ココラアベニュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ココラアベニュー
COCOLA AVENUE
Cocola Avenue.JPG
情報
用途 複合商業施設
管理運営 サーラグループ
敷地面積 4,602 m² [1]
延床面積 全体:12,595m2
店舗棟・事務所施設ビル:5,666m2
JRFパーキング 駐車場ビル:6,889 m² [1]
階数 店舗棟・事務所施設ビル:3階
JRFパーキング 駐車場ビル:4層5段[1]
着工 2008年(平成20年)6月
竣工 2009年(平成21年)10月26日
所在地 440-0888
愛知県豊橋市駅前大通一丁目135番地
備考 ・駐車場接続棟、東上空通路(連絡通路)、自転車置場あり
テンプレートを表示
ココラアベニュー 入口
ココラアベニュー ネオンサイン

COCOLA AVENUE(ココラアベニュー)は、愛知県豊橋市花田町にある複合商業施設豊鉄渥美線新豊橋駅移転後に着工し、JR貨物が、ビルを建設、テナントを地元企業のサーラグループが賃借し、2009年10月に完成、同年11月にオープン。

施設概要[編集]

テナントスペースは、地上3階建て。14の店舗やオフィス等が入居している。 2階は、隣接する豊橋駅ココラフロントペデストリアンデッキで直結している。 駐車場は、4層5段で357台収容可能。

1階[編集]

  • 三井住友信託銀行豊橋支店
  • チャイニーズダイニング「謝謝」
  • 鮨酒肴場 はんなり 豊橋駅前店

2階[編集]

3階[編集]

『豊市』について[編集]

『ホテルならではの「東三河のヤオヤ」 アークリッシュ豊橋から、はじまります。』をコンセプトとして、同ビルテナントの中華料理店『謝謝』と隣接するホテルアークリッシュ豊橋が作る総菜やランチの販売及びイートインスペース。野菜や花き販売の「くくむ市場」、ジェラートを販売する「ジェラート・サンタ」で構成されている。2016年12月20日開設。 また、2017年には退店した『ANTIQUE(ベーカリー)』の跡地を改修し、『豊市パン』を開設した。


過去の入居店舗[編集]

  • ドナテロウズGelato&Crepe(2009年11月20日開店-2010年10月6日閉店)
  • 東急ハンズトラックマーケット(2009年12月12日開店-2010年9月26日閉店)
  • Bistro Cafe ハギノ屋(はんなりへ業態変更)
  • ANTIQUE(チョコリングをメインに据えたベーカリー 2017年閉店)
  • COCO-SHOP(ココショップ)
  • 小饅頭徳次郎(1個10円を売り文句にしていたが、最短期間で閉店)
  • スガキヤ豊橋ココラアベニュー店(2019年3月31日閉店)
  • サブウェイ豊橋ココラアベニュー店(2019年5月10日閉店)

アクセス[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 会社概要”. COCOLA AVENUE. 2015年5月7日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯34度45分44秒 東経137度23分00秒 / 北緯34.762174度 東経137.383277度 / 34.762174; 137.383277