コルチコステロイド側鎖イソメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
コルチコステロイド側鎖イソメラーゼ
識別子
EC番号 5.3.1.21
CAS登録番号 75139-73-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

コルチコステロイド側鎖イソメラーゼ(Corticosteroid side-chain-isomerase、EC 5.3.1.21)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

11-デオキシコルチコステロン\rightleftharpoons 20-ヒドロキシ-3-オキソプレン-4-エン-21-オール

従って、この酵素の基質は11-デオキシコルチコステロン、生成物は20-ヒドロキシ-3-オキソプレン-4-エン-21-オールである。

この酵素は異性化酵素、特にアルドースケトースに変換する分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、11-デオキシコルチコステロン アルドース-ケトース-イソメラーゼ(11-deoxycorticosterone aldose-ketose-isomerase)である。

出典[編集]

  • Martin KO, Oh SW, Lee HJ, Monder C (1977). “Studies on 21-3H-labeled corticosteroids: evidence for isomerization of the ketol side chain of 11-deoxycorticosterone by a hamster liver enzyme”. Biochemistry. 16 (17): 3803–9. doi:10.1021/bi00636a013. PMID 901753. 
  • Monder C, Martin KO, Bogumil J (1980). “Presence of epimerase activity in hamster liver corticosteroid side chain isomerase”. J. Biol. Chem. 255 (15): 7192–8. PMID 7391077.