コラアゲンはいごうまん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コラアゲンはいごうまん1969年9月29日 - )は、日本ピン芸人。本名、森田 嘉宏(もりた よしひろ)[1]

コラアゲンはいごうまん
本名 森田 嘉宏
生年月日 (1969-09-29) 1969年9月29日(49歳)
出身地 京都府京都市
血液型 A型
身長 168cm
言語 日本語
師匠 オール巨人
出身 吉本総合芸能学院(7期)
芸風 漫談
事務所 WAHAHA商店
活動時期 1988年 -
同期 雨上がり決死隊宮迫博之蛍原徹
配偶者 既婚
受賞歴
1995年 第25回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞(I少年D時代)

人物[編集]

京都府京都市出身。WAHAHA商店所属。身長168cm。血液型はA型。大阪NSC7期生。元相方は雨上がり決死隊蛍原徹[2]

来歴[編集]

料理人である父と母の間に次男として生まれる。教育熱心であった父からは京都大学への進学を期待され、中高一貫の進学校に入学したが、勉強について行けず落ちこぼれた。16歳の時、落ちこぼれた嘉宏と、同時期に大学受験に失敗した兄を憂い、父は酒を飲み暴れ「皆殺しや」と包丁を振り上げた際に、身を挺した母の手の甲に包丁が刺さり、母は泡を吹いて倒れてしまう。この悲惨なエピソード(通称「リアルなまはげ事件」)を、ネタにして友達に話したとき、思わず笑いがあがった。笑ってもらった時に、気持ちが楽になり、その感覚が「芸人的な思想」であることを感じ、お笑いの道へ踏み込んだ。

1988年、NSC(吉本総合芸能学院)に入学[2]。NSC時代に蛍原徹(後の雨上がり決死隊)と「メンズホワイト」というコンビを組むも、卒業後に方向性の違いから解散。吉本興業に所属し、オール巨人の二番弟子(1989年6月 - 1990年8月)となる。その後、弟子修行を終え、NSC同期生で当時NGK(なんばグランド花月)の進行係をしていた大塚修司と1990年9月に「電光石火」を結成、早い段階でNGKなどの舞台に出演していた。1993年3月に「電光石火」解散、同年4月に「I少年D」を結成。1995年に第25回NHK上方漫才コンテストで優秀賞を受賞するも、同年9月に「I少年D」を解散し、1999年にフリーとなり上京。吉本興業の社員に「顔も名前も地味」と評されたこともあり、上京を機に芸名を「コラーゲン配合マン」に改める[1]

上京後はあらゆるオーディションを受けるも落選が続いたが、2001年喰始と出会い、唯一真摯なアドバイスを受ける。「売れることは無理でも、唯一無二の芸をやればお笑いで食べていける」と説かれ、喰の指令の下、さまざまな取材を重ねながらその経験を話すという現在の芸風を確立。2003年4月より猫ひろしらと共に、WAHAHA商店に参加。2005年、喰とその知人の姓名判断鑑定士の助言により、芸名を現在の「コラアゲンはいごうまん」に改める[1]

2015年5月11日、ライブ中に観客席にいた交際中の一般女性にプロポーズし、受諾され婚約[3]、のち結婚[2]

2017年7月29日、初期の大腸癌罹患の告知を受ける。このことは同年12月の東京単独ライブのサブタイトルにて初めて明かされた[4]

芸風[編集]

  • ノンフィクションスタンダップコメディ、あるいは体験ノンフィクション・スタンダップと称して自分の体験を長時間たたみかけるようにひたすら語り続けるという、短い尺で笑わせなければならないテレビでは使いづらいと本人も断言する芸を持ちネタとしており、極めてテレビでは露出が少ない。だが、そのスタイルを変える事なく全国をライブで回る地道な活動を続けている。
  • ネタは200本以上を数える。最初に出来たネタは、相田みつを美術館を訪れた体験談[1][2]
  • 体当たりの取材がネタの源泉であるが、自身は極度の人見知り[1]
  • そのネタは、瞬発力や感覚的、更には極めて表面的な笑いを基軸をする芸が主流の昨今のお笑い界においては異端ともいえる。これはWAHAHA本舗社長の喰始から与えられる「普通ではない」テーマをもとに、リサーチと取材を繰り返し、そこで出会った人々との交流を語るという、一筋縄ではいかない経験談の数々が彼の漫談のトピックとなっていることに起因する。こうしたことから、お笑いであるにも関わらず涙を誘い、感動できたり、また採り上げられたトピックに関して考え始めるきっかけとなるような内容であることもしばしばある。[独自研究?]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

Vシネマ[編集]

  • なにわ極楽会館

CM[編集]

作品[編集]

DVD[編集]

  • コラアゲンはいごうまん 実録・体験ノンフィクション漫談(ハピネット、2012年9月4日)
  • コラアゲンはいごうまん 実録・体験ノンフィクション漫談 <弐>(ハピネット、2012年12月21日)

著書[編集]

  • コレ、嘘みたいやけど全部ホンマの話やねん(幻冬舎、2016年5月12日)ISBN 9784344029361

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 水崎泰臣 (2012年10月7日). “テレビに向かないおもしろさ - ノンフィクション漫談芸人・コラアゲンはいごうまんが挑み続けた200超の実体験”. マイナビニュース. 2019年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 「底辺芸人」が唯一無二の役目を見つけるまで コラアゲンはいごうまんの"巡業人生"”. 東洋経済オンライン (2017年12月6日). 2019年4月9日閲覧。
  3. ^ コラアゲンはいごうまんがライブ中に公開プロポーズ!一般女性と婚約”. お笑いナタリー (2015年5月12日). 2019年4月9日閲覧。
  4. ^ 東京独演会告知”. コラアゲンはいごうまんの『僕の細道』ブログ (2017年11月9日). 2019年4月9日閲覧。