コクミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 コクミン
Kokumin Co.,Ltd.
本社
本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
559-0007
大阪府大阪市住之江区粉浜西1-12-48
設立 1949年6月
業種 小売業
法人番号 9120001030612 ウィキデータを編集
事業内容 医薬品化粧品等の販売
代表者 代表取締役社長 絹巻秀展
資本金 9118万円
売上高 680億円(2019年4月)
従業員数 2334人(2017年4月)
外部リンク http://www.kokumin.co.jp/
特記事項:1935年4月5日創業
テンプレートを表示


株式会社 コクミンKokumin Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市住之江区に本社を置くドラッグストアチェーンストアを運営する企業である。1935年創業。日本チェーンドラッグストア協会正会員。比較的古くからあるドラッグストアであり、かつてはマツモトキヨシに次ぐ売上げを誇っていた。

ココカラファインヘルスケアドラッグイレブンなどとともに、WINグループを形成。

沿革[編集]

展開店舗[編集]

192店舗(2016年4月末)

  • 現存する店舗
    • コクミン(KoKuMiN、コクミン、コクミンドラッグ) - 都市・繁華街型やコンビニ型
    • コクミン薬局 - 調剤型
    • シルク - 郊外型
    • シティドラッグ
    • AIRPORT+DRUG
    • Keypoint Drug
    • Keiyo Drug
    • Plug in Drug
  • かつて存在した店舗
    • KOCOLO GARDEN - ビューティ特化型
    • フレンチ

不祥事[編集]

2020年1月頃から中国で発生した新型コロナウイルスによる影響で全国各地でマスクの品薄状態が続いている中[1]、一部の店舗で500円程度で販売しているマスクを最大で9000円程の強壮剤化粧品などとセットにして販売する、いわゆる「抱き合わせ商法」を行っていたことが週刊文春による取材で発覚[2][3]。同年2月19日にその事実を認め、謝罪した[4]。なお、週刊文春による報道では中国人客に対して、この抱き合わせ商法を行っていたと報じていたが[2]、コクミンドラッグはハフポストによる取材に対して、「国籍に関わらず、(日本人客を含む)全ての客に対してセット販売を行っており、特定の客に対して差別をした上で、この販売方法をとった訳ではない」として、一部否定している[3]

売上高[編集]

  • 2015年4月期 533億円
  • 2016年4月期 612億円
  • 2017年4月期 622億円

脚注・出典[編集]

  1. ^ 新型肺炎でマスク販売が例年の9倍 品薄で高額転売も”. スポーツ報知(2020年2月7日作成). 2020年2月21日閲覧。
  2. ^ a b コクミンドラッグ 中国人に高額商品とマスクを抱き合わせ販売”. 週刊文春(2020年2月19日作成). 2020年2月21日閲覧。
  3. ^ a b コクミンドラッグ、品薄マスクを高額商品とセットで販売。「販売方法を工夫しようという店長の指示だった」広報明かす”. ハフポスト日本版(2020年2月21日作成). 2020年2月21日閲覧。
  4. ^ 一部報道に関して”. 株式会社コクミン(2020年2月19日作成). 2020年2月21日閲覧。

関連項目[編集]