ゲート オブ サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲート オブ サンダー
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 PCエンジンSUPER CD-ROM²
開発元 レッド・カンパニー
シーエイプロダクション
発売元 ハドソン
プログラマー NINNIKI.NIN
音楽 ニック・ウッド
美術 METAL
SHELL
IDOL
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 日本 199202211992年2月21日
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Fantasy Violence
ヨーロッパ Violence
その他 型式:HCD2025
テンプレートを表示

ゲート オブ サンダー』(Gate of Thunder)は、1992年2月21日ハドソンから発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM²用横スクロールシューティングゲーム

概要[編集]

テクノソフトに所属し『サンダーフォースII』(1988年)、『サンダーフォースIII』(1990年)を開発していたメンバーが制作したためか、ゲーム内容に類似している箇所がある。PCエンジンの苦手とする多重スクロールもプログラム技術的に上手くこなしている。

2007年12月4日よりWiiバーチャルコンソールで、2010年3月17日にはゲームアーカイブスPSPPS3)で配信されている。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

自機「ハウンティングドッグ」を操作して敵を迎撃し、惑星スラシュ上空・敵前線基地内・鉱石採掘洞窟内・敵中継基地・兵器格納庫・機動要塞上空・要塞内部など全7ステージクリアを目指す。パワーアップは定期的に画面を横切る「ワイルドキャット」が放出するアイテムを回収することで可能で、最初の「レーザー」「ウェーブ」「ナパーム」のいずれかの武器アイテムを取ることで上下にオプションが付き、次からは対応する武器がストック・レベルアップされていく。使用するボタンは3種類。

ショットボタン
押しっぱなしでフルオート連射。素早く2度押しでオプションが反転して攻撃方向が逆になる。
武器セレクト
「レーザー」「ウェーブ」「ナパーム」を切り替える。初期装備は「レーザー」レベル1のみ。
スピード切り替え
自機のスピードを3段階で切り替える。

パワーアップアイテム[編集]

レーザー(青)
初期装備の高速ショット弾、レベル2で敵を貫通するレーザーになる。
ウェーブ(緑)
地形を貫通するウェーブショット。レベル2でウェーブの幅が広がる。
ナパーム(赤)
敵に高ダメージを与えるナパーム弾。レベル2で爆風の範囲が広がる。
ミサイル
補助攻撃アイテム。敵を追尾する高速誘導ミサイルを発射。3段階までスピードアップする。
シールド
被弾を3発まで防ぐ。
1UP
特定の場所に隠れていて、弾を当てることで出現する。

「レーザー」「ウェーブ」「ナパーム」「ミサイル」のアイテムをレベル最大の時に取ると、画面上の敵を一掃する特殊攻撃「エネルギーブラスト」が発生する。

自機がクラッシュすると、オプションと使用中の武器を失う(レーザーを使用していた場合はレベル1で残る)。

ストーリー[編集]

死の商人ドンジンギが首領として率いる超犯罪組織「オベロン」による惑星アリエスの資源強奪襲撃を阻止すべく、銀河特装の秘密隊員「ホーク」「エスティー」が緊急出撃する。

登場人物[編集]

ホーク
主人公。自機「ハウンティングドッグ」のパイロット。
エスティー
キャリーユニット「ワイルドキャット」の操縦士。
ドンジンギ
犯罪組織「オベロン」の首領。
イーグル
ドンジンギの側近。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1Gate of Thunder
Bonk's Adventure
Bonk's Revenge

アメリカ合衆国 199210101992年10月10日
PCエンジンSUPER CD-ROM²ハドソンハドソンCD-ROMHCD2008T-
北米にてPCエンジンDuo発売時に同梱されたソフト。『PC原人』、『PC原人2』とのカップリング。
2ゲート オブ サンダー
バーチャルコンソール
アメリカ合衆国 200710152007年10月15日
ヨーロッパ 200710192007年10月19日
日本 200712042007年12月4日
Wiiレッド・カンパニー
(シーエイプロダクション)
ハドソンダウンロード--
3ゲート オブ サンダー
ゲームアーカイブス
日本 201003172010年3月17日
PlayStation 3
PlayStation Portable
(PlayStation Network)
レッド・カンパニー
(シーエイプロダクション)
ハドソンダウンロード--

スタッフ[編集]

  • メイン・プログラム:NINNIKI.NIN
  • サブ・プログラム:OWA.CHAN
  • グラフィック:METAL、SHELL、IDOL
  • サウンド・デザイン:ニック・ウッド
  • ミュージック・ディレクション:M.TAKEDA
  • ミュージック・プログラム:K.YAMAOKA
  • ミキシング・エンジニア:T.NAGAMI
  • ミュージック・プロデュース:N.WADA
  • スペシャル・サンクス:K.NAKAZAWA、山田真木、明貴美加、湯沢河童、小林正樹、松永智史、松浦浩司、門脇光弘、青山英治

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3.5/5stars (PCE)[1]
Electronic Gaming Monthly34/40点 (PCE)[1]
Eurogamer9/10点 (Wii)[2]
ファミ通27/40点 (PCE)[3]
GameFan87% (PCE)[1]
GameSpot7/10点 (Wii)[4]
IGN8.5/10点 (Wii)[5]
NintendoLife9/10stars (Wii)[2]
月刊PCエンジン83/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン32/40点 (PCE)
PC Engine FAN24.38/30点 (PCE)[6]
(総合31位)

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計27点(満40点)[3]、『月刊PCエンジン』では85・85・80・80・85の平均83点(満100点)、『マル勝PCエンジン』では9・8・8・7の合計32点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、24.38点(満30点)となっている[6]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で31位(485本中、1993年時点)となっている[6]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.00 4.38 4.15 4.31 3.77 3.77 24.38

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Gate of Thunder for TurboGrafx CD (1992) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ a b Gate of Thunder for Wii (2007) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年9月1日閲覧。
  3. ^ a b ゲート オブ サンダー まとめ [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年10月25日閲覧。
  4. ^ Provo, Frank (2007年10月18日). “Gate of Thunder Review”. GameSpot. 2014年3月27日閲覧。
  5. ^ Thomas, Lucas M. (2007年11月8日). “Gate of Thunder Review”. IGN. 2014年3月27日閲覧。
  6. ^ a b c 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 75頁。