ゲーム電卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゲーム電卓(ゲームでんたく)は、卓上電子計算機コンピュータゲームの機能を盛り込んだ多機能化商品。1980年代電子ゲーム流行の際に大手電卓メーカー等から発売された。

概要[編集]

通常、電卓は7セグメントディスプレイ[注 1]液晶などによる表示機能を持っているが、ゲーム電卓ではこの表示の画面を使ってゲームをさせるというものである。

はじめに同商品カテゴリを築いたのはカシオ計算機で、1980年に発売されたMG-880「デジタルインベーダー」(4,900円)という商品で、これは垂直軸を座標値でのみ表示するインベーダーゲームのようなものだった(後述)。

初期のものではボードゲームにある海戦ゲームのように、数字の表示を仮想的な座標に置き換えた物が主であったが、後に電子ゲームと同じ様にゲーム表示用の専用セグメント(表示枠)を備えた製品も登場し、通勤途中や昼食休みのサラリーマンなどが遊ぶ姿も見られ、このブームに乗じて同じ電卓メーカーのシャープも参入したが、当然電卓の基本機能も載せている事から、当時急速に低価格化の進んだ電卓の中にあっては、やや高価な部類であった。

これらの電卓は、音を出す電卓や、時計機能を備えた電卓など、多機能化の一環でさまざまな電卓の方向性が模索された時代でも在ったため、その一過性のブームに乗って販売されていたが、電子ゲームほどには明確なユーザー層が存在していなかった事もあり、あまり多くの種類が発売されないまま、1980年代後半[1]には一端、姿を消している。

しかしカシオ計算機は1990年代にもゲームボーイ等の携帯ゲーム機人気に目をつけ、再びこれに類する物を発売したが、やはり明確な市場を築けなかった。その後では変り種電卓として細々と命運を繋ぐ一方、占い機能等を搭載した電卓も見られ、これらは稀にコミュニケーションツールとして愛用する向きも見られた。

消費市場全体で、シンプルな往年のヒット商品が再評価される傾向を受けて、カシオ計算機は2018年3月、シューティングゲームを楽しめる復刻版として「ゲーム電卓SL-880」を発売した[2]

近年では、パソコンPDA上でゲーム機能を再現するソフトウェアも各方面から発表されている。

商品化された主なゲーム内容[編集]

カシオ計算機[編集]

デジタルインベーダー(MG-880)
数字で表された敵インベーダー(数字インベーダー)にあわせてプレーヤーが移動ボタンで砲台の数値を増加させ、発射ボタンでその数値の数字インベーダーを撃破する…といったもの。ゼロ以外の数字インベーダーを撃破した際に撃破した数字の合計が10の倍数になっていればПの形をしたUFOが出現した。これを撃破すると高い点が入るため、暗算力がものをいうゲームでもあった。数字インベーダーの桁が砲台のある左端に届いてしまうと攻撃されたことになり、砲台の表示が 三二一 と減っていく。1つの面内で、3つ全ての砲台が無くなるか、残弾(画面には表示されない)を使い切るとゲームオーバーになる。数字インベーダーを全滅させると砲台と弾数が回復し、次の面へ続く。
エイトアタック(MG-885)
初代に続き、7セグ表示を活用したもの。フィールド上には小数点「.」が敷き詰められており、横棒が1か所だけ抜けた不完全な8の字(∀OAのいずれか)が左右に動き回る。プレイヤーはボタン操作で該当位置(上中下)の横棒(ミサイル)を飛ばし、これを完全な8の形に補完するシューティングゲーム。「8の字」の形成に成功するとその位置の小数点が消え、新たに「不完全な8の字」が動き出す。画面上の全ての小数点を消すと面クリアとなる。むろん小数点のある位置で倒したほうが高得点であり、それを計算に入れて(すなわち頭を使って)撃ち落とす必要がある。[3]
ボクシング(BG-15)
このゲームからゲーム専用の液晶パターンが用意されるようになり、普通の電子ゲームのようになった。リング上で向かい合った2人のボクサーが描かれており、プレイヤーキャラクターは右側。パンチで攻撃するほか、スウェイバック(後ろに下がる)で相手のパンチを避けたりできる。グラブにはアップとダウンの位置があり、グラブでガードすることもできる。7セグには両者のスタミナとパンチ力が数値で表示される。相手のダウン後、カウント10でK.O.勝ちとなる。得点も入るが、K.O.した人数を競うこともできる。[4]CMキャラクターは篠沢秀夫が務めた。
ベースボール(BB-9)
7セグ表示の下にダイヤモンド、左右に打者(バット)と投手が描かれた野球ゲーム。投球したボールの一部が7セグの横棒を使って表現されている。CMキャラクターは野村克也村山実が務めた。
占い(FT-7)
統計理論によるバイオリズムの観点から相性と運勢が占える。占える内容は4つのテーマが用意されている。[1]
囲碁(TG-2)
囲碁と言っても詰碁のゲームである。最善手のチェックなどが可能。[1]
パチンコ(PG-200)
電卓機能を備えたパチンコゲーム。[1]
スロットマシンモグラ叩き(MG-777)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 数字の8.を基本とし、それを横に複数個並べる事で数値を表現する。小数点も数えて8セグメント(8セグ)と表現されることもあるが、本稿では7セグと表記した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d ゲーム電卓で遊べるのはここだけ! カシオの電卓展”. 日経トレンディネット (2017年3月21日). 2017年10月5日閲覧。
  2. ^ 1980年代に一世を風靡したゲーム電卓が復活 シンプルで奥が深いシューティングゲームを搭載カシオ計算機ニュースリリース(2018年3月15日)2018年3月27日閲覧
  3. ^ ゲームセンターあらし第27回「ハンバーガー仮面登場」、月刊コロコロコミックNo.41(1981年9月号)、p76。
  4. ^ ゲームセンターあらし第32回「赤ん坊帝国」、月刊コロコロコミックNo.45(1982年2月号)、p142。

関連項目[編集]

  • 電子手帳 - この機器には、ゲーム機能を追加するオプションカードも存在した。
  • ポケットコンピュータ(ポケコン) - 電卓の延長上にある、シャープ、カシオ等が発売していたユーザープログラムの実行が可能な携帯型コンピュータ。7セグLEDではなくドットマトリクスによる英文字や記号が表示可能。本来はプログラム可能な関数電卓としての用途をメインとしているが、プログラム実行能力を利用してゲームなども作成可能。
  • ワンボードマイコン - ほぼ機械語に特化した技術者向けの評価用コンピュータ基板で、日本では電卓のようなテンキーと7セグ表示装置を搭載したものが多かった。安価ゆえに個人用コンピュータとしての需要が広まり、本機のような7セグ表示を活用したゲームも作られた。