コピラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

コピラス(COPILAS)は、任天堂が1971年に発売した簡易複写機である。任天堂公式サイト内に記述が全く無いなど資料不足のため詳細は不明である。

概要[編集]

原理としては、一般的に言われる「青焼きコピー(ジアゾ式複写機)」と呼ばれるものを小型化したものといわれており、原紙と複写用の紙(感光紙)を密着して紫外線を当てて感光させて複写紙に残ったジアゾ化合物(文字の部分)を現像し発色させるタイプのものであるとされていた。この青焼きコピーは構造が単純で安く作れること、コピー代も安くすむことが長所であった。一方で、感光紙にコピーし、さらに現像液に漬けて乾かすため、1枚コピーするのに1分は掛かり[1]、さらに長時間保存することが出来ないと言う致命的な欠点があった。

上位機種として1972年に改良版の「コピラスドライ」、カラーによる両面印刷が可能になった「フォトコピラス」、1973年にオフィス向けモデルの「コピラスST」が発売された。

任天堂は実用品の市場参入を目指して、このコピラスを9800円という当時としては破格の安さで販売した。上記の通り性能は低かったが、安いので何とかなるだろうと思っていたようである。しかし、人々がコピー機に求めていたものは「綺麗に複写できること」であり[要出典]、任天堂のこのコピー機はたちまち返品の嵐となり、本社の倉庫には在庫の山が出来てしまった[要出典]

コピラスの戦略は失敗してオイルショックによる「レーザークレー射撃場」の失敗もあり、任天堂は多額の借金を抱えることになった。この借金をすべて返済するのは、任天堂が娯楽一本に回帰して後に発売した「ファミコン」の発売後のことである。

コピラスは、このように商業面では大失敗に終わったが、そこまで高品質な複写を必要としない町内会の活動や、大学生のサークル活動同人誌等を作るグループ[1]では、コピー機本体とコピー代の安さが受け重宝したと言われている。

任天堂は、この時期にコピラスや光線銃シリーズ、さらに家庭用のわたあめ製造器の製造等を通してエレクトロニクス関係のノウハウを拾得する努力を社内一丸となって行っており、そのことが「ゲーム&ウオッチ」や「ファミコン」の成功につながったとも言われている。

ニンテンドードリーム』2013年2月号の付録「任天堂プロダクトカタログ」に情報が記載されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 霜月たかなか『コミックマーケット創世記』 pp.67-68
  2. ^ ニンテンドードリーム編集部のツイート

関連項目[編集]