コルピッツ発振回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コルピッツ発振回路の図式的な回路図

コルピッツ発振回路(コルピッツはっしんかいろ、: Colpitts oscillator)は、LC発振回路の一種。

概要[編集]

コルピッツ発振回路は1918年にEdwin Henry Colpittsによって考案された発振回路で能動素子と2個のコンデンサの直列合成容量とコイルのインダクタンスによって発振周波数が決まる[1]

フィードバック回路が発振するためには帰還される信号の位相が入力と同じ位相であり、かつ帰還される信号が入力した信号よりも大きい(帰還ゲインが1以上)という条件を満たす必要がある。

コルピッツ発振回路の利点は次の通り。

利用[編集]

コルピッツ発振回路を改良したクラップ発振回路とともに,数MHz以上の比較的高い周波数帯の発振回路として使用される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 福田 務; 向坂 栄夫; 栗原 豊. 絵ときトランジスタ回路. オーム社. ISBN 9784274129049. 

脚注[編集]