ゲームボーイプレーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ニンテンドーゲームキューブ > ゲームボーイプレーヤー
ゲームボーイプレーヤー
Game Boy Player logo.svg
GameCube-Game-Boy-Player.jpg
ニンテンドーゲームキューブとゲームボーイプレーヤー
メーカー 任天堂
種別 ゲーム機周辺機器
発売日 日本の旗 2003年3月21日
欧州連合の旗 2003年6月20日
アメリカ合衆国の旗 2003年6月24日
対応メディア ロムカセット
対応ストレージ バッテリーバックアップ
互換ハードウェア 「Q」専用ゲームボーイプレーヤー
ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイアドバンスSP
ゲームボーイミクロ
(傾きセンサーソフトを除く)
後方互換 ゲームボーイ
ゲームボーイカラー
(傾きセンサーソフトを除く)
前世代ハードウェア スーパーゲームボーイ
テンプレートを表示

ゲームボーイプレーヤーGAME BOY PLAYER)とは、2003年3月21日任天堂が発売したニンテンドーゲームキューブ用の周辺機器、ゲームボーイ互換機である。型番はDOL-017。

ゲームボーイプレーヤー使用時。左のコントローラとGBAは対等、右のGBASPは別プレイヤー

概要[編集]

ゲームキューブの底面に接続し、付属のスタートアップディスクをセットして起動することでゲームボーイアドバンス互換の環境を構築し、同ハードおよびそれまでのゲームボーイシリーズ全般のソフトを動作させることができる。スーパーファミコンに対するスーパーゲームボーイと仕組み上はほぼ同じもの。内部にはゲームボーイアドバンスの基板相当が搭載されており、エミュレーションではなく、システム全体がゲームボーイアドバンスとして動作する。

ただし、動き関係のセンサーを搭載した物や振動機能を持つゲームは非対応としている。振動カートリッジに関しては、その振動によりシステム全体が設置場所から落下することにより破損することを理由としている。ただしハードウェア的には同一の環境を構築できるため、ゲームキューブ本体を持って動かしたり回したりすれば非対応とされるソフトでも一応プレイ可能な物もある(GBC用ソフト『コロコロカービィ』、GBA用ソフト『コロコロパズル ハッピィパネッチュ!』、『まわるメイドインワリオ』、『ヨッシーの万有引力』を除く)。

またプレイやんアドバンスムービーについても非サポートとしている(一応正常に動作する)。

(テレビとゲーム機が2台必要になるため現実的ではないが)GBAケーブルで他のゲームキューブに接続するGBAの代用も可能。また、ゲームボーイポケット専用通信ケーブルを使えばスーパーゲームボーイ2との通信も可能。

カラーバリエーションはゲームキューブ本体と同じバイオレット・オレンジ・ブラック・シルバーの4色がリリースされた。なお、底面形状の違いからパナソニック製のゲームキューブ互換機"Q"にも専用の物が用意されていた。

任天堂
日本
  • DOL-017,DOL-A-GPVT(JPN),「バイオレット」色のゲームボーイプレーヤー。
  • DOL-017,DOL-A-GPO(JPN),「オレンジ」色のゲームボーイプレーヤー。
  • DOL-017,DOL-A-GPK(JPN),「ブラック」色のゲームボーイプレーヤー。
  • DOL-017,DOL-A-GPPL(JPN),「シルバー」色のゲームボーイプレーヤー。
松下電器産業
  • SH-GB10-H,DVD/ゲームプレイヤー「Q」専用ゲームボーイプレーヤー[1]

ゲームキューブ底面のハイスピードポートに接続、固定は底面のねじで行う。シリアルポートを使用するモデムアダプタやブロードバンドアダプタを付けたままでも使用可能だが、この2つの付け外しを行う際には一度取り外す必要がある。

ゲームの操作には通常のゲームキューブ用のコントローラが使えるほか、GBAケーブルを使用することでゲームボーイアドバンスおよびSPをコントローラとして使用することもできる。なお、通常のゲームプレイに関してはGBAで可能だが、メニュー画面を開く操作はゲームキューブ用コントローラでしか出来ない。ちなみにGBAをコントローラーとして使用している間は少しずつその電池を消費するので注意。また、ゲームキューブ本体に接続したゲームボーイアドバンスはゲームキューブ用と対等に扱われるので、通信プレイのためにはコントローラとして接続したものと別にゲームボーイプレーヤーの通信端子に通信相手となるハードを接続する必要がある。

一部GBAソフトではゲームボーイプレーヤーに接続したGC用コントローラを振動させる機能がある。

ゲームボーイプレイヤー単体の希望小売価格は5,000円である。

ゲームキューブ本体にゲームボーイプレーヤーを同梱した「エンジョイプラスパック」が、わずか3か月後の6月21日に発売されており価格も19800円とゲームキューブの価格(当時)と全く同じだったため、ゲームキューブユーザーの間での普及率はそれほど低いものではなかった。

スタートアップディスクをディスクドライブに挿入し電源を入れて、ゲームボーイプレーヤーを起動するとディスクの回転が停止する。この状態でスタートアップディスクを取り外しても、電源を切るかリセットするまではゲームボーイプレーヤーを続けて遊ぶことができる。また、カートリッジ交換の選択の手順をせずに直接ソフトをスロットから抜き差ししたり、接続されなかったりすると、警告音と共に警告メッセージが表示される。

メニュー画面[編集]

Zボタンで開くことができるメニュー画面から、以下の設定や機能を使用することができる。

フレーム

20種類の枠から1つを選ぶことができる。なお、スーパーゲームボーイ対応ソフトでもスーパーゲームボーイ用の枠は無視される。

サイズ

ノーマルとフルがあり、フルで横幅がテレビ画面いっぱいになるように拡大することができる。なお、拡大した際も上下に枠が残る。

がめん

ソフトとシャープがあり、輪郭をぼかしたりシャープにしたりすることができる。

コントローラ

X/Y/L/RボタンとCスティックの割り当てを変更することができる。ゲームボーイアドバンスおよびSPを使用する場合は本来のハードのキー割り当てがそのまま使用されるが、ゲームキューブ用コントローラで操作する場合はコントローラの形の違いがあり、それを吸収するためにハードの側で対応付けが行われる。なお、この割り当ては次の2つの中から選択できる。左スティックと十字キーはGBAの十字キーに割り当てられ、A/B/STARTボタンはGBAの同じボタンに割り当てられており、変更はできない。

  • 設定1の項目
    • L/Rボタン:GBAの同じボタンに割り当てられる。
    • X/Yボタン:GBAのSELECTボタンに割り当てられる。
    • この設定ではゲームボーイアドバンスに近い形となる。
  • 設定2の項目
    • Cスティック:GBAの十字キーに割り当てられる。
    • Lトリガーボタン/Rトリガーボタン:GBAのSELECTボタンに割り当てられる。
    • Xボタン:GBAのRボタンに割り当てられる。
    • Yボタン:GBAのLボタンに割り当てられる。
    • この設定ではCスティックとその周辺のボタンによる片手でのプレイが可能となる。
タイマー

1分 - 60分のタイマーが搭載されている。

カートリッジこうかん

システムの動作を停止させ、電源を入れたままカートリッジを交換することができる。なお、Z+STARTで直接この機能を使うこともできる。カートリッジを抜くときには正面右側のつまみを使用するが、旧ゲームボーイシリーズのカセットの場合はGBAカートリッジより大きいため、そのまま手で引き抜くこともできる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ DVD/ゲームプレイヤー「Q」専用ゲームボーイプレーヤー SH-GB10 商品概要”. ブルーレイディスク/DVD. パナソニック. 2021年1月16日閲覧。

関連項目[編集]