ゲームフリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社ゲームフリーク
GAME FREAK Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0054
東京都千代田区神田錦町2丁目2番地1 神田スクエア7階
北緯35度41分35.0秒 東経139度45分48.2秒 / 北緯35.693056度 東経139.763389度 / 35.693056; 139.763389座標: 北緯35度41分35.0秒 東経139度45分48.2秒 / 北緯35.693056度 東経139.763389度 / 35.693056; 139.763389
設立 1989年4月26日
業種 情報・通信業
法人番号 6010901003730 ウィキデータを編集
事業内容 ゲームソフトの企画・開発・販売
代表者 代表取締役社長 田尻智
資本金 1000万円
従業員数 143名(2019年12月現在)
関係する人物 田尻智(創業者)
増田順一(常務取締役 開発部長、ゲームミュージック)
杉森建(取締役、アートディレクター)
一之瀬剛(ゲームミュージック)
石原恒和
大森滋
外部リンク www.gamefreak.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社ゲームフリーク: GAME FREAK Inc.)は、ゲームソフトの企画、開発、販売を事業内容としている日本の企業。任天堂クリーチャーズと並ぶ、『ポケットモンスター』シリーズの開発に関わる3社の一角。

概要[編集]

田尻智が主宰したゲーム系同人サークルゲームフリーク」を母体として、自主制作したファミリーコンピュータ用ゲームソフト『クインティ』の発売を機に株式会社として設立。その社名は更には田尻が執筆していたミニコミ誌「ゲームフリーク」にまで遡り、そのまま田尻のゲームクリエイターとしてのルーツ「ゲームおたく」を意味する。

かつては他社や漫画等のキャラクターゲームの受託開発も行っていたが、ゲームボーイ用ゲームソフト『ポケットモンスター』の成功以後は自社タイトルに専念している。1999年PlayStation向けにリリースされた『クリックメディック』を最後に、任天堂のプラットフォーム以外での自社開発タイトルのリリースは長らく行っていなかったが、2010年代に入ってからは任天堂以外のプラットフォーム向けにも自社開発タイトルのリリースを行っている。

ポケットモンスター』では、東京都にあたるゲーム内の都市「タマムシシティ」にゲームフリーク開発室が描かれている。タマムシシティが登場しない作品においても何らかの形で社員がモチーフと思われる人物をゲーム内に登場させている。その作品のディレクターからポケモン図鑑完成の「ごほうび」をもらえるのはシリーズ定番の展開である。ただし当の田尻は名前の「サトシ(智)」が『赤』『ピカチュウ』でプレイヤーの1デフォルトネームとなっており[1]、更に田尻自身が『金・銀』を最後に経営に専念していることもあり、名前としては一度もゲーム内に登場したことがない(『ハートゴールド・ソウルシルバー』で「この会社の社長」として登場したのが唯一)。

関連会社には、任天堂・クリーチャーズと共同で立ち上げた株式会社ポケモンがある。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アニメの主人公の名前の由来も田尻。