ。私は絶対にGGGを倒して見せる。今からグローブをつけてもいい」と息巻き[74]、キャッチウェイトについても「私はゴロフキンと戦う。彼と戦えるだけでなく、彼を打ちのめすことができるのだから幸せだ。ウェイトは何ら問題ない。私は彼と160ポンドで戦う」と言い切り、ゴロフキンとの統一戦を強く希望した[75]。WBCは試合後に、ゴロフキン・アルバレス両陣営に15日間の交渉期間を設定(5月22日まで)し、交渉がまとまらなければ24日に入札を行うと通達した。これについてゴールデンボーイ・プロモーションズオスカー・デ・ラ・ホーヤは「トム・ローファーと話し合いを続けている。何らかの結論を見出すことになる。カネロは9月に試合をする」と発言。「ではゴロフキン戦は実現するのか」と念を押されると、「カネロはレジェンドになることを望んでいる。リスクを冒すことを望んでいる」と語るにとどめた[76]

WBC正規王座に認定[編集]

2016年5月18日、アルバレスがWBC世界ミドル級王座を返上したため、WBCは暫定王座だったゴロフキンを正規王座に認定した。アルバレスは「WBCにはタイトルの返上を申し出た。ゴロフキンを倒すつもりだが、設けられた期限にリングへ上がることを強制されたくはない。この音を立てている時計を脇にどけたことで、両陣営が試合の交渉を行い、ゴロフキンと私ができる限り早くリングに上がれることを期待している」と声明を発表。プロモーターのデ・ラ・ホーヤは「WBCから指示された期限内での交渉を強制されたくない。これでWBCのベルトは交渉の場から外れた。ゴロフキンと彼のプロモーターであるK2プロモーションが誠意を持って交渉の場に就き、この契約が結ばれることを願っている」と話し[77]、K2プロモーションズのトム・ローファーは「対戦は100%実現すると信じている」と話した。また対戦希望について、デ・ラ・ホーヤが2017年5月まで先延ばしをしたがっている情報があるのに対し、ローファーは年内の9月が第1希望としながら「時間はたっぷりある。両者の対戦が次になるにしても、来年になるにしても、私は楽観的だ」と話した[78][79][80][81]

2016年7月5日、プロモーターのエディー・ハーンが元WBA世界ミドル級暫定王者のクリス・ユーバンク・ジュニアがゴロフキンと対戦すると発表するも[82]、ユーバンク陣営との対戦交渉が決裂。7月8日、ゴロフキン陣営からの対戦要請にIBF世界ウェルター級王者のケル・ブルックが即断し、ゴロフキンとブルックの対戦が決定したが[83][84]、同年9月7日、WBAが1度もミドル級で試合をしたことがないブルックの安全と健康を守ることを理由にゴロフキン対ブルック戦をタイトルマッチとして承認しないと発表。ゴロフキン対ブルック戦はWBAスーパー王座が懸けられずWBC並びにIBF王座が懸けられることが正式に決定した[85][86][87]

2016年9月10日、ロンドンO2アリーナで2階級下のIBF世界ウェルター級王者のケル・ブルックと対戦し、初回にダウン寸前まで追い詰めるがブルックが耐えて反撃、しかしゴロフキンはブルックの反撃をこらえて最後はロープ際でコンビネーションをまとめ、ブルック陣営のタオル投入による5回1分52秒TKO勝ちを収め、WBC王座は5度目、IBO王座は14度目、IBF王座は2度目の防衛に成功し、WBAが世界王座戦として承認しなかったことでWBAスーパー王座は懸けられずに行われたが、34年ぶりにウイルフレド・ゴメスの持つ17連続KO防衛記録に並んだ[88][89][90]。試合後、ゴロフキンは「彼は素晴らしいファイターだけど、申し訳ないがミドル級じゃなかった。彼の階級のままだった。彼には敬意を払うけれど、強くはなかった。何度もパンチはあったけれど、感じもしなかった」とコメントを残し[91][92]、ブルックは眼窩底骨折の重傷を負って手術を受けた[93]

2016年9月13日、WBAはWBA・WBC・IBF世界ミドル級スーパー王者のゲンナジー・ゴロフキンとWBA世界ミドル級正規王者のダニエル・ジェイコブスに対し、30日以内に王座統一戦に関する対戦交渉を開始し、120日以内に対戦するよう指令を出した[94][95]

2016年10月19日、WBAの規定でスーパー王者のゴロフキンの報酬が75%、正規王者のダニエル・ジェイコブスは残りの25%と報酬の配分が決まっているが、それよりも多い40%の配分をジェイコブス陣営が要求するなど対戦交渉は難航し、合意をすることが難しい為、トム・ローファーより同年12月10日の試合延期が発表された[96][97][98]。10月21日、対戦交渉が期限内に合意に至らなかった為トム・ローファーが15日間の交渉期限延長をWBAに申請し、WBAも延長を承認し[99]、同年12月17日、2017年3月18日にマディソン・スクエア・ガーデンでWBA世界ミドル級正規王者のダニエル・ジェイコブスと王座統一戦を行うことで合意した[100][101][102]

2017年3月18日、マディソン・スクエア・ガーデンでWBA世界ミドル級正規王者のダニエル・ジェイコブスと王座統一戦を行いWBAは王座統一による17度目、WBCは6度目、IBOは15度目、IBFは3度目の防衛を目指す予定だったが、ジェイコブスがIBFが義務付けている当日計量を拒否した為、ゴロフキンが勝てばIBF王座の防衛となるがジェイコブスが勝ってもIBF王者になれない変則条件で試合は行われ[103]、12回3-0(115-112×2、114-113)の判定勝ちを収めWBAは王座統一による17度目、WBCは6度目、IBOは15度目、IBFは3度目の防衛に成功した[104][105][106][107][108]。試合後にゴロフキン陣営は、6月にWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダースとの4団体統一戦、9月に2階級制覇王者サウル・アルバレスとの対戦を計画していることを明らかにした[109][110]。なお、KO勝利ではなく判定での勝利となった為、KO防衛記録が途絶え、17連続KO防衛世界記録の更新はならなかった[111]

2017年4月18日、WBOのフランシスコ・バルカルセル会長は、ゴロフキンとソーンダース両陣営から統一戦のリクエストがWBOに届いていないことを明らかにし、ゴロフキンのトレーナーのアベル・サンチェスも、ゴロフキンはジェイコブス戦の疲労の影響で6月に開催を目指していたソーンダースとの4団体統一戦を見送り、サウル・アルバレスとの試合実現に集中することを明らかにした[112]

2017年5月6日、T-モバイル・アリーナで行われたサウル・アルバレスvsフリオ・セサール・チャベス・ジュニア戦を観戦。試合後に勝利を収めたアルバレスに「ゴロフキン、どこにいるんだい?」と呼びかけられ、リングに入場。主催者側の仕掛けで、リング上で同年9月にゴロフキンvsアルバレスの対戦が合意したことが発表された[113]

2017年9月16日、T-モバイル・アリーナで元世界2階級制覇王者でWBA世界ミドル級3位でWBC世界ミドル級3位のサウル・アルバレスと対戦。WBC王座が懸けられることをアルバレスが再び拒否したためアルバレスが勝てばWBC王座が空位となり、ゴロフキンが勝てばWBAスーパー王座、WBC王座、IBF王座並びにIBO王座の防衛となる条件で試合は行われ[114]、12回1-1(115-113、110-118、114-114)の引分となり、WBA王座の18度目、WBC王座の7度目、IBO王座の16度目並びにIBF王座の4度目の防衛に成功した[115][116][117][118][119]。引分で王座防衛に成功する形にはなったが、現地のボクシングメディアや関係者のほとんどがゴロフキンの勝利と採点し[120]、HBOがSNSで実施した投票でもゴロフキン勝利が75%の圧倒的支持を集める(アルバレス勝利は15%、引分が10%)疑惑の判定となった[121]。この試合でゴロフキンは300万ドル(約3億3千万円)、アルバレスは500万ドル(約5億6千万円)のファイトマネーを稼ぎ[122]、PPVの歩合収益等の興行収入を加えてゴロフキンは2000万ドル(約22億円)[123]、アルバレスは4200万ドル(約47億円)を稼いだ[124]

2018年1月29日、ゴールデンボーイ・プロモーションズは同年5月5日にゲンナジー・ゴロフキンとサウル・アルバレスの再戦が決定したことを発表したが[125][126]。同年2月22日、試合会場がT-モバイル・アリーナになることが発表された[127][128]。同年3月5日、アルバレスとゴロフキンが合意して自主的に要請したVADAによる抜き打ちの薬物検査で、メキシコのグアダラハラでサウル・アルバレスから2月17日と20日に採取した尿サンプルに禁止薬物のクレンブテロールに対する陽性反応が出たことをゴールデンボーイ・プロモーションズが公表した。アルバレスはクレンブテロールに汚染された肉を食べたのが陽性反応の原因だと主張した[129][130][131][132]。同年3月21日、ゴロフキンは汚染された肉を食べたとするアルバレスの主張を真っ向から否定して、「原因はメキシコの肉ではない。カネロ本人、チーム、そしてプロモーションが原因だ」「カネロは不正を働いている。薬物を使用しているが、みんな見て見ぬふりをしている」「最初の試合の前から、彼がクリーンではないことを知っていた」「筋肉が肥大していたのはとても明らかだった、注射の跡もあった」とアルバレスを激しく非難、そしてネバダ州アスレチック・コミッションを「テロリスト」と呼び、「カネロはあらゆるものから援助を得られる事と、コメンテーター、コミッション、ドーピング・コミッション、そしてボクシング統括団体の会長から罰せられないで済む事を証明したんだ」とアルバレスに何も処分が下されないことに怒りをあらわにした[133][134][135]。同年3月23日、ネバダ州アスレチック・コミッションはアルバレスに聴聞会が開かれる4月18日まで一時的な資格停止処分を科した[136][137][138][139]。同年4月3日、ゴールデンボーイ・プロモーションズはアルバレスと会見を開き、汚染された肉を食べたのが陽性反応の原因とするこれまでの主張を繰り返しつつも、5月5日のゴロフキン戦から撤退することを発表。これによりゴロフキンとの再戦は中止されることになった[140][141]。同年4月18日、ネバダ州アスレチック・コミッションでアルバレスは欠席したが聴聞会が開かれ、アルバレスに6カ月間(8月17日まで)の資格停止処分が科せられた[142][143][144]

2018年4月18日、ゴロフキンのプロモーターのトム・ローファーが5月5日にゴロフキンがバネス・マーティロスヤンと対戦することを発表したが[注釈 3][注釈 4][145]、同年4月20日、IBFの指名挑戦者セルゲイ・デレフヤンチェンコの陣営が指名試合を行うようゴロフキンに要求するが、ゴロフキンはビッグビジネスにならないデレビャンチェンコとの指名試合には興味を示さず、アルバレスの資格停止処分が終わる9月15日の再戦交渉を優先させるために、ゴロフキン陣営は2万ドルをIBFに支払い特例を要求できる権利を行使して、IBFに特例でIBF王座を剥奪されずに5月5日にバネス・マーティロスヤンと対戦できるよう要求した[146]

2018年4月25日、デレフヤンチェンコの弁護士がゴロフキンの特例に反対する意見書をIBFに提出した[146]

2018年4月27日、IBFは特例でマーティロスヤン戦を承認する代わりに、ゴロフキンvsマーティロスヤンは5月5日までに行わなければならない、その試合前までにゴロフキンはマーティロスヤン戦から90日以内にセルゲイ・デレフヤンチェンコとIBFの指名試合で対戦すると文書で同意しなければならない等のゴロフキンに対する条件を決定した[146]

2018年4月30日、ゴロフキン陣営が90日以内にデレフヤンチェンコと対戦するという条件に異議申し立てをしたため、IBFは5月22日に両陣営を招集して聴聞会を開くことを決定した[147]

2018年5月5日、カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センター・テニスコートにてWBC世界スーパーウェルター級1位でWBA世界ミドル級12位のバネス・マーティロスヤンと対戦。IBFはゴロフキンが次の試合で指名挑戦者のセルゲイ・デレフヤンチェンコと対戦することを条件にマーティロスヤン戦を特例で承認したが、マーティロスヤンはミドル級で実績がない1階級下のスーパーウェルター級の選手であり、2年前にスーパーウェルター級の試合で負けてから1度も試合を行っていなかったことを理由に、この試合にIBF王座が懸けられることは拒否した[146]。その為、IBF王座は懸けられずに、WBAとWBC王座が懸けられて試合が行われ、2回1分53秒KO勝ちを収めWBA王座は19度目、WBC王座は8度目に成功した[148][149]。この試合でゴロフキンは100万ドル(1億1千万円)、マーティロスヤンは22万5千ドル(2500万円)のファイトマネーを稼ぎ[150]、HBOが放送した試合の平均視聴者数は124万人を記録した[151]

IBF王座剥奪[編集]

2018年6月6日、IBFはデレフヤンチェンコとの指名戦が合意されなかったとしてゴロフキンの王座を剥奪した[147][152][153]

2018年6月13日、アルバレスとゴロフキンが9月15日に再戦することで合意したことをデ・ラ・ホーヤがツイッターで発表した。ファイトマネーの配分で交渉が紛糾し、この日に設定されていた最終交渉時間までに交渉が締結せず、一旦は決裂するも、時間を延長して行われた粘り強い交渉により最終的に合意に達した[154]

2018年9月15日、T-モバイル・アリーナでサウル・アルバレスと再戦し、プロ初黒星となる12回0-2(113-115×2、114-114)の判定負けでWBA王座はバーナード・ホプキンスに並ぶ20度目、WBC王座は9度目の防衛に失敗し王座から陥落した[1][155][156]。しかし、現地のボクシングメディアや関係者の多くがゴロフキンの勝利(ゴロフキン勝利が40人、引き分けが17人、アルバレス勝利が2人)と採点し[157]、HBOがSNSで実施した投票でもゴロフキン勝利が62%の圧倒的支持を集め(アルバレス勝利は28%、引き分けが10%)[158]、前回に続き公式ジャッジの採点と逆の結果になった。このため、ゴロフキンは同年10月3日にキエフで開かれたWBC年次総会で判定に不服を示し、WBCにアルバレスとの即時の再戦を指令するよう要望する文書を提出するも、WBCはこれを却下して、アルバレスに選択試合を認め、ゴロフキンにはアルバレスへの挑戦権を懸けて同級暫定王者のジャーモール・チャーロと対戦するよう指令を出した[159][160]

2019年3月8日、HBOがボクシング中継を打ち切ったことによりフリーエージェントとなっていたゴロフキンは試合を放送する新しい媒体としてESPNプレミア・ボクシング・チャンピオンズなどと交渉していたが、最終的にDAZNと3年6試合契約を締結した[161][162]

2019年5月4日、2010年4月から約9年間22試合に渡ってパートナーを組んでいたアベル・サンチェスとコンビを解消し、新しいトレーナーにウラジミール・クリチコを指導した元ヘビー級世界ランカーのジョナサン・バンクスと新しいコンビを組むと発表した[163]。アベル・サンチェスは屈辱的なトレーナー報酬の引き下げを要求された金銭問題がコンビ解消の理由だとして、ゴロフキンを「強欲で恩知らずで残念だ。倫理、払うべき尊敬、誠実さがなければ関係は終わることになる」など批判した[164]

2019年6月8日、マディソン・スクエア・ガーデンでIBF世界ミドル級9位のスティーブ・ロールスと対戦し、4回2分9秒KO勝ちを収め、再起した[165]

2019年8月22日、エディー・ハーンのマッチルーム・スポルト・USAと提携契約を交わした[166]

2019年10月5日、マディソン・スクウェア・ガーデンでアルバレスの王座剥奪に伴うIBF世界ミドル級王座決定戦をIBF世界ミドル級1位セルゲイ・デレフヤンチェンコと行い、12回3-0(115-113×2、114-113)の判定勝ちを収め1年1ヶ月振りの返り咲きとなった[167]。ゴロフキンは勝利したものの非常に僅差の試合であり、トレーナーのジョナサン・バンクスも3-0とジャッジ全員がゴロフキン勝利を支持したことに正直驚いたと語っている[168]

2020年2月18日、当初2月29日に予定され、その後3月28日からさらに4月に延期されていたカミル・シェレメタとの指名試合が、ゴロフキンが右ふくらはぎを負傷したために5月以降まで再度延期され、ゴロフキン陣営がIBFに指名試合の延期を申請したとESPNが報じた。また、ゴロフキンは1月に本格的なキャンプに入る前のプレトレーニングとしてビクター・コンテが主催する10日間のフィジカルコンディショニングプログラムに参加していたが[169]、コンテの要求するレベルのトレーンングをすることが出来ずプログラムをやめるよう言われていたことが併せて報じられた[170][171]

2020年5月6日、ビッグマッチを組みたいDAZNの意向と、2試合で決着はついたとこれまで対戦を渋っていたサウル・アルバレスが考えを変えたため、9月12日に第3戦目を行う案が浮上するが、ゴロフキンは、アルバレス陣営から前年9月とこの年の5月の2度に渡って対戦を拒否されたので、アルバレスの意向に合わせるのではなく、元々の計画だったカミル・シェレメタとのIBF指名戦を優先させ、9月にはアルバレスと対戦するつもりはないとする旨のコメントを発表した[172]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:350戦 345勝 5敗
  • プロボクシング:42戦 40勝 (35KO) 1敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年5月6日 勝利 1R 1:28 KO ガボル・バログ  ハンガリー プロデビュー戦
2 2006年7月29日 勝利 3R 1:10 TKO シャルヘイ・ナヴァルカ  ベラルーシ
3 2006年8月22日 勝利 4R TKO ダニエル・ウルバンスキー ポーランドの旗 ポーランド
4 2006年9月19日 勝利 3R TKO マルティン・ククリス  ラトビア
5 2006年10月21日 勝利 2R 2:28 KO ホルヘ・アリエル・ガルシア アルゼンチンの旗 アルゼンチン
6 2006年12月2日 勝利 4R 1:00 KO シルバイン・ゴミス フランスの旗 フランス
7 2007年2月27日 勝利 6R終了 TKO シモン・モコエナ  南アフリカ共和国
8 2007年5月25日 勝利 5R 1:59 TKO セルゲイ・コミットスキー  ベラルーシ
9 2007年9月7日 勝利 8R 判定3-0 メディ・ブアドア フランスの旗 フランス
10 2008年2月29日 勝利 1R 2:04 KO ツェポ・マシェゴ  南アフリカ共和国
11 2008年4月5日 勝利 8R 判定3-0 イアン・ガードナー カナダの旗 カナダ
12 2008年5月10日 勝利 8R 0:26 TKO イブラハム・シド フランスの旗 フランス
13 2008年6月21日 勝利 8R 判定3-0 アマール・アマリ アルジェリアの旗 アルジェリア
14 2008年11月22日 勝利 2R終了 TKO マリク・ジアラ  ベラルーシ
15 2009年1月17日 勝利 1R 2:52 TKO ハビエル・アルベルト・ママニ アルゼンチンの旗 アルゼンチン
16 2009年4月25日 勝利 5R 0:59 KO アンソニー・グリーンジ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
17 2009年7月11日 勝利 2R 2:20 KO ジョン・カルバリョ ブラジルの旗 ブラジル WBOインターコンチネンタルミドル級王座決定戦
18 2009年11月21日 勝利 2R 1:24 KO ミハイル・マカロフ ロシアの旗 ロシア
19 2010年8月14日 勝利 1R 0:58 KO ミルトン・ヌネス  コロンビア WBA世界ミドル級暫定王座決定戦→正規王座認定
20 2010年12月16日 勝利 3R 2:44 KO ニルソン・タピア  コロンビア WBA防衛1
21 2011年6月17日 勝利 10R 1:57 TKO カシム・オウマ ウガンダの旗 ウガンダ WBA防衛2
22 2011年12月9日 勝利 1R 2:17 KO ラジュアン・サイモン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛3・IBO王座獲得
23 2012年5月12日 勝利 3R 1:17 TKO 淵上誠(八王子中屋) 日本の旗 日本 WBA防衛4
24 2012年9月1日 勝利 5R 1:11 TKO グジェゴシ・プロクサ ポーランドの旗 ポーランド WBA防衛5
25 2013年1月19日 勝利 7R 2:46 TKO ガブリエル・ロサド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛6
26 2013年3月30日 勝利 3R 2:44 KO 石田順裕グリーンツダ 日本の旗 日本 WBA防衛7
27 2013年6月29日 勝利 3R 1:22 KO マシュー・マックリン イギリスの旗 イギリス WBA防衛8
28 2013年11月2日 勝利 8R終了 TKO カーティス・スティーブンス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛9
29 2014年2月1日 勝利 7R 1:20 KO オスマヌ・アダマ  ガーナ WBA防衛10→スーパー王座認定
30 2014年7月26日 勝利 3R 2:47 TKO ダニエル・ゲール オーストラリアの旗 オーストラリア WBA防衛11
31 2014年10月18日 勝利 2R 1:19 KO マルコ・アントニオ・ルビオ メキシコの旗 メキシコ WBA・WBC世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛12・WBC暫定王座獲得
32 2015年2月21日 勝利 11R 0:50 TKO マーティン・マレー イギリスの旗 イギリス WBA防衛13・WBC防衛1
33 2015年5月16日 勝利 6R 0:45 TKO ウィリー・モンロー・ジュニア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛14・WBC防衛2
34 2015年10月17日 勝利 8R 1:32 TKO デイビッド・レミュー カナダの旗 カナダ WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛15・WBC防衛3・IBF獲得
35 2016年4月23日 勝利 2R 2:37 KO ドミニク・ウェイド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛16・WBC防衛4→正規王座認定・IBF防衛1
36 2016年9月10日 勝利 5R 1:52 TKO ケル・ブルック イギリスの旗 イギリス WBC防衛5・IBF防衛2
37 2017年3月18日 勝利 12R 判定3-0 ダニエル・ジェイコブス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛17・WBC防衛6・IBF防衛3
38 2017年9月16日 引分 12R 判定1-1 サウル・アルバレス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛18・WBC防衛7・IBF防衛4
39 2018年5月5日 勝利 2R 1:53 KO バネス・マーティロスヤン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛19・WBC防衛8
40 2018年9月15日 敗北 12R 判定0-2 サウル・アルバレス メキシコの旗 メキシコ WBAスーパー・WBC世界ミドル級タイトルマッチ
WBAスーパー・WBC王座陥落
41 2019年6月8日 勝利 4R 2:09 KO スティーブ・ロールス カナダの旗 カナダ
42 2019年10月5日 勝利 12R 判定3-0 セルゲイ・デレフヤンチェンコ  ウクライナ IBF・IBO世界ミドル級王座決定戦
IBF・IBO獲得
テンプレート

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • WBC 2015年度 Champion of the Year

ペイ・パー・ビュー売上げ[編集]

日付 イベント 売上げ テレビ局
2015年10月17日 ゲンナジー・ゴロフキン vs. デイビッド・レミュー 15万件[173] HBO
2017年3月18日 ゲンナジー・ゴロフキン vs. ダニエル・ジェイコブス 17万件[174] HBO
2017年9月16日 サウル・アルバレス vs. ゲンナジー・ゴロフキン 1 130万件[175] HBO
2018年9月15日 サウル・アルバレス vs. ゲンナジー・ゴロフキン 2 110万件[176] HBO

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 高麗とは朝鮮半島に10世紀から14世紀まで存在した国家。詳しくは高麗参照。
  2. ^ ゴロフキン対カネロ第2戦のタイトルマッチ名称から。(※『ボクシング・マガジン』、ベースボール・マガジン社、2018年9月号、 10頁。“WBAスーパー・WBC世界ミドル級タイトルマッチ”)[5]
  3. ^ なお対戦候補の一人にハイメ・ムンギアの名前が挙がっていた。NSAC Won't Approve Munguia as Golovkin's Opponent for May 5”. BoxingScene.com (2018年5月5日). 2019年10月21日閲覧。
  4. ^ しかし同年4月7日、結局ネバダ州アスレチック・コミッションがムンギアがミドル級で試合をやっていないことを理由に認可をせず、ゴロフキンとの対戦が立ち消えとなった。Nacho: NSAC Made Right Call To Prevent Golovkin vs. Munguia”. BoxingScene.com (2018年4月7日). 2019年10月21日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ a b “アルバレス、絶対王者ゴロフキン下す!村田の動向は”. 日刊スポーツ. (2018年9月16日). https://www.nikkansports.com/battle/news/201809160000473.html 2018年9月16日閲覧。 
  2. ^ Геннадий Головкин: Мой отец - русский, мама - кореянка, я - казах! - Новости бокса, лучшее видео бокс...
  3. ^ a b c d Meet Gennady Golovkin”. TheSweetScience.com (2013年3月22日). 2013年11月2日閲覧。
  4. ^ <鳳仙花>◆高麗人のボクシング世界チャンプ◆ 東洋経済日報 2016年7月29日
  5. ^ ボクシング・マガジン』、ベースボール・マガジン社、2018年9月号、 10頁。“WBAスーパー・WBC世界ミドル級タイトルマッチ”
  6. ^ Gennady Golovkin has never been dropped or stopped YouTube 2012年8月23日
  7. ^ カネロ戦目前 GGGに女児誕生、コラレスが来月V3戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月13日
  8. ^ Golovkin Hires Johnathon Banks as New Trainer”. BoxingScene.com (2019年5月4日). 2019年6月10日閲覧。
  9. ^ a b Golovkin Talks Nunez, Pavlik, Sturm, Universum, More”. BOXNEWS.com.ua. (2010年8月10日). 2015年2月26日閲覧。
  10. ^ カザフの豪腕ゴロフキン ロシアの破壊者コバレフ「メイウェザーの後継者たち」第1回 Sportsnavi 2016年8月20日
  11. ^ Golovkin: Mayweather's Style is Like a Computer Game”. Boxing Scene.com (2015年10月17日). 2016年9月11日閲覧。
  12. ^ Golovkin: I Can Box Like Mayweather, But That's Boring”. Boxing Scene.com (2015年5月15日). 2016年9月11日閲覧。
  13. ^ 25.King's Cup - Bangkok, Thailand - April 4-10 2002”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  14. ^ 14.Asian Games - Pusan, South Korea - October 1-14th 2002”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  15. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  16. ^ a b モレノ、セルメーニョを2-1撃退 ゴロフキン初回戴冠 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年8月15日
  17. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  18. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  19. ^ Gennadiy Golovkin (KZK)”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年2月15日閲覧。
  20. ^ Golovkin heads to US with middleweight title hopes”. WashingtonTimes.com (2012年8月31日). 2013年11月1日閲覧。
  21. ^ 137秒殺!王者ゴロフキン1回KOで防衛成功 スポニチアネックス 2011年12月11日
  22. ^ 淵上はTKO負け=海外挑戦36試合失敗−WBAミドル級 時事通信 2012年5月13日
  23. ^ ゴロフキン圧勝 3度倒す ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月2日
  24. ^ ゴロフキン、ロサドを血だるまTKO ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月20日
  25. ^ 石田、モナコに散る ゴロフキンに3回KO敗 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年3月31日
  26. ^ ゴロフキンが3回KOでV8 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月30日
  27. ^ ゴロフキンTKOで9度目の防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月3日
  28. ^ Gennady Golovkin silences Curtis Stevens with eighth-round TKO”. Ring.com (2013年11月3日). 2013年11月3日閲覧。
  29. ^ Officials set for Golovkin-Stevens”. ESPN.com (2013年10月31日). 2014年5月30日閲覧。
  30. ^ a b c Golovkin keeps status WBA公式サイト 2013年12月29日
  31. ^ WBA will NOT recognize Chudinov as interim champion, Murray-Fletcher for interim (not regular) belt, Golovkin denied “super” status”. FightNews (2013年12月28日). 2014年2月10日閲覧。
  32. ^ Golovkin to get WBA “super” title, Murray-Fletcher meet for WBA “regular” title, both to fight on same card in Monte Carlo Fightnews.com 2013年12月18日
  33. ^ ゴロフキンがスーパー王者に、暫定王者チュディノフ Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月23日
  34. ^ ゴロフキンは正規王者のまま、迷走のWBAミドル級 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月29日
  35. ^ ゴロフキンが7回TKO勝ち、10連続KO防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月2日
  36. ^ Gennady Golovkin passes on Andy Lee bout so he can mourn”. Yahoo.Sports.com (2014年3月1日). 2014年3月11日閲覧。
  37. ^ WBA Orders Gennady Golovkin-Jarrod Fletcher Title Fight”. Boxing Scene.com (2014年5月14日). 2014年5月14日閲覧。
  38. ^ WBA orders Golovkin vs Fletcher negotiation WBA公式サイト 2014年5月13日
  39. ^ Gennady Golovkin is appointed to super champion WBA公式サイト 2014年6月3日
  40. ^ WBA最新ランキング、月間MVPはフロッチ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月9日
  41. ^ WBA: Golovkin-Geale is Approved For July Showdown”. Boxing Scene.com (2014年6月3日). 2014年6月4日閲覧。
  42. ^ 強い! ゴロフキン、ゲールに3回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月27日
  43. ^ Timing error leads to 2 suspensions”. ESPN.com (2015年1月6日). 2015年1月6日閲覧。
  44. ^ a b GGG big on TV as well as at arena”. ESPN.com (2014年10月21日). 2014年10月27日閲覧。
  45. ^ Gennady Golovkin: "Marco Antonio is slow, this was not a Mexican Style fight"”. boxingchannel.tv (2014年10月19日). 2014年10月27日閲覧。
  46. ^ 米カーソンのW世界戦、ミドル級はルビオが体重超過 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月18日
  47. ^ ゴロフキン強し 12連続KO防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月19日
  48. ^ Gennady Golovkin demolished “Veneno” Rubio in California WBA公式サイト 2014年10月19日
  49. ^ G Force antidote to Poison WBC公式サイト 2014年10月19日
  50. ^ Rubio fails to make weight”. ESPN.com (2014年10月17日). 2014年10月27日閲覧。
  51. ^ ゴロフキン13連続KO防衛、マーレイを11回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月22日
  52. ^ Gennady Golovkin defeats Willie Monroe Jr and scores 20th-straight knockout”. Guardian News (2015年5月17日). 2015年5月18日閲覧。
  53. ^ Gennady Golovkin beats Willie Monroe to retain WBA title WBA公式サイト 2015年5月17日
  54. ^ ゴロフキン14連続KO防衛、モンローを3度倒す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月17日
  55. ^ Golovkin-Monroe purses: GGG $1.5M, Monroe $100K”. BoxingNews24.com (2015年5月16日). 2015年5月25日閲覧。
  56. ^ Willie Monroe Jr. rejects WBC rules, keeps eye on Golovkin’s WBA title”. THE RING (2015年4月24日). 2015年5月18日閲覧。
  57. ^ Golovkin Destroys Lemieux WBA公式サイト 2015年10月18日
  58. ^ ゴロフキン15連続KO防衛、レミューを8回ストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月18日
  59. ^ Purses: Golovkin $2M, Lemieux $1.5M, Gonzalez $250K, Viloria $100K”. BoxingNews24.com (2015年10月16日). 2015年10月27日閲覧。
  60. ^ 'Just over' 150,000 pay-per-view buys for Golovkin-Lemieux bout”. ESPN.com (2015年10月22日). 2015年10月24日閲覧。
  61. ^ カネロvsゴロフキンは仕切り直し、今秋の対戦目指す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月15日
  62. ^ ゴロフキンがサンダースに統一戦オファー Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月4日
  63. ^ サンダースが条件アップ要求、ゴロフキン戦はある? Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月7日
  64. ^ ゴロフキンの有力挑戦者候補、ジョンソンが肩を負傷 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月21日
  65. ^ ゴロフキンの対戦相手、無名のウェイドが浮上 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月27日
  66. ^ HERE ARE THE WINNERS OF THE BEST OF 2015 WBC公式サイト 2016年1月12日
  67. ^ ゴロフキン「ミドル級は160ポンド」カネロを牽制 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月18日
  68. ^ Golovkin Wastes Wade WBA公式サイト 2016年4月23日
  69. ^ Golovkin destroys Wade in two Fightnews.com 2016年4月23日
  70. ^ ゴロフキンがウェイドを一蹴、16連続KO防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月23日
  71. ^ HBO Boxing purses: Gennady Golovkin $2 million, Dominic Wade $500,000”. Bloody Elbow (2016年4月23日). 2016年4月28日閲覧。
  72. ^ GGG scores HBO's most-watched fight in nearly a year”. ESPN.com (2016年4月26日). 2016年4月28日閲覧。
  73. ^ WBAはジェイコブス戦を要望へ、ゴロフキンの次戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月25日
  74. ^ カネロが6回ワンパンチKO、序盤はカーンが善戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月8日
  75. ^ カネロ「160ポンドで戦う」ゴロフキン戦強く希望 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月9日
  76. ^ カネロvsカーンPPV約60万件、デラホーヤ氏明かす Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月13日
  77. ^ アルバレスがWBC王座を返上、ゴロフキン戦の交渉は無期限に”. AFPBB News (2016年5月19日). 2016年6月27日閲覧。
  78. ^ Canelo to vacate WBC title: I will fight ‘GGG,’ and I will beat ‘GGG’ but I will not be forced into the ring by artificial deadlines Fightnews.com 2016年5月18日
  79. ^ カネロがWBC王座返上、ゴロフキンとの交渉は継続 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月19日
  80. ^ WBC MIDDLEWEIGHT STATUS WBC公式サイト 2016年5月18日
  81. ^ WBA Champion Gennady Golovkin Handed WBC Title WBA公式サイト 2016年5月19日
  82. ^ Golovkin-Eubank Jr, Brook-Vargas Updates Fightnews.com 2016年7月5日
  83. ^ Gennady Golovkin vs. Kell Brook is on, that’s right GGG vs. Kell Brook! Fightnews.com 2016年7月8日
  84. ^ ゴロフキンはブルックと対戦! 9.10ロンドン Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月9日
  85. ^ Golovkin-Brook Not a WBA Title Fight WBA公式サイト 2016年9月7日
  86. ^ WBA Clarifies Position on Golovkin-Brook WBA公式サイト 2016年9月8日
  87. ^ パッキャオLA入り、カネロがNYデビューを計画? Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月8日
  88. ^ Golovkin wins by TKO5 when Brook’s corner throws in towel Fightnews.com 2016年9月10日
  89. ^ Physics 101: Golovkin TKOs Brook WBA公式サイト 2016年9月10日
  90. ^ ゴロフキンが5回TKO勝ち、ブルック陣営タオル投入 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月11日
  91. ^ ゴロフキンがミドル級王座防衛、23連続KO勝ち AFPBB News 2016年9月11日
  92. ^ Kell Brook Broken Eye Socket Confirmed, Surgery is Scheduled Boxing Scene.com 2016年9月11日
  93. ^ Kell Brook recovering from surgery to repair broken orbital bone ESPN.com 2016年9月28日
  94. ^ WBA: Golovkin-Jacobs must happen within 120 days Fightnews.com 2016年9月13日
  95. ^ WBA Orders Golovkin-Jacobs Championship Bout WBA公式サイト 2016年9月13日
  96. ^ Golovkin-Jacobs ruled out for December Fightnews.com 2016年10月19日
  97. ^ ゴロフキンvsジェイコブスは来年に持越し Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月20日
  98. ^ Gennady Golovkin, Daniel Jacobs camps face deadline to reach deal ESPN.com 2016年12月2日
  99. ^ Loeffler granted extension for GGG-Jacobs talks Ring TV 2016年10月21日
  100. ^ Golovkin-Jacobs is on, GGG speaks Fightnews.com 2016年12月17日
  101. ^ ゴロフキンvsジェイコブス合意、3.18ニューヨーク Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月18日
  102. ^ Garden Party: Golovkin vs. Jacobs on March 18 WBA公式サイト 2016年12月22日
  103. ^ Jacobs misses IBF same day weigh-in, can’t win IBF belt tonight Fightnews.com 2017年3月18日
  104. ^ Golovkin decisions Jacobs to keep WBC, WBA and IBF middleweight belts Fightnews.com 2017年3月19日
  105. ^ Golovkin retained the WBA Middleweight belt WBA公式サイト 2017年3月19日
  106. ^ B MINUS FOR GGG WBC公式サイト 2017年3月19日
  107. ^ ゴロフキンは辛勝、連続KO防衛記録はストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月19日
  108. ^ Golovkin Defends IBF Middleweight Title for Third Time With UD Win Over Jacobs IBF公式サイト 2017年3月22日
  109. ^ ゴロフキン陣営ルーファー氏「カネロ戦が最優先」 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月20日
  110. ^ 怪物王者ゴロフキンに見えた衰えの兆候 ミドル級“スターウォーズ”本格開戦か スポーツナビ 2017年3月22日
  111. ^ 統一ミドル級王者・ゴロフキン、判定防衛で連続KO防衛記録は「17」でストップ スポーツ報知 2017年3月9日
  112. ^ ゴロフキンはカネロ戦に集中か、WBO会長コメント Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月19日
  113. ^ ゴロフキンvsカネロ9月合意 チャベス戦後に発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月7日
  114. ^ If GGG Loses to Canelo, WBC Middleweight Title Will Be Vacant Boxing Scene.com 2017年9月13日
  115. ^ Golovkin and Canelo battle to a draw Fightnews.com 2017年9月17日
  116. ^ ゴロフキン×カネロはドロー! ミドル級戦決着つかず Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月17日
  117. ^ Great fight between Golovkin and Canelo WBA公式サイト 2017年9月17日
  118. ^ TOP DRAWER GGG AND CANELO TIE IN LAS VEGAS WBC公式サイト 2017年9月17日
  119. ^ Golovkin Retains IBF 160 Title With Split-Draw Against Alvarez IBF公式サイト 2017年9月28日
  120. ^ ゴロフキン対カネロは痛み分けドロー内容は“年間最高試合”も判定に疑問符 スポーツナビ 2017年9月17日
  121. ^ How did you have #CaneloGGG? HBOboxing 2017年9月16日
  122. ^ Canelo Alvarez, Gennady Golovkin ready to clash after making weight ESPN.com 2017年9月16日
  123. ^ #72 Gennady Golovkin”. フォーブス (2018年6月5日). 2018年10月9日閲覧。
  124. ^ #15 Canelo Alvarez Athlete, Boxing”. フォーブス (2018年6月5日). 2018年10月9日閲覧。
  125. ^ THE REMATCH IS ON! CANELO TO BATTLE 'GGG" ON CINCO DE MAYO Golden Boy Promotions 2018年1月29日
  126. ^ 5.5ゴロフキンvsカネロ再戦決定 会場は後日発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月30日
  127. ^ T-MOBILE ARENA IN LAS VEGAS TO HOST CANELO ALVAREZ AND GENNADY GOLOVKIN REMATCH Golden Boy Promotions 2018年2月22日
  128. ^ ゴロフキンvsカネロⅡ 会場はT-モバイル・アリーナ Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月23日
  129. ^ Canelo tests positive for Clenbuterol Fightnews.com 2018年3月5日
  130. ^ The WBA will wait for new studies before pronouncing on Canelo case WBA公式サイト 2018年3月5日
  131. ^ カネロがドーピング検査陽性 5.5ゴロフキン戦は!? Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月6日
  132. ^ Canelo Alvarez's camp blames suspect meat for positive clenbuterol test”. ESPN.com (2018年3月6日). 2018年3月28日閲覧。
  133. ^ 「アルバレスは薬物を使っている」―ミドル級王者ゴロフキンが非難”. AFPBB News (2018年3月21日). 2018年3月28日閲覧。
  134. ^ Gennady Golovkin still will fight Canelo Alvarez but calls him cheater, doper”. ESPN.com (2018年3月22日). 2018年3月29日閲覧。
  135. ^ Gennady Golovkin blasts Canelo Alvarez: 'He gets benefits from everyone'”. LA.TIMES (2018年3月20日). 2018年3月29日閲覧。
  136. ^ 薬物疑惑のアルバレスに暫定資格停止処分、ゴロフキン戦は不透明な状況に”. AFPBB News (2018年3月24日). 2018年3月29日閲覧。
  137. ^ Canelo Alvarez to have April 10 hearing as Gennady Golovkin rematch in jeopardy”. ESPN.com (2018年3月25日). 2018年3月29日閲覧。
  138. ^ Canelo Hit With NSAC Complaint, Hearing is Now on April 18”. Boxing Scene.com (2018年3月29日). 2018年3月29日閲覧。
  139. ^ 薬物疑惑のアルバレスに正式処分検討へ、ゴロフキン戦に黄信号”. AFPBB News (2018年3月30日). 2018年4月12日閲覧。
  140. ^ Canelo Alvarez withdraws from May 5 bout against Gennady Golovkin”. ESPN.com (2018年4月4日). 2018年4月12日閲覧。
  141. ^ 薬物疑惑のアルバレス、ゴロフキンとの再戦をキャンセル”. AFPBB News (2018年4月4日). 2018年4月12日閲覧。
  142. ^ Canelo Alvarez to serve six-month suspension for failed drug tests”. ESPN.com (2018年4月19日). 2018年8月7日閲覧。
  143. ^ アルバレスに6か月の資格停止処分、ドーピング検査失格で”. AFPBB News (2018年月日). 2018年8月7日閲覧。
  144. ^ Canelo Alvarez Suspended for Six Months for Failing PED Tests”. Boxing Scene.com (2018年4月18日). 2018年8月7日閲覧。
  145. ^ 村田諒太が将来の対戦を希望するゴロフキン 次戦が確定”. スポニチ (2018年4月19日). 2018年8月7日閲覧。
  146. ^ a b c d IBF grants Golovkin exception to fight Martirosyan”. ESPN.com (2017年4月28日). 2018年8月7日閲覧。
  147. ^ a b “IBF strips Gennady Golovkin of belt for failure to fight challenger”. ESPN Sports. ESPN Inc.. (2018年6月6日). http://www.espn.com/boxing/story/_/id/23717646/ibf-strips-gennady-golovkin-failing-fight-challenger 2018年6月7日閲覧。 
  148. ^ ゴロフキン盤石のV20 村田諒太「次戦でアピール」 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月6日
  149. ^ Golovkin destroys Martirosyan in two Fightnews.com 2018年5月6日
  150. ^ Purses Golovkin-Martirosyan: GGG $1 million, Vanes $225,000”. Boxing News 24 (2018年5月5日). 2018年8月7日閲覧。
  151. ^ Golovkin-Martirosyan Cable's Most-Watched Boxing Match in 2018”. Boxing Scene.com (2018年5月8日). 2018年8月7日閲覧。
  152. ^ IBF has problem with GGG-Martirosyan fight Fightnews.com 2018年4月19日
  153. ^ ゴロフキン、IBFが王座を剥奪 今後はカネロと再交渉?村田戦実現も”. スポニチ (2018年6月7日). 2018年8月7日閲覧。
  154. ^ ゴロフキンVSカネロ 9・15再戦で合意 プロモーターのデラホーヤ氏明かす”. スポニチ (2018年6月14日). 2018年8月7日閲覧。
  155. ^ カネロ2-0で激闘制す ゴロフキン初黒星で王座陥落 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年9月16日
  156. ^ アルバレス、絶対王者ゴロフキン下す!村田の動向は 日刊スポーツ 2018年9月16日
  157. ^ [SPOILERS Canelo vs GGG media scorecards]”. Reddit (2018年9月15日). 2018年10月9日閲覧。
  158. ^ Who did you having winning #CaneloGGG2?”. HBOBOXING公式ツイッターアカウント (2018年9月15日). 2018年10月9日閲覧。
  159. ^ Golovkin Not Happy With WBC's Decision on Canelo's Title”. Boxing Scene.com (2018年10月6日). 2018年10月9日閲覧。
  160. ^ WBCがカネロに選択防衛戦認める チャーロ兄とゴロフキンに挑戦者決定戦を指令”. デイリースポーツ (2018年10月4日). 2018年10月9日閲覧。
  161. ^ DAZN Announces Gennady Golovkin’s 3-Year, 6-Fight Agreement”. BoxingScene.com (2019年3月8日). 2019年6月10日閲覧。
  162. ^ GGG signs deal with DAZN, will fight in June”. ESPN.com (2019年3月8日). 2019年7月15日閲覧。
  163. ^ Golovkin Hires Johnathon Banks as New Trainer”. BoxingScene.com (2019年5月4日). 2019年6月10日閲覧。
  164. ^ Gennady Golovkin splits with longtime trainer Abel Sanchez in a dispute over money”. Yahoo.com (2019年4月25日). 2019年7月15日閲覧。
  165. ^ Golovkin Blasts Out Rolls With Vicious Knockout in Fourth”. BoxingScene.com (2019年6月8日). 2019年6月10日閲覧。
  166. ^ Golovkin, Hearn Make Their Partnership Official”. Boxing Scene.com (2019年8月22日). 2019年11月12日閲覧。
  167. ^ Gennadiy Golovkin outlasts Sergiy Derevyanchenko in instant classic, wins middleweight belt”. The Ring (2019年10月5日). 2019年10月17日閲覧。
  168. ^ Banks Surprised GGG Defeated Derevyanchenko Unanimously”. Boxing Scene.com (2019年10月7日). 2019年11月12日閲覧。
  169. ^ Gennadiy Golovkin joins Victor Conte’s SNAC program”. Bad Left Hook (2020年1月7日). 2020年2月18日閲覧。
  170. ^ Gennadiy Golovkin has calf injury, again delaying next fight”. ESPN (2020年2月18日). 2020年2月18日閲覧。
  171. ^ Gennadiy Golovkin suffers calf injury delaying Kamil Szeremeta fight”. Bad Left Hook (2020年2月18日). 2020年2月18日閲覧。
  172. ^ Golovkin is Firm on Canelo: He Avoided Trilogy, I'm Fighting Szeremeta!”. Boxing Scene.com (2020年5月6日). 2020年6月22日閲覧。
  173. ^ ゴロフキンvsレミュー、PPV件数は伸びず Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月22日
  174. ^ ゴロフキンvsジェイコブス PPVは約17万件か Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月24日
  175. ^ Report: Canelo-Golovkin Fight Produced 1.3 Million PPV Buys”. Boxing Scene.com (2017年9月27日). 2017年11月7日閲覧。
  176. ^ Canelo Alvarez-Gennady Golovkin rematch sold 1.1 million PPV buys”. ESPN.com (2018年9月25日). 2018年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ミルトン・ヌネス
WBA世界ミドル級暫定王者
2010年8月14日 - 2010年10月14日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
フェリックス・シュトルム
WBA世界ミドル級王者

2010年10月14日 - 2014年6月3日

空位
次タイトル獲得者
ダニエル・ジェイコブス
前スーパー王者
N/A
WBA世界ミドル級スーパー王者
2014年6月3日 - 2018年9月15日
次スーパー王者
サウル・アルバレス
前暫定王者
マルコ・アントニオ・ルビオ
WBC世界ミドル級暫定王者
2014年10月18日 - 2016年5月18日
次暫定王者
正規認定により消滅
前王者
デイビッド・レミュー
IBF世界ミドル級王者

2015年10月17日 - 2018年6月6日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
N/A
空位
前タイトル保持者
サウル・アルバレス
WBC世界ミドル級王者

2016年5月18日 - 2018年9月15日

次王者
サウル・アルバレス
空位
前タイトル保持者
サウル・アルバレス
IBF世界ミドル級王者

2019年10月5日 - 現在

次王者
N/A