コリン・スレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Colin Slade 2011.jpg

コリン・スレイドColin Slade 1987年10月10日 - )は、ニュージーランド出身のラグビー選手。ポジションはファースト・ファイブ・エイスフルバックウィング

人物[編集]

1987年10月10日、ニュージーランド、クライストチャーチで生まれる。
身長183cm、体重90kg。

キャリア[編集]

クライストチャーチボーイズハイスクール卒業後、カンタベリー大学に進学。大学在学中にラグビー19歳以下ニュージーランド代表、21歳以下代表に選出される。
2008年ニュージーランド州代表選手権エアニュージーランドカップ(現ITM CUP)のカンタベリー州代表チームに入る。州代表初シーズンながらも、ダニエル・カーターやスティーヴン・ブレットの代わりとして活躍し、優勝に貢献。

2009年、スーパー14(現スーパーラグビー)のクルセイダーズに入り、ウィングとして出場する。同年のエアニュージーランドカップではフルバックとして出場。
2009年にジュニア・オールブラックスに選出、IRBパシフィック・ネイションズ・カップに出場する。この大会での活躍で、オールブラックスのトレーニンググループに呼ばれる。

2010年のスーパー14ではフルバックとして出場、ストーマーズ戦でスーパーラグビー初トライ。同年、ダニエル・カーターの負傷により、オールブラックスに招集され、オーストラリア戦に後半から出場、代表デビュー。
この年のITM CUPではファースト・ファイブとして出場、カンタベリー3連覇に貢献する。

2011年、スーパーラグビーのハイランダーズに移籍、プレシーズンマッチで顎を骨折、2ヵ月後に復帰するも、ふたたび顎を骨折し、このシーズンは2試合の出場のみとなった。
負傷したダニエル・カーターの代役として同年のラグビーワールドカップにも出場したが、対アルゼンチンの試合で彼も負傷し、後の試合は出場を果たせなかった。

2012年3月のスーパーラグビーの試合で足首を骨折し、この年もシーズンの残りは欠場となった。

ハンドリング、キック、ランニング能力は定評があり、元オールブラックス、クルセイダーズのアンドリュー・マーテンズを彷彿とさせる。

関連項目[編集]

リンク[編集]