コスモス434号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コスモス434号
Soviet lunar lander drawing.svg
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1971-069A
カタログ番号 05407
状態 運用終了
目的 月着陸船の試験
打上げ機 ソユーズ
打上げ日時 1971年8月12日09:50:00 UTC
質量 7000kg

コスモス434号(コスモス434ごう、Kosmos 434、ロシア語: Космос 434)は、ソビエト連邦LKの最後の無人試験飛行である。4度のLKの試験で最長の燃焼時間となった。最終的には、186km×11,804kmの軌道に入った。この試験により、この着陸船が飛行に耐えうることが証明された。

LKは、ソビエト連邦の月着陸船計画でこの段階まで行った唯一のものである。1980年から81年には、この着陸船が核燃料を運んでいるのではないかという懸念があった。1981年8月22日にオーストラリア上空に大気圏再突入する際、ソビエト連邦外務省はオーストラリアで、コスモス434号は「月キャビンの実験ユニット」であると認めた。

出典[編集]