コスタ・ヌハモイネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コスタ・ヌハモイネス Football pictogram.svg
Costa Nhamoinesu17.jpg
名前
ラテン文字 Costa Nhamoinesu
基本情報
国籍 ジンバブエの旗 ジンバブエ
生年月日 (1986-01-06) 1986年1月6日(33歳)
出身地 ハラレ
身長 184cm
選手情報
在籍チーム チェコ ACスパルタ・プラハ
ポジション DF(LB)
背番号 26
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005 ジンバブエの旗 アマズールーFC
2006-2007 ジンバブエの旗 マシンゴ・ユナイテッドFC
2007-2010 ポーランドの旗 KSヴィスワ・ウストロニアンカ
2008-2010 ポーランドの旗 ザグウェンビェ・ルビン 54 (1)
2010-2012 ポーランドの旗 ザグウェンビェ・ルビン 66 (3)
2013- チェコの旗 ACスパルタ・プラハ 139 (9)
代表歴
2015-2017  ジンバブエ 11 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

コスタ・ヌハモイネスCosta Nhamoinesu1986年1月6日 - )は、ジンバブエ同国代表サッカー選手。現在、HETリガACスパルタ・プラハに所属している。ポジションはLB

出生[編集]

ハラレで生まれ、都市内に住む両親と田舎に住む祖父母双方の下で育った。親元は部屋も少なく、彼が永住するには狭かったため、その周辺に住む友人や他の縁者と共に居る事が多かった。中学生の時にクラブでのサッカーを始め、授業料はこの収入で納めていた[1]

クラブ歴[編集]

ジンバブエ・プレミアサッカーリーグのマシンゴ・ユナイテッドFC所属時に、代理人の目に留まりポーランドへ移籍、同国5部のKSヴィスワ・ウストロニアンカに加入[1]。2008年7月には、1部のザグウェンビェ・ルビンにレンタル移籍し[2]、2010年夏には完全移籍を果たした[3]。ルビンではエクストラクラサ有数のレフトバックとして台頭したものの、レイシズムの対象となる事も多かった。2013年にはポーランドを脱出する手としてACスパルタ・プラハと契約した。この時、他にもロシアやドイツ、トルコのクラブからもオファーが見られた[1]

代表歴[編集]

2008年にジンバブエ代表デビューして以来、代表の一員となっている[4]。2012年10月20日には、多くのジンバブエ代表選手が八百長に関与したとして彼もまた一生涯の出場禁止処分を受けたものの[5]、2014年には代表に招集されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Havlín, Tomáš (2014年2月17日). “Jsem tady kvůli rodině”. Nový prostor 
  2. ^ Costa Nhamoinesu graczem Zagłębia Lubin 31 July 2008, 90minut.pl
  3. ^ Costa Nhamoinesu i Martins Ekwueme na trzy lata w Zagłębiu 4 July 2010, interia.pl
  4. ^ Costa Nhamoinesu powołany do kadry Zimbabwe 27 September 2010, 90minut.pl
  5. ^ Moses Chibaye (2012年10月20日). “Sunday Chidzambwa, Rushwaya get life bans”. The Zimbabwean. http://www.thezimbabwean.co.uk/sport/football/61650/sunday-chidzambwa-rushwaya-get-life.html