コロプラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社コロプラ
COLOPL,Inc.
Yebisu Garden Place Tower 2012.jpg
本社が入居する恵比寿ガーデンプレイスタワー
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証1部 3668
2012年12月13日上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-6032
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号
恵比寿ガーデンプレイスタワー11階
北緯35度38分32.6秒 東経139度42分50秒 / 北緯35.642389度 東経139.71389度 / 35.642389; 139.71389座標: 北緯35度38分32.6秒 東経139度42分50秒 / 北緯35.642389度 東経139.71389度 / 35.642389; 139.71389
設立 2008年10月1日
業種 情報・通信業
法人番号 7011001059638 ウィキデータを編集
事業内容 位置情報ゲームプラットフォーム及びスマートフォン特化型アプリの開発・運営、リアル連携サービスの提供
代表者 馬場功淳代表取締役社長
資本金 65億3600万円
(2020年9月30日現在)[1]
発行済株式総数 1億2960万7536株
(2020年9月30日現在)[1]
売上高 連結: 451億2800万円
単独: 390億6100万円
(2020年9月期)[1]
営業利益 連結: 122億5000万円
単独: 116億2200万円
(2020年9月期)[1]
経常利益 連結: 117億9000万円
単独: 110億4500万円
(2020年9月期)[1]
純利益 連結: 79億7700万円
単独: 73億4600万円
(2020年9月期)[1]
純資産 連結: 757億7900万円
単独: 753億8200万円
(2020年9月期)[1]
総資産 連結: 858億3300万円
単独: 842億7000万円
(2020年9月期)[1]
従業員数 連結: 1,565[95]人
単独: 954[41]人
(2020年9月30日現在)[1]
決算期 9月30日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ[1]
主要株主 馬場功淳 48.33%
日本カストディ銀行(信託口)6.87%
THE BANK OF NEW YORK MELLON 140051 5.88%
THE BANK OF NEW YORK 133612 2.27%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 2.03%
KDDI 1.99%
日本カストディ銀行(信託口5) 1.05%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505103 0.78%
石原慎也 0.57%
日本カストディ銀行(信託口6) 0.56%
(2020年9月30日現在)[1]
主要子会社 MAGES.
エイティング
インディゴゲームスタジオ
コロプラネクスト
リアルスタイル
ピラミッド
360Channel
コロプラネクスト 2号ファンド投資事業組合
外部リンク colopl.co.jp ウィキデータを編集
特記事項:従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載している。
自己株式は主要株主から除外。
テンプレートを表示

株式会社コロプラ: COLOPL,Inc.[2])は、オンラインゲームの開発・運営を行う企業である。

概要[編集]

2003年、創業者の馬場功淳KLabに勤務の傍ら、個人的な副業として始めた位置ゲーコロニーな生活」が発祥である。ゲームが人気化したことにより独立し、2008年にコロプラを法人化した[3][4]

「コロニーな生活」を法人化する際に、初心を忘れることがないように会社設立当時のサイト名「コロニーな生活☆PLUS」の愛称である「コロプラ」を社名とした[5]

法人化以降は、「コロニーな生活」をベースにした他業種企業との提携や、位置ゲーを含めた携帯端末向けゲームの開発を積極的に行っている[6]。2013年1月 - 3月の売上比率では、「プロ野球PRIDE」をはじめとするスマートフォン向けネイティブアプリが全体の77%を占めている[7]

コロプラは「位置ゲー」という商標の登録者でもある。(第5302412号、第5430573号)

2013年3月27日にgloops子会社のソーシャルゲームインフォ(現ソーシャルインフォ)を買収し子会社化した[8]

2013年10月3日から、日本テレビで単独提供ミニ番組『アソビラボ』(毎週木曜22時前)の放送が開始された。

2012年12月13日に東京証券取引所マザーズに上場、2014年4月22日に東京証券取引所第一部に市場変更された。

2015年よりJリーグのトップパートナーとなる[9](2016年末で終了)。

2016年5月10日に株式会社エイティングを子会社化した[10]

2020年4月3日付で株式会社MAGES.の持つ発行済全株式を取得し完全子会社化する[11]

2020年9月1日付でソーシャルインフォの株式をブシロードに譲渡する[12]

当社の英語表記はColoplで、Coloplaはよくある誤表記である。

アプリケーション一覧[編集]

コロプラプラットフォーム上で提供される、携帯電話(フィーチャーフォン)またはスマートフォン向けのゲームアプリである。「コロプラ」における直接開発・提供アプリもあれば、他社によって開発・運営されているものもある。近年は他社によるものが多い。

提供中のアプリ[編集]

  • コロニーな生活
  • キャリー・ストーリー
  • 駅奪取PLUS
  • ステーションメモリーズ!
  • 戦国いろは
  • キングダムブレイク
  • ジョリーロジャー 〜謎の文明と海賊島〜
  • ぼくのレストラン2
  • ドラゴンタクティクス
  • サッカー日本代表ヒーローズ
  • ガルショ☆
  • 幻獣姫
  • 100万人の三國志
  • 100万人のWinning Post
  • 魁!!男塾~連合大闘争編~
  • 野球魂サムライナイン
  • チョコッと農園
  • プラチナガール
  • 宇宙戦艦ヤマト2202
  • 初音ミク ぐらふぃコレクション
  • ろくでなしBLUES~激闘クロニクル~
  • 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 X Reverie
  • からくりサーカス ~Larmes d’un Clown~
  • 怪盗夜想曲◆ファントムノクターン
  • ヴァンパイア†ブラッド
  • LOVE:QUIZ
  • 戦国LOVERS
  • DEADorLOVE
  • エターナルスカーレット
  • オレの彼女はJKOL
  • 天使クラブ
  • ぶっ飛び三国
  • 東京カジノプロジェクト

提供が終了しているアプリ[編集]

  • きらめきマーケット
  • おでかけシルクロード
  • 創聖のアクエリオン〜究極激闘編〜
  • スタプラ! - 東映アニメーション他との協業
  • バトルガールハイスクール
  • 鷹の爪団のアヤマル大作戦
  • 鷹の爪あなたが世界征服+
  • 集めて戦え!トラベルモンスター!
  • 陰陽の道-大正幻想録-
  • ミリタリーコンバット
  • ダービーズキングの伝説
  • 釣りロマンを求めて presents 釣りドキッ♪
  • 海の上のカメ農園Plus
  • くにつく
  • 戦国武将姫-MURAMASA-
  • ケイオスブレイド
  • ドラゴンキャバリア
  • ドラゴンハンターUTOPIA
  • 狩りとも
  • ミリオンアーサーエクスタシス

サブブランドで提供中のアプリ[編集]

Kuma the Bearブランド
くまべあブランド
モバイルネットワークゲーム
  • 秘宝探偵キャリー
  • プロ野球PRIDE
  • DINO DOMINION(『恐竜ドミニオン』のグローバル版)

提供が終了しているアプリ[編集]

Oculus Rift専用アプリ[編集]

  • 白猫VRプロジェクト

提供番組[編集]

現在

日本テレビ

テレビ朝日

TBS

フジテレビ

テレビ東京

  • なし

またはスポットCMがほとんどである。

過去

CM出演者[編集]

過去の出演者[編集]

その他関連団体[編集]

  • 公益財団法人クマ財団

問題[編集]

訴訟等[編集]

任天堂による特許侵害を理由とした訴訟
2018年1月10日任天堂はタッチパネル上で操作する際に使用する特許技術など5件を対象として東京地裁に提訴し、コロプラに白猫プロジェクトの差し止めと44億円の損害賠償、遅延損害金を求めた[13]。任天堂は2016年9月頃から特許権侵害をしているとコロプラ側に1年にわたり指摘していたが、コロプラ側は特許権侵害はないと否定している。話し合いが決裂したため任天堂は訴訟に踏み切った。3月14日に新たに1件の特許権侵害を追加され、計6件の特許権侵害となった。
2021年2月12日、時間経過を理由に賠償額に5.5億円が上乗せされ、計49.5億円の損害賠償となる[14]
同年4月21日、時間経過を理由に賠償額をさらに47.4億円が上乗せされ、計96.9億円の損害賠償となる[15]

不正行為[編集]

セールスランキングの不正操作疑惑
2019年6月21日、アプリの課金額に応じて変動するセールスランキングを、従業員が不適切に操作した疑いがもたれることが報道された。役職者を含む2名の従業員が、自社経費850万円を使って取引先に自社ゲーム「最果てのバベル」に課金するよう依頼し、取引先による課金が6月13日に行われた疑いがもたれた[16]。ゲームアプリの提供先であるiOSにおいて、Apple社ではシステムに対しての不正行為(アプリの評価の操作など)を禁止している[17]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社コロプラ (2020-12-21). 第12期(2019年10月1日 - 2020年9月30日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 株式会社コロプラ 定款 第1章第1条
  3. ^ リーダーは逃げ出さない。真剣でなければ資格がない@IT、2010年2月1日)
  4. ^ MY BEST LIFE 挑戦する生き方 第127回 株式会社コロプラ 代表取締役GM 馬場功淳(DREAM GATE)
  5. ^ 「コロプラ」について
  6. ^ 社長を「採用」した男 千葉功太郎
  7. ^ 株式会社コロプラ 平成25年9月期 第2四半期決算説明会資料
  8. ^ コロプラ、gloops子会社のソーシャルゲームインフォ買収(Venture Now、2013年3月27日)
  9. ^ コロプラ、サッカー「Jリーグ」のオフィシャルパートナーに関する基本合意を締結 Jリーグオフィシャルライセンスのサッカーゲームを開発、日本サッカー界のさらなる興隆を目指します - コロプラ・2014年12月18日
  10. ^ 株式会社エイティング株式(証券コード:3785)に対する公開買付けの結果に関するお知らせ - コロプラ・2016年4月28日
  11. ^ 株式会社MAGES.の株式の取得(完全子会社化)に関するお知らせ ,株式会社コロプラ,2020年3月30日
  12. ^ 株式会社ソーシャルインフォの株式譲渡に関するお知らせ,株式会社コロプラ,2020年8月19日
  13. ^ 任天堂、コロプラを提訴”. 日本経済新聞 (2018年1月10日). 2018年1月10日閲覧。
  14. ^ 任天堂、『白猫プロジェクト』をめぐるコロプラに対する損害賠償請求金を5億5000万円増額。提訴後の時間経過による増額”. Automaton (2021年2月12日). 2021年2月13日閲覧。
  15. ^ コロプラ、任天堂による『白猫プロジェクト』特許訴訟の損害賠償請求金額が96億9900万円に増額されたと発表” (日本語). ファミ通. 2021年4月22日閲覧。
  16. ^ コロプラ、従業員が取引先にゲーム課金を依頼 順位操作目的”. 日本経済新聞 (2019年6月21日). 2019年6月21日閲覧。
  17. ^ App Store Reviewガイドライン 2019年6月21日閲覧。