コスモス型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コスモス型潜水艦英語: Cosmos-class submarine)は、イタリアのコスモス社が開発した小型潜水艦特殊潜航艇のファミリー。

概要[編集]

最初に実用化されたのが水上排水量40トン級のSX-404で、1969年台湾海軍に2隻が、また1972年にはパキスタン海軍に6隻が輸出された。このうち、パキスタン海軍の6番艦は、1976年12月27日に事故で沈没している[1]

続いて実用化されたのが水上排水量50トン級のSX-506であった。最初のカスタマーとなったのがコロンビア海軍で、1972年から1974年にかけて下記の4隻が建造された[1]

  • イントレピッド(SS 20)
  • インドマブル(SS 21)
  • ロンカドル(SS 23)
  • キトスエニョ(SS 24)

1980年代には、水上排水量75トン級のSX-756が実用化された。大韓民国海軍でコスモス建造の1隻とコリア・タコマ建造6隻の計7隻が運用され[2]、退役後は国軍情報司令部で運用された[3]。またこれをもとに大型化したMG-110は、上記のSX-404の後継として、3隻がパキスタン海軍に配備された[4]

諸元表
SX-404[1] SX-506[1] SX-756[4] MG-110[4]
水上排水量 40 t 58 t 78 t 110 t
水中排水量 70 t 70 t 83 t 130 t
全長 16.0 m 23.0 m 25.2 m 27.8 m
全幅 1.8 m 2.0 m
高さ n/a 4.0 m n/a 5.6 m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
・ディーゼル発電機×1基
・電動機×1基
スクリュープロペラ×1軸
速力 水上: 11 kt
水中: 6.5 kt
水上: 8.5 kt
水中: 7 kt
水上: 8.5 kt
水中: 6 kt
水上: 9 kt
水中: 7 kt
航続距離 水上: 1,200 nmi (11kt巡航時)
水中: 60 nmi (6.5kt巡航時)
水上: 1,200 nmi (7kt巡航時) 水上: 1,600 nmi (7kt巡航時)
水中: 60 nmi (4.5kt巡航時)
水上: 1,600 nmi (7kt巡航時)
水中: 60 nmi (4.5kt巡航時)
潜航深度 100m程度
乗員 4名+特殊部隊員12名 5名+戦闘泳者8名
(船体後部にSDV 2隻
固縛可能)
6名+特殊部隊員8名
兵装 533mm魚雷発射管×2門 533mm魚雷発射管×2門

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. ISBN 978-0870212505. 
  2. ^ David Miller (2002). Illustrated Directory of Special Forces. MBI Publishing. p. 480. ISBN 0760314195. 
  3. ^ 박성진 (2016年8月16日). “[단독]정보사 특수첩보활동 잠수정 '갈매기'(옛 비둘기) 폭발사고로 3명 사망, 1명 중상”. 京郷新聞. http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201608161226001 2018年12月18日閲覧。 
  4. ^ a b c Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. ISBN 978-1591149545. 

関連項目[編集]