コモ (製パン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社コモ[1]
COMO Co., Ltd.
Como Headquarter 20160831.jpg
本社(2016年8月)
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2224
1997年12月上場
名証2部 2224
2019年2月6日上場
本社所在地 日本の旗 日本
485-0082[1]
愛知県小牧市大字村中字下之坪505番地の1[1]
北緯35度18分0.4秒
東経136度54分28.8秒
座標: 北緯35度18分0.4秒 東経136度54分28.8秒
コモ (製パン)の位置(愛知県内)
コモ (製パン)
設立 1984年昭和59年)6月18日[1]
業種 食料品
法人番号 1180001075799
事業内容 パン菓子の製造販売など
代表者 代表取締役社長 木下 克己
資本金 2億22百万円(2015年3月31日現在)[広報 1]
発行済株式総数 363万株[広報 1]
売上高 連結 55億08百万円
(2015年3月期)[広報 1]
純資産 連結 8億87百万円
(2015年3月31日現在)[広報 1]
総資産 連結 42億74百万円
(2015年3月31日現在)[広報 1]
従業員数 218名(2015年3月31日現在)[広報 1]
決算期 3月31日
主要株主 舟橋 一輝 4.32%
舟橋 康太 4.32%
株式会社富士エコー 4.13%
(2015年3月31日)[広報 1]
主要子会社 コモサポート(株) 100%[広報 1]
外部リンク http://www.como.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社コモ: COMO Co., Ltd. )は、愛知県小牧市に本社を置く製パンメーカー[1]

概要[編集]

コモパンはパネットーネ種を長時間熟成発酵させる独自の製法により、水分含有量が20~25%と少なく水分活性も低いため、保存料無添加でもカビなどの微生物が増殖しにくくなっている。そのため、賞味期間も35日~180日と長く、駅の売店やパンの自動販売機などで販売されている。

社名の由来は、イタリアにあるコモ湖と、communicationとmoreという英単語からきている[広報 2]

沿革[編集]

  • 1984年昭和59年)6月18日 - 株式会社コモ設立[1]。愛知県小牧市に本社工場竣工、中部営業所を設置[広報 1]
  • 1987年(昭和62年) - 埼玉県八潮市に東京営業所を設置[広報 1]
  • 1994年平成6年) - 大阪府吹田市に大阪営業所を設置[広報 1]
  • 1997年(平成9年) - 福岡市東区に九州営業所を設置。日本証券業協会に株式を店頭登録[広報 1]
  • 1999年(平成6年) - 東京都中央区に東京営業所を移転[広報 1]
  • 2001年(平成13年) - 神奈川県横浜市に横浜営業所を設置[広報 1]
  • 2003年(平成15年) - 埼玉県草加市に東京営業所を移転[広報 1]
  • 2004年(平成16年) - 大阪府東大阪市に大阪営業所を移転。日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場[広報 1]
  • 2005年(平成17年) - 東京、横浜両営業所を統合し、東京都江東区に新「東京営業所」を開設[広報 1]
  • 2014年(平成26年) - 東京営業所を千葉県浦安市に移転[広報 1]
  • 2019年(平成31年) - 名古屋証券取引所第二部に株式を上場[広報 3]

事業所[編集]

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 640 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 平成27年3月期 有価証券報告書”. EDINET. 2015年7月26日閲覧。
  2. ^ 会社情報:ごあいさつ[株式会社コモ]
  3. ^ 名古屋証券取引所市場第二部上場承認に関するお知らせ”. 株式会社コモ. 2019年2月8日閲覧。
  4. ^ a b c 会社概要”. 株式会社コモ. 2015年7月26日閲覧。