ゲーン・ソム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲーン・ソム
Kaeng som-marum63.JPG
ドラムスティックの入った伝統的なゲーン・ソム
発祥地 タイ王国ラオス
地域 タイ中部タイ南部
提供時温度 ホット。通常ごはんと一緒に提供される。
主な材料 魚、野菜
派生料理 ラオス風、マレーシア風が存在する。
テンプレートを表示
ゲーン・ソム・クン・ドク・ケー。エビ白胡蝶英語版の花(ドク・ケー)が加わる。
タイ南部の伝統的なゲーン・ソム・プラ。

ゲーン・ソム[1]、またはケーン・ソム(タイ語: แกงส้ม, 発音 [kɛ̄ːŋ sôm]、オレンジ色のゲーンの意味)はタイ王国中部のゲーン(タイカレー)である[2]タマリンドに由来する酸味と香辛料の辛さが特徴的なカレーで、甘さをだすためにパームシュガー(ナム・タン・ピップ)が加えられる。英語圏ではタイ・サワー・カレーと紹介される場合もある[3]

作り方[編集]

ナム・プリック・ゲーン・ソムと呼ばれるペーストがゲーン・ソムのベースとなる[4]。ナム・プリック・ゲーン・ソムはカピ(シュリンプペースト)とエシャロットやその他の材料に水を加え、ですりつぶすことで作られる。トウガラシが一緒にすりつぶされるが、乾燥トウガラシが良いか、生トウガラシが良いかなどレシピにばらつきがある。大きいトウガラシが良いとするレシピもあれば、プリッキーヌ英語版が好ましいとするレシピもある。

エビがメインの食材になる。魚は煮込んだ際に煮崩れしないようにするほうが望ましい。魚はプラーチョン英語版や海岸沿いではの魚も使われる。魚卵が用いられる場合もある[5]。ゲーン・ソムは通常米飯とともに提供される。

家庭で作られるゲーン・ソムにはドラムスティック(さやまめ)やグリーンパパイヤ白胡蝶英語版の花(ドク・ケー)が用いられる。赤いドク・ケーが加わるとゲーン・ソム・ドク・ケー・デーンと呼ばれる。その他地域ごとの食材、例えばヨウサイミズオジギソウ英語版といったものも用いられる[6]

歴史[編集]

ゲーン・ソムの人気が高まるとカリフラワーダイコンキャベツハクサイチンゲンサイニンジンジュウロクササゲアスパラガスなどが具材として用いられるようになった。さらにはチャ・オム・オムレツ(チャ・オム英語版を使ったミャンマー・スタイルのオムレツ)まで具材に使われるようになり、エビとチャ・オム・オムレツのゲーン・ソムはゲーン・ソムの一般的なバリエーションとなった。他にもパイナップルやその他の魚介類が使われることもあるが、ゲーン・ソムにはココナッツミルクを入れないという点だけは共通している[7]

バリエーション[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Thaifood: Gaeng Som - Sour Curry - many styles
  2. ^ Thai Sour Curry (Central Style)
  3. ^ Sanitchat, Jam. The Everything Thai Cookbook Includes Red Curry with Pork and Pineapple, Green Papaya Salad, Salty and Sweet Chicken, Three-Flavored Fish, Coconut Rice, and hundreds more!. 2nd ed. Cincinnati: F+W Media, 2013. Print.
  4. ^ nam phrik kaeng som
  5. ^ Gaeng som with fish eggs
  6. ^ Nutritional composition of traditional Thai foods used local vegetables
  7. ^ Kaeng Som (Sour Thai Curry with fish)
  8. ^ แกงเหลืองสายบัวปลากะพง - Southern Thai Spicy Sour Yellow Curry with Lotus Stems and Sea Bass- gaaeng leuuang lai buaa bplaa ga phohng” (英語) (2016年7月14日). 2016年7月15日閲覧。
  9. ^ Slow food Malaysia
  10. ^ Laotian Pork Cabbage Sour Soup - Kaeng Som Kalampi
  11. ^ Phatoke Lao Derm
  12. ^ อาหารไทยริมทะเล. พิมพ์ครั้งที่ 2. กทม. แสงแดด. 2552. หน้า 68-70
  13. ^ อาหารไทยริมทะเล. พิมพ์ครั้งที่ 2. กทม. แสงแดด. 2552. หน้า 72
  14. ^ Singapore unofficial food - (Thai) kaeng som kai wan