コラード・ファビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
コラード・ファビ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ミラノ
生年月日 (1961-04-12) 1961年4月12日(59歳)
F1での経歴
活動時期 1983-1984
所属チーム '83 オゼッラ
'84 ブラバム
出走回数 18 (12スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1983年ブラジルGP
最終戦 1984年ダラスGP
テンプレートを表示

コラード・ファビCorrado Fabi, 1961年4月12日 - )は、イタリアミラノ出身の元レーシングドライバー。元F1ドライバーのテオ・ファビは兄。

経歴[編集]

活動初期[編集]

1981年ヨーロッパF2選手権に参戦。1982年にシリーズチャンピオンに輝く。

F1参戦・その後[編集]

コラード・ファビ(1984年ダラスグランプリ

1983年開幕戦ブラジルGPにてイタリアの小規模チームであるオゼッラからF1デビュー。チームメイトはピエルカルロ・ギンザーニアルファロメオ製V12エンジン搭載とオール・イタリアン体制でのF1参戦であったが、資金不足のためニューマシンはギンザーニの乗る1台しか用意できず、ファビは旧型マシンであるフォードDFVエンジン搭載車FA1Dを第8戦カナダGPまで使い続けた。マシンの戦闘力も低かったため予選落ちを6回喫するなど結果を残せなかったが、レースでは(第11戦オーストリアGPなど)ギンザーニを上まわる走りを見せた。

1984年は兄テオがCARTシリーズとF1の日程が被る際に代役としてブラバムからF1参戦。第9戦ダラスGPでは自己最高の7位完走するが、結局このレースが最後のF1出走となった。同年後半はフォーサイス・レーシングからCARTシリーズに参戦するが、父親が亡くなり、家業を継ぐためレーサーを引退した[1]

レース成績[編集]

ヨーロッパ・フォーミュラ2選手権[編集]

チーム シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
1981年 マルボーロ ロロイル・レーシング マーチ・812 BMW SIL
3
HOC
Ret
THR
Ret
NÜR
3
VAL
4
MUG
1
PAU
Ret
PER
Ret
SPA
4
DON
2
MIS
Ret
MAN
7
5位 29
1982年 ロロイル・レーシング マーチ・822 SIL
Ret
HOC
3
THR
Ret
NÜR
2
MUG
1
VAL
1
PAU
Ret
SPA
5
HOC
1
DON
1
MAN
Ret
PER
Ret
MIS
1
1位 57

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1983年 オゼッラ FA1D BRA
Ret
USW
DNQ
FRA
Ret
SMR
Ret
MON
DNQ
BEL
Ret
DET
DNQ
CAN
Ret
NC
(27位)
0
FA1E GBR
DNQ
GER
DNQ
AUT
10
NED
11
ITA
Ret
EUR
DNQ
RSA
Ret
1984年 MRD インターナショナル (ブラバム) BT53 BRA RSA BEL SMR FRA MON
Ret
CAN
Ret
DET DAL
7
GBR GER AUT NED ITA EUR POR NC
(24位)
0

(key)

脚注[編集]

  1. ^ #外部リンク Grandprix.com、2011年11月6日閲覧。

関連項目[編集]