コリントのライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

コリントのライス英語: Lais of Corinthfl. 紀元前425年)は、おそらくはコリント出身の、紀元前5世紀古代ギリシアの高級娼婦、ヘタイラ。後の時代の同じ名の娼婦として、紀元前4世紀ヒュッカラのライスがいる。古代から、伝聞に基づく間接的な記述において、彼女たちふたりはしばしば混同され、また、いずれに言及しているのか判然としないままとされるなど、ふたりは密接に結び付けられてきた。コリントのライスは、ペロポネソス戦争の時代に生き、当時最も美しい女性であったとされる。彼女の顧客には、哲学者のアリスティッポス(彼の著作とされるもののうち2作はライスについて書かれたものだという)や、古代オリンピックスタディオン走のチャンピオンだったキュレネのユーボタスなども含まれていた。

脚注[編集]

関連項目[編集]