コヒーレントポテンシャル近似

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

コヒーレントポテンシャル近似(コヒーレントポテンシャルきんじ、: coherent potential approximationCPA) は1967年に P. Soven[1]が考案したバンド計算手法のことである。

ポテンシャルがランダムな系(例:不規則二元合金、原理上三元以上でも計算可能)の電子状態を計算するための手法であり、電子散乱理論を基にして電子状態を求める KKR-CPA法[2]が最もよく使われる。これは、KKR法をランダムな系に対応させるためCPAを導入したものである。

他に、タイトバインディング法によるCPA(TB-CPA)もある。

参考文献

  1. ^ P. Soven, Phys. Rev. 156 (1967) 809.
  2. ^ H. Ehrenreich and L. M. Schwartz, in Solid State Physics, edited by H. Ehrenreich, F. Seitz, and D. Turnbull (Academic, New York, 1976), Vol. 31, p. 149

関連項目