コタシャーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コタシャーン
欧字表記 Kotashaan
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1988年5月4日
ダルシャーン
オートオートリテ
生国 フランスの旗 フランス
生産 Wertheimer et Frere
馬主 La Presle Farm
相馬恵胤
調教師 Andre Fabre(フランス)
→Richard E.Mandella(アメリカ)
競走成績
生涯成績 22戦10勝
獲得賞金 880,000フラン
2,023,300ドル
53,080,000円
テンプレートを表示

コタシャーンKotashaan1988年 - )はフランスで生まれ、フランスとアメリカで調教を受けた競走馬。アメリカの芝路線で活躍した。日本ジャパンカップにも出走し、ケント・デザーモ騎手のゴール板誤認事件でも知られた。

戦績[編集]

1990年11月にデビュー。1991年まではフランスで走り8戦3勝、G3を1つ勝っている。1992年にはアメリカへ転厩し、この年は4戦1勝で一般競走での勝ちが1つあるだけ。ここまでのコタシャーンは有り触れた並の馬に過ぎなかった。

1993年になり、ケント・デザーモを鞍上に迎えてからは一転し充実期を迎える。2月のG2サンルイオビスポステークスを7馬身差で圧勝するとG1サンルイレイステークスではG1優勝馬ビエンビエンを抑えG1初優勝。その後もG1サンフアンカピストラーノインビテーショナルハンデキャップで再びビエンビエンにレコード勝ち、G1エディリードハンデキャップを3馬身差で快勝、G1競走3連勝で瞬く間にアメリカ芝路線のトップホースへと上り詰めた。G2デルマー招待ハンデキャップで2着に敗れ連勝が止まったが、G1オークツリー招待ハンデキャップに勝利、1番人気で迎えたブリーダーズカップ・ターフでは三度ビエンビエンを下し優勝、名実ともにアメリカターフ最強の称号を手に入れた。

次走はジャパンカップへの招待を受け来日。それまでの実績から凱旋門賞2着のホワイトマズルアーリントンミリオン優勝馬スターオブコジーン東京優駿(日本ダービー)優勝馬ウイニングチケットを抑えて1番人気に支持されていた。レースが始まると道中は中団やや後方に位置し、最後の直線で鋭い末脚を見せ差を詰めてきた。だが、残り100メートルの地点で鞍上のケント・デザーモがハロン棒をゴール板と勘違いし、追うのを止めてしまったのである。すぐに自分のミスに気付いたデザーモ騎手は再び追い始めるが時既に遅く、日本の伏兵レガシーワールドから1馬身1/4離された2着に食い込むのがやっとだった[1]この年G1競走5勝の素晴らしい成績を収めており、エクリプス賞年度代表馬、最優秀芝牡馬に選出された。ジャパンカップを最後に引退し、日本で種牡馬になった。

種牡馬[編集]

1994年からレックススタッドで種牡馬入りする。種付け頭数は年平均50頭以上とまずまずの人気だったが、受胎率は30%程度とかなり低かった。それでも87頭が出走したが、地方重賞勝ち馬が1頭のみ、中央古馬オープンまで勝ち上がった馬が0頭と、惨憺たる結果に終わった。1999年には種付け頭数が0頭になり、2000年1月にアイルランドに輸出された。アイルランドでは障害競走用の種牡馬として供用されている[2]

コタシャーンは現役時代に筋肉増強剤などによるドーピングの疑惑がかけられた時期があり、引退後も長い間この噂がつきまとっていた。生産者の間では「あの馬がとまらない(受胎率が低い)のは薬の副作用からじゃないか」と囁かれていたともいわれている[3]

たしかに現役時代のドーピング疑惑には確固たる証拠があるわけではなく、根拠も漠然としているため憶測の域を出ない。ただ、全盛期のコタシャーンはまさに筋骨隆々、迫力満点と呼ぶに相応しい剛健な馬体を誇っていて、その「筋肉の塊」とまで称された体はジャパンカップで一緒にパドックを回っていた当時の日本馬とは比較するまでもなく、遠くから見ただけでどの馬がコタシャーンであるか識別できたほどだったという。また、日本の競馬界では禁止されているラシックス[4]を常用していたことも彼の疑惑を一層深める一因となった。

いわゆる「クロ」とは認められずコタシャーンは日本での種牡馬生活に入ることとなったが、不透明なまま残った疑惑と受胎率の低さなどの諸事情から、生産地では徐々に敬遠されていった。

主な産駒[編集]

  • マッキードリーム(播磨賞)

血統表[編集]

コタシャーン血統ミルリーフ系 / Nasrullah 5×5=6.25%) (血統表の出典)

Darshaan
1981 黒鹿毛
父の父
Shirley Heights
1975 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Hardiemma *ハーディカヌート
Grand Cross
父の母
Delsy
1972 黒鹿毛
Abdos Arbar
Pretty Lady
Kelty *ヴェンチア
*マリラ

Haute Autorite
1983 黒鹿毛
Elocutionist
1973 鹿毛
Gallant Romeo Gallant Man
Juliets Nurse
Strictly Speaking Fleet Nasrullah
Believe Me
母の母
Premiere Danseuse
1978 栗毛
Green Dancer Nijinsky II
Green Valley
Opealia Cambremont
Optimistic F-No.19-a


脚注[編集]

  1. ^ この事件を受けて、1997年に全てのJRA競馬場から残り100メートル地点のハロン棒が撤去されている
  2. ^ Far Flung: Where are Yesterday's Heroes Today?
  3. ^ 1990年代半ばに16連勝を達成するなど大活躍し、種牡馬入りするも無精子症であることが判明したシガーにも同様の疑惑があった。
  4. ^ 利尿剤の一種。ラシックスは競走能力には影響を与えないが、尿を沢山出すことによって増強剤を検査前に馬体から排出する恐れがあり、不正薬物使用が疑われた例がいくつもあった。