コルチコステロン-18-モノオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
コルチコステロン-18-モノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.15.5
CAS登録番号 37256-75-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

コルチコステロン-18-モノオキシゲナーゼ(corticosterone 18-monooxygenase)は、ステロイドホルモン生合成酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

コルチコステロン + 還元型アドレナルフェレドキシン + O2 \rightleftharpoons 18-ヒドロキシコルチコステロン + 酸化型アドレナルフェレドキシン + H2O

この酵素の基質コルチコステロン、還元型アドレナルフェレドキシンとO2で、生成物は18-ヒドロキシコルチコステロン、酸化型アドレナルフェレドキシンとH2Oである。

組織名はcorticosterone,reduced-adrenal-ferredoxin:oxygen oxidoreductase (18-hydroxylating)で、別名にcorticosterone 18-hydroxylase、corticosterone methyl oxidaseがある。

参考文献

今日は何の日(1月22日

もっと見る

「コルチコステロン-18-モノオキシゲナーゼ」のQ&A