コミックトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コミックトム』は、潮出版社が発行していた月刊漫画雑誌1965年に「希望の友」として創刊、1978年に「少年ワールド」、1980年に「コミックトム」、1998年に「コミックトムプラス」と改題を続けたが、2001年に休刊。

2012年8月、WEBコミックトムの名でウェブコミック配信サイトとして再開。かつての連載作品の再刊と並行しつつ、新作の掲載も行っている。

概要[編集]

発行元の潮出版社は創価学会系列であるが、「希望の友」時代の連載作品である芝城太郎四条金吾』(日蓮の弟子となった鎌倉幕府御家人が主人公)や、北野英明『牧口先生』(創価教育学会の創立者・牧口常三郎の伝記漫画)など少数の例外を除いては、創価学会の布教的な意図を持った作品はほとんどない。創価学会員の執筆者も、聖教新聞社との掛け持ちだったみなもと太郎芝しってる堀田あきおなど、ごく少数に留まっていた。

連載作品の漫画単行本は、おおむね同出版社による希望コミックスおよび関連レーベル(潮漫画文庫、KIBO COMICS カジュアルワイド SPECIAL、など)から出版され、いくつかのタイトルは休刊後も販売が続いている。

1967年から「希望ライフ」「希望の友」で『水滸伝』を連載していた横山光輝は、1971年から引き続き『三国志』を15年の長期にわたり連載。1975年に発行された横山光輝『三国志』単行本巻末の「希望の友」の広告には「予約注文制」「お手数でも書店に定期購読のお申し込みを」という漫画雑誌としては異例の文字が見られた。『三国志』完結後も『項羽と劉邦』『殷周伝説』を連載したが、『殷周伝説』完結と横山の体調悪化が休刊の理由となった。

手塚治虫も『ブッダ』『ルードウィヒ・B』を連載。『ルードウィヒ・B』は手塚の絶筆作品のひとつである。

藤子・F・不二雄は、『ポコニャン』を「希望の友」に、『T・Pぼん』を「少年ワールド」「コミックトム」に掲載したが、『T・Pぼん』は藤子Fの死去により未完となった。また、藤子不二雄Aも『パーマンの指定席』という映画エッセイを長期連載していた。

石ノ森章太郎は『変身忍者 嵐』を「希望の友」に掲載していた。みなもと太郎の『風雲児たち』も「少年ワールド」時代より掲載開始。著名作家を集めての『宮沢賢治漫画館』というシリーズもある。また、眉村卓の小説「時空の旅人」(連載時のタイトルは「とらえられたスクールバス」)が連載されていた。

星野之宣諸星大二郎坂口尚安彦良和山岸凉子坂田靖子倉多江美らのSF・伝奇・歴史漫画をはじめとしてマニアックな作品群を擁しており、双葉社「アクション・ヒーロー」休刊後の1980年代後半からは数少ない長編漫画専門誌となっていた。特に長期連載の歴史漫画が多いことが特徴で、10年以上に渡る長期連載も多かったが、『三国志』の官渡の戦い前後、『風雲児たち』の19世紀前半など、編集部側の都合で端折られた箇所も存在する。

また、『T・Pぼん』『石の花』『虹色のトロツキー』など、80年代以降のマニアックな歴史漫画では、本誌記事や単行本解説・インタビューなどで浮田信行という担当編集者の存在が言及されている。浮田は後に編集長となり、休刊後も2017年まで潮出版社に在籍していた。

『WEBコミックトム』連載漫画[編集]

雑誌時代の主な連載漫画(『希望の友』『少年ワールド』時代含む)[編集]