コハル (ポケットモンスター・テレビアニメ第7シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポケットモンスター (アニメ) > 登場人物 > コハル (ポケットモンスター・テレビアニメ第7シリーズ)
コハル
ポケットモンスター テレビアニメ第7シリーズ』のキャラクター
登場(最初) テレビアニメ第7シリーズ第1話「ピカチュウ誕生!」
声優 花澤香菜
プロフィール
年齢 10歳
テンプレートを表示

コハルは、任天堂のゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを原作とするアニメ『ポケットモンスター テレビアニメ第7シリーズ』に登場する架空の人物。

この項目ではコハルと関連性の高いワンパチについても記述する。

プロフィール[編集]

人物[編集]

PM2(テレビアニメ第7シリーズ)の主要登場キャラクターの一人で、PM2のヒロインとも言える少女[1]。アニメオリジナルキャラクターの一人。

家族は父のサクラギ博士と母のヨシノ、弟のソウタがいる。PM2の主人公の一人であるゴウの幼馴染でもある。スクールの生徒。

幼少期は明るい性格で、ゴウをポケモンキャンプに誘うほどポケモンに関心があった。現在ではワンパチ、スクールの他の生徒、母親のヨシノなどに笑顔を見せていたり花に水をやっている時に笑顔になっている事があるが、オープニングでサトシやゴウが倒れた時に別の方を向いたりサトシ・ゴウからルギアがらみの話を聞かせられそうになった時に興味のない姿勢をとるなど、冷めた一面も見せている。後述のように髪型にこだわりを見せているように、身なりに対する関心はそれなりにあるようである。

目は緑色の瞳をしている。長髪で髪型は三つ編みのおさげ髪であるが、ベッドから起きた時は髪型がボサボサになっており、ヨシノに結ってもらっている(ヨシノ曰く「三つ編みタイム」)。この髪型にはかなりこだわっており、ヨシノに三つ編みタイムが無くなると言われた時はかなり動揺した言動を取っていた。服装はポケモンスクールの制服を着用している。

PM2第10話までポケモンバトルどころかポケモンに技を指示した事も無く、第11話で初めてワンパチに技の指示を出した。早起きが出来ていない描写もある。

ゴウとは幼馴染であり、幼少期はゴウをオーキド博士のポケモンキャンプに誘ったり、勝手な行動をはじめたゴウにわざわざ構ったりもしていた。サクラギ博士の事は「お父さん」と呼んでいる。ワンパチとは家族のような関係で仲がとても良く、コハルが笑顔を見せる相手の一人である。サトシにはサトシがワンパチに攻撃され研究所の前で倒れていたのを見て警戒心を持っていたが、現在はあまりそのような素振りは見られない。

幼少期はポケモンに関心があったが、現在はポケモン自体は嫌いではないが好きかと言われると微妙な考えをしている。ポケモン研究者の娘として周囲からは特別な目で見られてしまっており、周囲から勝手な解釈をされていることを快く思っていない。

BW(ベストウィッシュ)の第55話にも同名の別キャラクターが存在している。

略歴[編集]

幼少期にゴウを誘ってオーキド博士のキャンプに参加する。10歳でワンパチの電気で倒れていたサトシと初対面をする。第11話で初めてポケモン(ワンパチ)に技を指示を出した。

ワンパチ[編集]

ワンパチ
PM2(テレビアニメ第7シリーズ)の主要登場キャラクターの一人かつレギュラーキャラクターで第2話から登場。ゴウのヒバニーよりも登場が早い。
研究所のポケモンだが、コハル・サクラギ博士の家で暮らしている描写がある。コハルとは家族のような関係で、コハルとは仲がとても良い。サトシに急に抱き着かれてそれ以来サトシを嫌っている。ピカチュウとはお互いじゃれ合うほど仲良くなり、ヒバニーとも仲良くなった。
急に抱き着かれると電撃を浴びせる事もある。コハルのために敵に立ち向かう場面もある。
サクラギ博士に技の指示をされてもゲンガーに集中して聞かなかったが、コハルの指示なら聞こえて技を出している。
コハルが登場しない回でも登場する事もある。
使用技は「スパーク」。

脚注[編集]

  1. ^ 記載されている略号
  1. ^ 立ち位置的には準レギュラーで、普段はサトシらに帯同しないことが多く、彼女が登場しない回もある。