コネチカットにさよならを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コネチカットにさよならを
The Land of Steady Habits
監督 ニコール・ホロフセナー
脚本 ニコール・ホロフセナー
製作 ニコール・ホロフセナー
アンソニー・ブレグマン
ステファニー・アズピアズー
製作総指揮 ジェニファー・ロス
出演者 ベン・メンデルソーン
イーディ・ファルコ
トーマス・マン
エリザベス・マーヴェル
音楽 マーセロ・ザーヴォス
撮影 アラー・キヴィロ
編集 ロバート・フレイゼン
製作会社 ライクリー・ストーリー
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2018年9月14日
上映時間 98分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

コネチカットにさよならを』(原題:The Land of Steady Habits)は2018年に配信されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督はニコール・ホロフセナー、主演はベン・メンデルソーンが務めた。本作はテッド・トンプソンが2014年に発表した小説『The Land of Steady Habits』を原作としている。

ストーリー[編集]

アンダース・ヒルは妻のヘレンと離婚し、長らく務めていた金融会社を早期退職したが、やりたいことを見つけられずに難儀していた。息子のプレストンは既に成人していたが、薬物依存が原因で経済的に自立できない状況にあった。

アンダースはヘレンをまだ愛していたため、彼女が開いたクリスマスパーティーに顔を出すが、ヘレンの友人たち(ソフィーなど)から白眼視され、気まずい思いをする羽目になった。家の外に出たアンダースはソフィーの息子(チャーリー)と意気投合し、一緒に遊ぶことにした。しかし、彼らがマリファナを吸っているのを見て、苦々しい気持ちになった。しかも、そのマリファナにはフェンサイクリジンが混じっていたのである。それが原因で、チャーリーは病院に緊急搬送されることとなった。

しばらくして、アンダースはヘレンに渡した家が抵当に入っていることを知ったが、買い戻せるだけの資金はなかった。アンダースは友人に借金を申し込みに行くが、話を切り出せないうちに、友人は強引にアンダースをストリップクラブへと連れて行った。そこで、アンダースはバーバラという名前の女性と出会った。2人は惹かれあい、そのまま一夜を共にした。酔っ払ったアンダースはそのままヘレンの家に押しかけ、ヘレンとプレストンを困惑させることになった。

数日後、プレストンがアンダースを尋ねてやって来た。酒屋で職を得たのはいいが、ヘレンによって家から追い出されたのだという。息子の自立を願うアンダースは故意に素っ気なく追い返した。その夜、今度はチャーリーがアンダースのもとにやって来た。チャーリーは「自分が施設にいる間、ペットの亀を世話して欲しい」と頼んできた。その後、チャーリーは薬物で命を落とすが、その遺体を発見したのはプレストンであった。薬物の乱用で命を落とす人間がいるという現実を目の当たりにして、ヘレンはプレストンを再び家に迎え入れた。

クリスマス・イブの夜、アンダースは再びヘレンの家を訪れたが、彼は憑きものが取れたような表情をしていた。

キャスト[編集]

※括弧内は吹き替え声優

製作[編集]

2014年8月20日、ニコール・ホロフセナー監督がテッド・トンプソンの小説『The Land of Steady Habits』の映画化に着手したと報じられた[2]2017年1月、ベン・メンデルソーン、イーディ・ファルコ、トーマス・マンがキャスト入りし、Netflixが本作の配給権を獲得していたとの報道があった[3]。2月、コニー・ブリットンの出演が決まった。3月17日、本作の主要撮影ニューヨーク州タリータウンで始まった[4]。20日、エリザベス・マーヴェルが本作に出演することになったと報じられた[5]

公開[編集]

2018年9月12日、本作は第43回トロント国際映画祭でプレミア上映を迎えた[6]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには30件のレビューがあり、批評家支持率は83%、平均点は10点満点で7.1点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ニコール・ホロフセナーの演出は毎度のように見事であり、俳優たちの演技も重層的である。そのお陰で、『コネチカットにさよならを』は中年期の危機を扱った作品の中でも特に見るべき価値のある作品になった。」となっている[7]。また、Metacriticには16件のレビューがあり、加重平均値は72/100となっている[8]

出典[編集]