コリン・マクヒュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • コリン・マキュー
コリン・マクヒュー
Collin McHugh
ヒューストン・アストロズ #31
Collin McHugh in 2017.jpg
ヒューストン・アストロズ時代
(2017年7月22日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ネイパービル
生年月日 (1987-06-19) 1987年6月19日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト18巡目(全体554位)でニューヨーク・メッツから指名
初出場 2012年8月23日 コロラド・ロッキーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

コリン・アレクサンダー・マクヒューCollin Alexander McHugh, 英語発音: [ˈkɑlɪn ˌælɪgˈzændɚ məˈkju][1]; 1987年6月19日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州ネイパービル出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はMLBヒューストン・アストロズに所属。

愛称はスナップ・ドラゴン2[2]

経歴[編集]

メッツ時代[編集]

ニューヨーク・メッツ時代
(2012年8月23日)

2008年MLBドラフトニューヨーク・メッツから18巡目(全体554位)指名され、6月8日に入団。ルーキー級キングスポート・メッツで12試合に登板し0勝0敗1セーブ、防御率4.17だった。

2009年はA-級ブルックリン・サイクロンズで14試合に登板し8勝2敗、防御率2.76だった。

2010年はA級サバンナ・サンドナッツで28試合に登板し7勝8敗1セーブ、防御率3.33だった。

2011年はA+級セントルーシー・メッツで開幕を迎え、9試合に登板し1勝2敗1セーブ、防御率6.31だった。5月にAA級ビンガムトン・メッツへ昇格。18試合に登板し8勝2敗2セーブ、防御率2.89だった。

2012年はAA級ビンガムトンで開幕を迎え、12試合に登板し5勝5敗、防御率2.41だった。6月にAAA級バッファロー・バイソンズへ昇格。13試合に登板し2勝4敗、防御率3.42だった。8月22日にメジャー初昇格を果たし、8月23日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビュー。先発起用され、7回を2安打無失点1四球9奪三振と完璧な内容だったが、援護がなく勝ち星は付かなかった[3]。この年は8試合に登板し0勝4敗、防御率7.59だった。

2013年はAAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎え、5月14日にメジャー昇格。3試合に登板し0勝1敗、防御率10.29だった。6月8日にAAA級へ降格し[4]、6月15日にDFAとなった[5]

ロッキーズ時代[編集]

2013年6月18日にエリック・ヤング・ジュニアとのトレードでロッキーズへ移籍[6]。4試合に登板し0勝3敗、防御率9.95だった。12月16日にDFAとなった[7]

アストロズ時代[編集]

2013年12月18日にウェーバーヒューストン・アストロズへ移籍した[8]

2014年はAAA級オクラホマシティ・レッドホークスで開幕を迎え、4月22日にメジャーへ昇格した。メジャー昇格後は、先発ローテーションに定着。1試合目でいきなり12奪三振を記録し、メジャー初勝利を記録。9月にはルーキー・オブ・ザ・マンスも受賞。これは、球団史上4人目である[9]。25試合に登板し、2桁勝利 (11勝) を記録。防御率2.73・WHIP1.02という好成績をマーク、また投球回を超える奪三振を記録するなど、大ブレークを果たした。

2015年は先発として32試合に投げてチーム2位[10]となる203.2投球回を記録。完投はなかったが、防御率3.89・19勝 (ア・リーグ2位) 7敗・171奪三振という好成績を残し、ダラス・カイケルに次ぐ準エース格として投手陣牽引の一役を担った。奪三振率は低下したものの、その分ゴロアウトが増加し、31補殺は投手としてカイケルに次ぐリーグ2位だった。

2016年は先発として33試合に登板して3年連続2桁勝利となる13勝10敗という成績を記録。ただ、2ケタ敗戦は自身初であり、防御率4.34も150投球回以上に投げたシーズンでは自己ワーストと、やや調子を落としたシーズンだった。守備面では無失策と堅実だった。

2017年は肘の故障で出遅れ、シーズン初登板が7月22日オリオールズ戦となった[11]。結果連続2桁勝利・規定投球回到達は途切れたが、12試合先発で5勝2敗・防御率3.55と少ない登板の中で一定の成績を残した。

2018年は開幕前にゲリット・コールトレードで獲得したことにより先発6番手に下がり、リリーフとして開幕した。結果この年は全てリリーフで58試合に投げ、6勝2敗・防御率1.99・WHIP0.91という好成績を挙げた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 NYM 8 4 0 0 0 0 4 0 0 .000 99 21.1 27 5 8 2 2 17 0 0 21 18 7.59 1.64
2013 3 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 34 7.0 12 2 3 0 0 3 0 0 8 8 10.29 2.14
COL 4 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 91 19.0 33 4 2 0 0 8 0 0 21 21 9.95 1.84
'13計 7 5 0 0 0 0 4 0 0 .000 125 26.0 45 6 5 0 0 11 0 0 29 29 10.04 1.92
2014 HOU 25 25 0 0 0 11 9 0 0 .550 619 154.2 117 13 41 1 6 157 6 0 53 47 2.73 1.02
2015 32 32 0 0 0 19 7 0 0 .731 859 203.2 207 19 53 2 9 171 5 0 89 88 3.89 1.28
2016 33 33 1 0 0 13 10 0 0 .565 796 184.2 206 25 54 1 5 177 9 0 92 89 4.34 1.41
2017 12 12 0 0 0 5 2 0 0 .714 271 63.1 62 7 20 0 5 62 4 0 27 25 3.55 1.30
2018 58 0 0 0 0 6 2 0 12 .750 283 72.1 45 6 21 0 5 94 0 0 18 16 1.99 0.91
MLB:7年 175 111 1 0 0 54 38 0 0 .587 3052 726.0 709 81 202 6 32 689 24 0 329 312 3.87 1.25
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 36 (2012年 - 2013年途中)
  • 43 (2013年途中 - 同年終了)
  • 31 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ Astros Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月2日閲覧
  3. ^ McHugh's sensational debut goes unrewarded MLB.com
  4. ^ Mets Call Up Aardsma, Send Down McHugh CBS New York
  5. ^ Mets call up Carlos Torres, DFA Collin McHugh NY Daily News
  6. ^ Rockies send Young to Mets for right-hander McHugh MLB.com
  7. ^ Rockies Designate Collin McHugh For Assignment MLB Trade Rumors
  8. ^ Astros claim McHugh off waivers from Rockies MLB.com
  9. ^ McHugh named AL Rookie of the Month
  10. ^ 2015 Houston Astros Pitching Statistics - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年11月1日閲覧。
  11. ^ McHugh encouraged by season debutMLB.com (英語) (2017年7月23日) 2017年11月1日閲覧

関連項目[編集]