ココリコグータンミラクルヌーボタイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ココリコグータンミラクルヌーボタイプ
ジャンル 特別番組バラエティ番組
企画 ココリコミラクルタイプ
金井卓也
グータンヌーボ
笠置高弘
演出 ココリコミラクルタイプ
金子傑
出演者 ココリコミラクルタイプ
ココリコほか
グータンヌーボ
江角マキコ優香内田恭子
ナレーター グータンヌーボ
佐藤政道
製作
プロデューサー ココリコミラクルタイプ
石井浩二
グータンヌーボ
飯島冬貴(k-max、CP)、川中康三(KTV)、工藤浩之、小西寛(k-max)
制作 フジテレビ関西テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送[1][2]
放送国・地域 日本の旗 日本
第1回
放送期間 2006年9月13日
放送時間 水曜22:00 - 23:24[1]
放送分 84分
回数 1
第2回
放送期間 2007年3月28日
放送時間 水曜22:15 - 23:39[2]
放送分 84分
回数 1

特記事項:
第2回の「放送15分ずれ」に関しては後述

ココリコグータンミラクルヌーボタイプ』は、フジテレビ系列水曜日に放送の『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ製作)と『グータンヌーボ』(関西テレビ製作)の2番組による特別番組。基本内容はそれぞれの項目参照。

概要[編集]

水10!』枠後半の番組として放送されていた『ココリコミラクルタイプ』と、その直後の23時台に放送されていた『グータンヌーボ』のコラボレーション企画として、2006年9月13日に第1弾が、2007年3月28日に第2弾が放送された。

番組前半では『ミラクルタイプ』のコントトークを『グータンヌーボ』のレギュラー陣3人(江角マキコ優香内田恭子)を招き入れた上で行い、後半では『グータンヌーボ』のセットでレギュラー陣と男性ゲストが女性ゲストとトークする模様のVTRを見るという構成だった。

フジテレビと関西テレビの共同製作で、発信はフジテレビが行っていた。

放送時間[編集]

放送日 放送時間(JST 備考
1 2006年9月13日 水曜22:00 - 23:24[1]
2 2007年3月28日 水曜22:15 - 23:39[2] この事に関しては後述

ゲスト[編集]

2006年9月13日放送分[編集]

2007年3月28日放送分[編集]

スタッフ[編集]

ココリコミラクルタイプ[編集]

  • 企画:金井卓也
  • オープニングイラスト:土田世紀
  • 構成都築浩樋口卓治鈴木おさむ福田雄一椎名基樹天野慎也村上大樹、金丸純也、川島カヨ
  • 技術:共同テレビジョン
  • TD:佐々木信一
  • SW:大嶋徹
  • CAM:小川経一
  • VE:川崎淳
  • AUD:大田勝巳
  • 照明:八木原伸治
  • 美術プロデューサー:井上幸夫
  • デザイン:棈木陽次
  • 美術進行:矢野雄一郎
  • 大道具:塩山勝之
  • 装飾:福留克年
  • 衣裳:伊藤美恵子
  • メイク:原田妃佳留
  • かつら:清水聖恵
  • 持道具:山田裕紀
  • 電飾:寺田豊
  • アクリル装飾:國母淳一
  • 特殊美術:横山公一
  • 視覚効果:中溝雅彦
  • 生花装飾:安藤岳
  • 植木装飾:渡辺篤
  • VTR編集:一ノ瀬勝(笑カンパニー)
  • MA:中村和弘(笑カンパニー)
  • 音響効果:松長芳樹(デジタルサーカス
  • CG:田中秀幸フレイムグラフィックス
  • オープニング撮影:凸凹卍
  • ミラクルさん・人形製作:スタジオノーヴァ
  • 広報:山下千緒
  • デスク:和泉愛
  • TK:平井冴子
  • 編成:金井卓也
  • スーパーバイザー:黒木彰一
  • FD:高橋洋子
  • アシスタント・プロデューサー:北口富紀子、木月洋介
  • ディレクター:渡辺剛(NET WEB)、浅野克己、渡辺資、名城ラリータ
  • 演出:金子傑
  • 制作プロデューサー:辻村たろう
  • プロデュース:石井浩二
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター

グータンヌーボ[編集]

  • 企画:笠置高弘
  • ナレーター:佐藤政道
  • 構成:桜井慎一
  • リサーチ:フォーミュレーション
  • スタジオ技術:長滝淳子
  • SW(スイッチャー):岩田一巳
  • CAM(カメラマン):小林光行
  • 音声:片山勇
  • VE(ビデオエンジニア):谷古宇利勝
  • 照明:小井手正夫
  • ロケ技術:小山茂明
  • ロケ照明:根健勝広
  • 美術プロデューサー:柴田慎一郎
  • セットデザイン:別所晃吉
  • 美術進行:西村貴則
  • タイトルCG:真島理一郎
  • VTR編集:吉田睦
  • MA:大木久雄
  • 音効:松下俊彦
  • 広報:金谷卓也(KTV)
  • AP(アシスタントプロデューサー):平出聡(K-max)、大内登
  • ディレクター:豊福陽子(KTV)、鎗野貴生・松藤豪・板垣忠彦・橋本友宏(K-max)
  • チーフディレクター:飯島冬貴(K-max)
  • プロデューサー:川中康三(KTV)、工藤浩之・小西寛(K-max)
  • 技術協力:ニユーテレスFLTウイウイスタジオプログレッソ
  • 美術協力:フジアール
  • 収録スタジオ:レモンスタジオ
  • 制作協力:K-max
  • 制作著作:フジテレビ関西テレビ

備考[編集]

2007年3月28日に放送された第2弾は第1弾と同じく22時ちょうどにスタートする予定だったが、急遽この時間に捏造問題で打ち切りになった『発掘!あるある大事典』のうち、データ改竄のあった回をまとめたお詫び放送が22時から15分間放送されたことから、22時15分開始になった。ただし、ネット局のテレビ宮崎(フジテレビ系・日本テレビ系テレビ朝日系のクロスネット局)では、フジテレビからの裏送りによって22時から先行放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 読売新聞読売新聞社、2006年9月13日付、36面掲載のテレビ欄頁。 
  2. ^ a b c 『読売新聞』 読売新聞社、2007年3月28日付、40面掲載のテレビ欄頁。