コルム・オドノヒュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コルム・オドノヒュー
Colm-O'Donoghue20101128.jpg
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
出身地 アイルランド
生年月日 (1980-11-13) 1980年11月13日(38歳)
身長 157cm
体重 54kg
血液型 O型
騎手情報
初免許年 1997年
免許区分 平地
テンプレートを表示

コルム・オドノヒュー(Colm O'Donoghue、1980年11月13日-)は、アイルランド出身の競馬騎手である。

日本語では「コルム・オドノビュー」と称されることもある。

略歴[編集]

1997年に騎手デビューを果たす。見習騎手時代よりエイダン・オブライエン厩舎に所属し、見習騎手で無くなった後も同厩舎の主戦騎手の1人となっている。

同年6月24日のレースでマイロレインに騎乗して初勝利を挙げる。以後徐々に活躍をする様になり、1999年頃より他厩舎の陣営からも騎乗依頼が来る様になった。

2001年には23勝を挙げた。翌2002年カラ競馬場で開催されたフェニックスステークスでスパルタクスに騎乗し1着となりG1初勝利を挙げた。その後G1勝利から暫く遠ざかったが、2007年プール・デッセ・デ・プーランでアストロノマーロイヤルに騎乗して1着。G12勝目となった。いずれもオブライエン厩舎の所属馬であった。

その後は2009年クリテリウム・アンテルナシオナルでジャンフェルメールに騎乗して勝利。翌2010年にはジョジュアツリーでカナディアンインターナショナルステークスを制覇した。その翌年の2011年にもアイリッシュダービーでトレジャービーチに騎乗して優勝し、同年にはこの他にもセクレタリアトステークスクイーンエリザベス2世チャレンジカップステークスも制覇した。また同年には短期免許制度を活用して日本でも騎乗している。

2018年にはアルファセントーリとのコンビで愛1000ギニーコロネーションステークスファルマスステークスジャックルマロワ賞を制するなど欧州競馬を沸かせた。

2018年11月4日、アルゼンチン共和国杯パフォーマプロミスで制してJRA重賞初制覇。

主な騎乗馬[編集]

参考文献・出典[編集]

関連項目[編集]