コルセール・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
コルセール・インターナショナル
IATA
SS
ICAO
CRL
コールサイン
CORSAIR
設立 1981年5月17日 (Corse Air International として)
ハブ空港 パリ・オルリー空港
航空連合 TUI AG
親会社 TUIグループ
保有機材数 4
就航地 14都市
本拠地 フランス共和国ランジス
代表者 Hervé Pierret
外部リンク http://www.corsair.fr/
テンプレートを表示

コルセール・インターナショナル (Corsair International) はフランス航空会社

概要[編集]

ボーイング747-300型機 (初代塗装・現在は退役済み)
ボーイング747-400型機 (2代目塗装)
エアバスA330-300型機(現行塗装)

一般的にはコルセール(Corsair)として知られている。定期運航便およびチャーター便を運航しており、チャーター便のほとんどはフランスの旅行代理店であるヌーベル・フロンティエール社によって運航されている。ヨーロッパフランスの海外県ならびに海外地域圏(グアドループマルティニークギュイヤンヌ・フランセーズレユニオン)、アフリカ北アメリカ東南アジアの60都市以上にチャーター便を運航している。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

歴史[編集]

コルシカ航空(Corse Air International)として1981年に創設、同年5月17日より運航を開始。

コルシカのロッシ家により創設され、1990年に旅行代理店のヌーベル・フロンティエール社に買収され、「コルセール(Corsair)」と名称が変更された。1991年、国際運航権を収得。2000年よりTUIグループの傘下となる。2005年にTUIグループがTUIflyと名称変更したのに伴い、「コルセールフライ(Corsairfly)」と名称変更された

2010年5月27日、近代化を目的とした計画「テイクオフ2012」を発表。25%の人員削減、保有機材の更新(3機のボーイング747-400を2機のエアバスA330で代替)及び全機材の客室改修、路線の統合・廃止を主とするものである。

2012年3月22日、コルセールフライからコルセール・インターナショナルへ社名変更することを発表。同時に新CI・新塗装も発表された。

2020年6月15日、保有しているB747-400を全機退役。A330-200/300に統一された。2021年からは既存A330-200/300の後継機としてA330-900(A330neo)を導入開始、将来的には同機に統一される予定である。

運航機材[編集]

現在(2021年4月現在)
コルセール・インターナショナル保有機材
機種 保有数 発注 乗客数 備考
J Y
合計
エアバスA330-900neo 1 5 不明 352 -200-300を順次更新
エアバスA330-200 1 26 278 304
エアバスA330-300 4 26 334 360
Total 6
退役機種

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。