コエ・クワディ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Khoe–Kwadi
話される地域ナミビアカラハリ砂漠
言語系統おそらくサンダウェ語と関係
下位言語
Glottologkhoe1240[1]
KhoisanLanguagesDifferentiated.png
青色がコエ・クワディ語族 (タンザニアのサンダウェ語とおそらく関係)

コエ・クワディ語族(コエ・クワディごぞく、Khoe–Kwadi languages)は、アフリカ南部のコエ諸語消滅したクワディ語からなる語族である。両語の関係は、トム・ギュルデマン、エドワード・エルダーキン、アン・マリア・フェーンによって見いだされた。

分類[ソースを編集]

代名詞といくつかの基本的な語彙は、コエ諸語とクワディ語に共通するものとして再構された。クワディ語の証明が不十分なため、どの語彙が同根語で、どれが借用語であるかを判断するのは困難だが、約50の語彙対応と一般的な動詞構文が特定されている。クワディ語に関するWestphalのフィールドノートは、文法上の類似点が追加で特定されることを期待し、2018年の時点でまだ分析されていた。

Person Minimal
(sg/dual PN)
Augmented
(pl PN)
1incl *mu ?
1sg *ti~ta
(allomorphs)
?
2 *sa *o or *u
3masc *base-(?)-E *base-(?)-u
3fem *base-(s)E *base-(?)-E

ここで、<E>は未定の前舌母音であり、代名詞の基部は* xaのような直示的名詞または* kho'person 'のような一般名詞であった。三人称接尾辞は名詞にも使用され、さらに二重接尾辞* -daが付いていた。

クワディ語とコエ諸語の両方に動詞構文があり、最初の従属動詞は接尾辞*-(a)Raでマークされ、次の定形動詞はマークされていない。

コエ・クワディ語族に最も近縁な言語は、サンダウェ語孤立した言語)である可能性がある。

文献[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Khoe–Kwadi”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/khoe1240