ゲーム実況者わくわくバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゲーム実況者わくわくバンド(ゲームじっきょうしゃわくわくバンド)は、日本のロックバンドである。愛称は「わくバン[1]ニコニコ動画YouTube動画投稿サイトゲーム実況者や歌い手として活動する5人によって2014年に結成された。「楽しいことを追求したい、ゲーム実況や音楽で新しいエンターテインメントの形を作りたい」ということをコンセプトに活動しており[2]、ライブ演奏の後にゲーム実況を挟み、またライブ演奏に戻るという演奏とゲーム実況を組み合わせたステージパフォーマンスを行っている[3]

ゲーム実況者わくわくバンド
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 2014年3月2日 - 2015年4月4日
2016年4月17日 -
レーベル サンバフリー/wkwk Project
(2015年 - 2017年)
Sony Records
(2018年 - )
公式サイト wkwkproject.com/wkwkband/
メンバー 湯毛(ボーカルギター
ヒラノ課長(ギター
フジベース
フルコン(ドラムス
せらみかる(キーボード)
YouTube
チャンネル
活動期間 2016年 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 約 4.9万人
総再生回数 約 699万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年9月1日時点。
テンプレートを表示

メンバー[編集]

湯毛(ゆげ)
ボーカル・ギター担当。本名:安井威(やすいたけし)[4]。シンガー、番組MCとしても活動している。フルコンとゲーム実況グループ『チーム湯豆腐』のメンバーとしても活動しており、実家が同じマンションで幼馴染。過去にはアニメソングのコピーバンドをフルコンと組んでいた。元々アニソンシンガー志望でニコニコ動画に「歌ってみた」動画を投稿していたが、後にゲーム実況を行うようになった。アニソンやGLAYに影響を受けている。イメージカラーは赤[2][3][5]
ヒラノ課長(ヒラノかちょう)
ギター担当。ゲーム実況グループ『課長とモリ君』の一員としても活動している。メンバーの中で最年長。90年代のヴィジュアル系や、80年代のニュー・ウェイヴなどが音楽的なルーツであると語っている。イメージカラーは水色[2][5]
フジ
ベース担当。ゲーム実況グループ『最終兵器俺達』のメンバーの1人でもある。個人としてもYouTubeなどで活動している。少年時代にPENICILLINの「ロマンス」に魅了されたことから、ヴィジュアル系全般が音楽的なルーツ。イメージカラーは紫[2][5]
フルコン
ドラムス担当。GLAYからヴィジュアル系に傾倒し、HR/HMやアニメソングなども好む。イメージカラーは黄色[2][5][6]
せらみかる
キーボード担当。イラストレーター、音楽クリエーター、ゲーム実況者としても活動しており、本バンドでもメインコンポーザーおよびグッズのデザイン絵も担当している。動画投稿シーンにおける有名曲「エアーマンが倒せない」の作詞作曲者でもある。音楽的なルーツはゲーム音楽で、ギターフリークスドラムマニアからバンドサウンドに興味を持つ。イメージカラーはピンク[2][5]

略歴[編集]

2014年のゲーム実況のイベントの際、たまたま楽器の各パートが1人ずついたことから1曲演奏することになり結成された[7]。2015年4月に一度解散したが、同年12月に再合流し、2016年4月のduo MUSIC EXCHANGE公演で再結成した[8]

2017年にファーストアルバム『わくわくフルデイズ』を発表、またZepp DiverCity Tokyoでワンマンライブを行った[1][9]。2018年1月には日本武道館で行われたゲーム実況イベント『ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.5 ~武道館スペシャル~』にてライブ演奏を行った[6][2]2018年3月7日にメジャーデビューシングル「デンシンタマシイ」をリリースした。「デンシンタマシイ」はテレビアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のエンディングテーマ曲として使用された[1][2][6]

2018年4月2日より、初めてのAMラジオレギュラー番組であるニッポン放送「週刊わくわくエクストリーム」がスタートした[10]

評価[編集]

フリーライターの鶴岡八幡は2016年5月21日に行われたコンサートのレポートの中で、バンドとしての完成度が非常に高く、特に湯毛のボーカルに関しては圧倒的な支配力を持っていると評している。MCも舞台慣れを感じさせ、安心して見ていられると述べている[8]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年2月18日 わくわくマイライフ/今日くらい WKWK-0001
  1. わくわくマイライフ
  2. 今日くらい
  3. TON to TON
  4. わくわくマイライフ(オリジナルカラオケ)
  5. 今日くらい(オリジナルカラオケ)
オリコン最高45位、登場回数2回[11]
2nd 2016年8月31日 時の妖花/完全幸福サレンダー WKWK-0006
  1. 時の妖花
  2. 完全幸福サレンダー
  3. 時の妖花(BEMANI ver.)
  4. 時の妖花(オリジナルカラオケ)
  5. 完全幸福サレンダー(オリジナルカラオケ)
  6. ゲーム実況者わくわく物語 ~解散...そして復活~
オリコン最高39位、登場回数2回[11]
3rd 2018年3月7日 デンシンタマシイ SRCL-9697:完全生産限定盤
SRCL-9701:期間生産限定盤
SRCL-9700:通常盤

通常盤・完全生産限定盤CD

  1. デンシンタマシイ
  2. 云云
  3. デンシンタマシイ -Instrumental-
  4. 云云 -Instrumental-

アニメ盤CD

  1. デンシンタマシイ
  2. ヘイボーイヘイガール
  3. デンシンタマシイ -TV size-
  4. デンシンタマシイ -Instrumental-
  5. ヘイボーイヘイガール -Instrumental-

完全生産限定盤Blu-ray

  1. デンシンタマシイ -Music Video-
  2. デンシンタマシイ -Music Video Making-
  3. 「ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.5~武道館スペシャル~」ライブ映像
  4. ニッポン放送特別番組「月刊わくわくエクストリーム」特別編
オリコン最高22位、登場回数3回[11]

配信限定シングル[編集]

  • 夜よ明けないで(2015年7月22日)

イベント限定シングル[編集]

  • 僕ガ壊レル前ニ(2015年12月26日「ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.2」にて) ※「ゲーム実況もっと!わくわく荘」名義

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年3月22日 わくわくフルデイズ WKWK-0007
  1. WKWK DEBAYASHI
  2. わくわくフルデイズ
  3. ダイナマイトロック
  4. 今日くらい
  5. 僕ガ壊レル前ニ(わくわくバンドver.)
  6. Yeah! Super Hyper Fever Five!
  7. 夜よ明けないで
  8. 時の妖花(ver.1.01)
  9. 君のミライ
  10. 週末
  11. 完全幸福サレンダー
  12. わくわくマイライフ
  13. Thank you my friends
オリコン最高21位、登場回数4回[11]

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2016年6月29日 GITADORA Tri-Boost Original Soundtrack Volume.02 GFCA-421 僕ガ壊レル前ニ 「ゲーム実況もっと!わくわく荘」名義
pop'n music éclale Original Soundtrack GFCA-423

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
岩口哲也 週末
わくわくフルデイズ
デンシンタマシイ
不明 わくわくマイライフ
夜よ明けないで
僕ガ壊レル前ニ

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
僕ガ壊レル前ニ ゲーム『BEMANIシリーズ』収録曲
デンシンタマシイ テレビアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』エンディングテーマ

出演[編集]

  • 2018年2月17日 - テレビ東京系「特捜警察ジャンポリス[11]
  • 2018年2月20日 - TBS系「ライブB♪」[11]
  • 2018年4月2日より - ニッポン放送「週刊わくわくエクストリーム」(月曜日18:20 - 18:40) パーソナリティ[12]

主なライブ[編集]

  • 2014年8月23日・8月24日・09月27日 - ゲーム実況者わくわくバンド2ndコンサート ~ずいぶん攻めましたね~
  • 2015年1月11日・2月22日・4月4日 - ゲーム実況者わくわくバンド3rdコンサート ~単純明快わくわく~
  • 2016年4月17日・5月21日 - ゲーム実況者わくわくバンド4thコンサート~新装開店わくわく~
  • 2016年9月4日・18日・23日 - ゲーム実況者わくわくバンド5thコンサート ~プロジェクトZ~
  • 2017年4月1日 - ゲーム実況者わくわくバンド 6thコンサート ~わくわくフルDayZ~
  • 2017年4月16日 - ちゃんげろソニック2017
  • 2017年6月17日・7月29日・8月19日・9月18日・10月1日・11月23日 - 7thコンサート~わくわくフルでぶっとばせ!~
  • 2018年3月18日 - ゲーム実況者わくわくバンド presents Attack!! ボーナスステージ vol.1
    w/魔法少女になり隊 / アルカラ
  • 2018年5月26日・6月9日 - 8thコンサート ~オレたちがわくわくバンドだ!~
  • 2018年8月4日・10月20日・11月17日・12月15日 - 9thコンサート〜わくわく道中2018〜

出典[編集]

  1. ^ a b c 榑林史章 (2018年2月26日). “ネット上で話題の5人組!ゲーム実況者わくわくバンドこと“わくバン”が、念願のアニメ主題歌を担当!”. T-SITE NEWS. TSUTAYA. 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 村上順一 (2018年3月7日). “ゲーム実況者わくわくバンドが目指す新しいエンタメの形とは”. MusicVoice. アイ・シー・アイ. 2018年4月3日閲覧。
  3. ^ a b 竹下郁子 (2018年3月19日). “「ゲーム実況者わくわくバンド」って何者? エンタメに新しい波”. AERA dot.. 朝日新聞出版. 2018年4月4日閲覧。
  4. ^ @yugepo (2015年11月2日). "ツイッターに本名つけたし、あとはルートファイブ加入の連絡を待つのみやな" (ツイート) – via Twitter.
  5. ^ a b c d e 石橋悠 (2018年3月3日). “ゲーム実況者わくわくバンドインタビュー|TVアニメ『BORUTO-ボルト』のエンディングテーマ担当”. アニメイトタイムズ. animateLAB. 2018年4月4日閲覧。
  6. ^ a b c 橋川良寛. “ゲーム実況者わくわくバンドに聞く、『BORUTO-ボルト-』主題歌担当までの軌跡”. Real Sound. blueprint. 2018年4月3日閲覧。
  7. ^ ゲーム実況者わくわくバンド 現在の人気に「こんな未来は予想できてなかった」 - TOKYO FM+”. TOKYO FM+. エフエム東京 (2018年2月22日). 2018年4月4日閲覧。
  8. ^ a b 鶴岡八幡 (2016年5月27日). “圧倒的なステージングとMCのコントラスト! ”ゲーム実況者わくわくバンド” 追加公演レポート”. SPICE. イープラス. 2018年4月4日閲覧。
  9. ^ ゲーム実況者わくわくバンド”. TOWER RECORDS ONLINE. TOWER RECORDS Japan. 2018年4月3日閲覧。
  10. ^ @wkwkproject (2018年3月24日). "ゲーム実況者わくわくバンド初のAMラジオレギュラー番組、ニッポン放送『週刊わくわくエクストリーム』は、4/2(月)18:20スタート!!!!!" (ツイート) – via Twitter.
  11. ^ a b c d e f ゲーム実況者わくわくバンド”. ORICON NEWS. oricon ME. 2018年4月4日閲覧。
  12. ^ 週刊わくわくエクストリーム”. ニッポン放送. 2018年4月5日閲覧。