ココ・バンダウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ココ・バンダウェイ
Coco Vandeweghe
Tennis pictogram.svg
Vandeweghe WM17 (19) (35379197853).jpg
ココ・バンダウェイ
基本情報
フルネーム Colleen Vandeweghe
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニューヨーク州ニューヨーク
居住地 同・カリフォルニア州ランチョサンタフェ
生年月日 (1991-12-06) 1991年12月6日(26歳)
身長 185cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 4勝
シングルス 2勝
ダブルス 2勝
生涯獲得賞金 6,359,624 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2017)
全仏 2回戦(2014・16)
全英 ベスト8(2015・17)
全米 ベスト4(2017)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2016)
全仏 2回戦(2016)
全英 3回戦(2015)
全米 ベスト4(2015・16)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 準優勝(2016)
全仏 ベスト8(2016)
全米 準優勝(2016)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2017)
ホップマン杯 準優勝(2017)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 9位(2018年1月15日)
ダブルス 18位(2016年10月24日)
2018年1月30日現在
テンプレート  プロジェクト テニス

ココ・バンダウェイCoco Vandeweghe, 1991年12月6日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス9位、ダブルス18位。これまでにWTAツアーでシングルス2勝、ダブルス2勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長185cm、体重70kg。

来歴[編集]

母親のタウナ・バンダウェイ英語版は元競泳選手で1976年モントリオールオリンピックに出場している。母の兄はNBAで活躍したキキ・バンダウェイ英語版である。母方の祖父のアーニー・バンダウェイ英語版もNBA選手であり、母方の祖母は1952年のミス・アメリカコリーン・ケイ・ハッチンズ英語版である。

スポーツ一家に生まれたココ・バンダウェイは11歳でテニスを始め、2008年にプロに転向する。

2008年全米オープンで主催者推薦選手として4大大会に初出場し、1回戦で第2シードのエレナ・ヤンコビッチに 3-6, 1-6 で敗れた。ジュニアシングルスでは優勝している[1]

2010年8月の南カリフォルニア・オープンでは予選から勝ち上がり2回戦で当時9位のベラ・ズボナレワを 2-6, 7-5, 6-4 で破る殊勲を挙げベスト8に進出した。9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでも予選から勝ち上がりベスト8に進出している。11月のイタリアとのフェドカップ決勝にアメリカ代表として出場した。フランチェスカ・スキアボーネに 2-6, 4-6 、フラビア・ペンネッタに 1-6, 2-6 で敗れチームも1勝3敗で準優勝となった[2]

2012年7月のバンク・オブ・ウエスト・クラシックで予選から勝ち上がり初の決勝に進出した。決勝ではセリーナ・ウィリアムズに 5–7, 3–6 で敗れた。

2014年6月のトップシェルフ・オープンで2度目の決勝に進出した。鄭潔を 6–2, 6–4 で破りツアー初優勝を果たした[3]

2015年ウィンブルドン選手権では2回戦で第11シードのカロリナ・プリスコバ、3回戦で第22シードのサマンサ・ストーサー、4回戦で第6シードのルーシー・サファロバを破りベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのマリア・シャラポワに 3-6, 7-6, 2-6 で敗れた。全米オープンではアンナ=レナ・グローネフェルトと組んだダブルスでベスト4に進出している。

2016年全豪オープンではホリア・テカウと組んだ混合ダブルスで決勝に進出した。決勝ではエレーナ・ベスニナ&ブルーノ・ソアレス組に 4–6, 6–4, [5–10] で敗れ準優勝者になった。全米オープンではラジーブ・ラムと組んで混合ダブルス決勝に進出した。決勝ではラウラ・シグムント&マテ・パビッチ組に 4–6, 4–6 で敗れこちらも準優勝者となった。

2017年全豪オープンでは4回戦で第1シードのアンゲリク・ケルバー、準々決勝で第7シードのガルビネ・ムグルサを破りベスト4に進出した。準決勝では第13シードのビーナス・ウィリアムズに 6-7, 2-6, 3-6 で敗れた。全米オープンもベスト4に進出した。11月のWTAエリート・トロフィーで準優勝し、大会後のランキングで自己最高の10位となりトップ10入りを果たす。翌週のフェドカップ決勝ではベラルーシを相手にシングルスで2勝、ダブルスで1勝を挙げる活躍で、アメリカを17年ぶりのフェドカップ優勝に導いた。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 5回 (2勝3敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ツアー選手権 (0–0)
WTAエリート・トロフィー (0–1)
プレミア (0–2)
インターナショナル (2–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2012年7月15日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 5–7, 3–6
優勝 1. 2014年6月21日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス 中華人民共和国の旗 鄭潔 6–2, 6–4
優勝 2. 2016年6月12日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス フランスの旗 クリスティナ・ムラデノビッチ 7–5, 7–5
準優勝 2. 2017年8月6日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード アメリカ合衆国の旗 マディソン・キーズ 6–7(4), 4–6
準優勝 3. 2017年11月5日 中華人民共和国の旗 珠海 ハード (室内) ドイツの旗 ユリア・ゲルゲス 5–7, 1–6

ダブルス: 3回 (2勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2016年3月19日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード アメリカ合衆国の旗 ベサニー・マテック=サンズ ドイツの旗 ユリア・ゲルゲス
チェコの旗 カロリナ・プリスコバ
4–6, 6–4, [10–6]
準優勝 1. 2016年8月21日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード スイスの旗 マルチナ・ヒンギス インドの旗 サニア・ミルザ
チェコの旗 バルボラ・ストリコバ
5–7, 4–6
優勝 2. 2017年8月6日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード アメリカ合衆国の旗 アピゲール・スピアーズ フランスの旗 アリーゼ・コルネ
ポーランドの旗 アリシア・ロソルスカ
6–2, 6–3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A A 1R 1R LQ 1R LQ 3R 1R SF 1R 7–7
全仏オープン A A A 1R LQ 1R 2R 1R 2R 1R 2–6
ウィンブルドン A A A 1R 1R 1R 2R QF 4R QF 12–7
全米オープン 1R LQ 1R 2R 1R 2R 2R 2R 1R SF 9–8

脚注[編集]