コイデカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 コイデカメラ
KOIDE CAMERA Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
166-0001
東京都杉並区阿佐谷北4-6-2
設立 1952年
業種 小売業
法人番号 1011301002369
事業内容 写真映像機器・写真用品の販売
DPEサービス
証明写真撮影
代表者 代表取締役会長 小出良蔵
代表取締役社長 小出剛三
資本金 2億8,900万円
従業員数 450名(2016年4月現在)
外部リンク http://www.koide.jp
特記事項:創業は1951年(昭和26年)8月、東京・阿佐ケ谷にて。
テンプレートを表示

株式会社 コイデカメラKoide Camera Co.,Ltd.)は、東京都杉並区に本社を置く、DPEカメラ量販店のチェーンストアの運営を行う企業である。

概要[編集]

創業者の小出芳朗が、1951年(昭和26年)に阿佐ケ谷で個人経営の写真店として開業。翌1952年(昭和27年)に改組し、1968年(昭和43年)にチェーン展開を開始。1984年(昭和59年)に現在の社名に改称した。

関東地方を地盤に店舗展開しており、イトーヨーカドーなどの総合スーパーショッピングセンターでの、テナント出店や郊外ロードサイド店舗でDPE店を展開している。郊外ロードサイド店舗のうち中規模のものについては、店名に「総合館」の名称を付している。全ての店舗は直営店であり、フランチャイズ店は存在しない。また関東地方以外の地域での店舗展開も行っていない。

2003年からポイントカード兼会員カードである「フォトカード」を発行している。

店舗では従来のプリント注文機のほかに、セルフでプリントが可能なDNPフォトイメージングジャパン製セルフプリント機『PrintRush(プリントラッシュ)』や富士フイルム製セルフプリント機『プリンチャオ』も稼動している。

沿革[編集]

  • 1951年 - 小出芳朗が阿佐谷に個人名義のカメラ店を創業。
  • 1952年 - 芳朗を社長として有限会社小出写真機店設立。
  • 1965年 - 株式会社小出カメラに改組、社名変更。
  • 1984年 - 本部新社屋完成。株式会社コイデカメラに社名変更。
  • 2000年 - 公式サイト開設。
  • 2001年 - インターネットを利用したプリントサービス「ネットプリント」開始。
  • 2003年 - フォトカード発行開始。
  • 2011年4月1日 - 阿佐谷本店新店舗が開業。

店舗[編集]

関東地方1都3県に展開している。都県別の店舗数は以下の通り(2019年1月22日現在)。詳細は公式サイト内店舗案内を参照。

フォトカード[編集]

ポイントカード兼会員カード。サービス受付時に提示することで個人情報の記入を省略することができる。

ポイントについてはサービス・商品購入のいずれでも利用金額100円毎に1ポイントの還元となり、ポイントは次回以降の利用精算時に1ポイント=1円として使用できる。

ラジオCM[編集]

長年に渡り、TBSラジオで、「首都圏(放送時の店舗数)店舗、コイデカメラ! コイデいいのだ!」とのキャッチコピーを使ったCMを放送している。