コミカライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コミカライズ(comicalize)は、映画テレビ脚本小説などをマンガに仕立てること。漫画化。

小説化を意味するノベライズ(novelize)にちなんだ、comic+novelizeからの和製語

歴史[編集]

少なくとも1950年代の時点で、漫画以外の分野の作品の漫画化が行われており、1953年には杉浦茂により小説「モヒカン族の最後」の漫画化が行われ、翌1954年には映画「ゴジラ」の漫画化が複数の作者により行われている。

また、1954年12月創刊の少女雑誌「なかよし」は、「名作まんが物語」が付録となっており、 そこで小公女ああ無情などの小説の漫画化が行われている[1]

その後、メディアミックスが商業的に成功すると、漫画もその一端を担うようになり、漫画化される作品は増加する。

「コミカライズ」という言葉自体が初めて新聞に登場したのは、2004年11月24日読売新聞夕刊の書評欄とされている[2]

漫画化の例[編集]

小説が原作[編集]

ライトノベルが原作[編集]

数多くのライトノベル作品が漫画化されている。

テレビが原作[編集]

アニメが原作[編集]

ゲームが原作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ "なかよしふろく1955-1959". 少女漫画 ふろくの花園. 2020年6月23日閲覧
  2. ^ すがやみつる (2019-01-20). "『コミカライズ魂』〈はじめに コミカライズって何だ?〉". note. 2020年6月23日閲覧

関連項目[編集]