コロムビアハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
コロムビアハウス
ロゴ
親会社 日本コロムビア株式会社
設立 1965年(アニメソング制作開始)
販売元 日本コロムビア株式会社
ジャンル アニメ特撮ゲーム、子供向け音楽、学校音楽
日本の旗 日本
本社所在地 東京都港区虎ノ門4丁目1番40号 江戸見坂森ビル
公式サイト https://columbia.jp/

コロムビアハウスは、日本コロムビア株式会社のアニメ・ゲーム・エデュケーショナル事業部門アニメ特撮コンピュータゲーム、子供向け音楽、学校音楽教材を管轄する。

略歴[編集]

日本コロムビア株式会社は、1965年12月発売の『ジャングル大帝』主題歌シングルレコードでアニメソングの制作を開始した[1]。その後、アニメ音楽部門が同社の特撮音楽レーベルであったブラジルレコードと統合してANIMEXレーベルが発足した。特撮音楽部門は1992年に株式会社フォルテ・ミュージックエンタテインメントとして一時分社化するも業績不振により債務超過に陥り、1995年に再び吸収合併となる。

2004年4月時点において、コロムビアハウスは映像、アニメ、エデュケーショナル、J-room、邦楽の5つの制作部門で構成されていた[2]

2010年1月1日、クリエイティヴ・コア株式会社の教育ソフト事業をコロムビアハウス制作部へ、ゲーム事業を新設したゲーム制作部へ移管[3]

2014年4月1日、純邦楽の制作業務をコロムビア・マーケティング株式会社へ移管[4]

2015年4月1日、レーベル事業部の「コロムビアハウス・アニメ」「コロムビアハウス・エデュケーショナル」ビジネスユニットと、ゲーム制作部(ゲーム・ビジネスユニットへ改称)を、新設したコロムビアハウス事業部へ移管[5]

事業[編集]

アニメ事業[編集]

アニメソング特撮番組の音源に力を入れており、1970年代までは、日本の子供向け番組の大半の楽曲を同社が保有していた。この事から現在でも、70年代以前の懐かしのアニメ・特撮は、同社のCDを求めるだけでかなりの作品を揃える事が出来る。

日本アニメーション制作作品に於いては積極的に音源が発売されており、1997年発売の3枚組アルバム『名作アニメ主題歌全集』や2000年発売の8枚組アルバム『創立25周年企画 アニメ主題歌大全集』、2004年の『日本アニメーションの世界(4作品 計12枚)』シリーズで自社原盤では無い作品の音源については全て保有者(他レコード会社等)より借り入れる形でほぼ網羅のうえ収録している。

ゲーム事業[編集]

2010年1月にクリエイティヴ・コアのゲーム事業を譲り受け、コンピュータゲーム事業に参入している。ラインナップはニンテンドーDS3DS用の女児向けゲームが中心[6]

エデュケーショナル事業[編集]

NHK教育などの子供向け番組の音楽や学校音楽教材を制作している。

1980年代頃よりNHKの音楽番組『みんなのうた』で放送された新曲を含めたアルバムを年2作品程度のペースで自社企画のうえ発売している。原盤の著作権の殆どは日本放送出版協会が保有しているが、ニューミュージック系の楽曲でオリジナルアーティストの所属レコード会社が異なる場合は、コロムビアによって製作されたカバー曲を収録している。2005年頃発売作品より、原盤を製作者から借り入れてオリジナル版を収録するケースが増えている。

1993年より自社企画のオムニバスアルバム『こどものうた』をシリーズ展開している。童謡、子供向けのアニメ・特撮・バラエティ番組などの楽曲を選り取り構成し、2500円程度の廉価格で発売している。特におかあさんといっしょポンキッキ関係の音源はポニーキャニオンおよびフジパシフィック音楽出版が保有しているため、これらの楽曲については原盤の借り入れをせず、全て自社係属アーティスト(山野さと子影山ヒロノブ・ひまわりキッズなど)によるカバー音源で収録されている。

アーティスト[編集]

声優アーティスト[編集]

アニメ・特撮ソングアーティスト[編集]

作品一覧[編集]

2020年現在の規格品番はCOxC(アルバム以外)、COxX(アルバム)、COxE(教育用音楽)。

アニメ[編集]

1965年
1966年
1967年
1968年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

特撮[編集]

フォルテミュージック・エンタテインメントの作品を含む。

ゲーム[編集]

ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)との関係が深い。

子供向け番組[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

  • コロ・シート - 1960年代にリリースされていた自社制作のソノシート。自社専属歌手のヒット曲集の低価格版として人気を呼んだ。またグラビア写真やインタビュー記事が盛り込まれた「コロ・シートブック」も作られた。
  • ファンファニーシリーズ - 1970年代後半に徳間音楽工業と提携して発売。
  • 学校行事・放送用音楽集(1988年 - )
  • コロちゃんパック(1992年 - 2016年)
  • こどものうた(1992年 - )
  • CDツイン(1994年 - ) - 「NHKみんなのうた」や、自社音源のアニメソング・特撮主題歌を2枚組のコンピレーションCDとした廉価なベスト・アルバム。
  • ANIMEX1200シリーズ(2003年 - 2015年)
  • ANIMEX 1300 Song Collection(2006年)
  • コロムビア アニメ・特撮主題歌全集(2009年 - 2010年)
  • アニメソング史 / 特撮ソング史(2010年 - 2011年)
  • Columbia Sound Treasure Series(2015年 - 2018年)
  • ザ・ベスト(2015年 - 2019年)
  • コロムビアキッズパック(2017年 - )

ラジオ番組[編集]

ANIMEX RADIO!!」は、デジタルラジオ超!A&G+で2010年4月5日から2012年3月26日まで毎週月曜21時30分 - 22時に放送されていた、アニラジである。アニソンシンガーの2人がアニメソング、特撮ソングの魅力を最大限伝えていく、アニソン情報番組。2011年10月からの半年間は、Project.Rのメンバーから2人が月替わりで担当。

パーソナリティ
  • Project.R
  • 代理パーソナリティ(いずれも谷本の代理)
    • 2011年7月4日・11日 - 高取ヒデアキ
    • 2011年7月18日・25日 - Sister MAYO
    • 2011年8月1日・8日 - 大石憲一郎
コーナー
  • ANIMEX infomationシアター - ANIMEXからの最新情報を伝える。第3回目からは、小芝居を交えながら伝えるようになった。
  • 歌の元気玉 - リスナーからの思い出深い曲と曲にまつわるエピソードを紹介する。スーパー戦隊(ヒーロー)研究所開始後は、取り上げられるシリーズ作品の主題歌がED曲になることが多いため、放送回数は少なかったが、同コーナー終了後、時間を拡大し再開。
  • 輝け!アニソン列伝 - 歴史にさんぜんと輝くアニソン、アニソン歌手を取り上げ紹介する。
  • ANIMEX RADIO!!オリジナルソングプロジェクト - 五條、谷本が番組オリジナルソングを制作していく。
  • 谷本貴義芸人化計画 - 谷本が歌える芸人を目指すため、五條が歌うリスナーから寄せられた課題曲に、谷本が突っ込みを入れる以前は「谷本貴義アイドル化計画」として、リスナーからよせられた「アイドルの条件」を紹介し、谷本のアイドルスキルを検証していた。ゲストのSister MAYOにアイドルとしての素質を否定されたため、企画変更。
  • Dr.タニー診療所 - 健康オタクの谷本が、健康に関するうんちくを語る
  • スーパーヒーロー研究所 - 五條と谷本が、サカモト教授からのお題を元に毎週スーパーヒーローについて学んでいく。2011年9月までは「スーパー戦隊研究所」として、スーパー戦隊シリーズの作品を取り上げていたが、10月より仮面ライダーシリーズメタルヒーローシリーズを含めたヒーロー作品の他、魔女っ子メグちゃんマジンガーZなどのアニメ作品も取り上げるコーナーとなった。また、スーパー戦隊研究所時代に串田アキラが出演した5月23・30日の回では、串田が多くの作品に参加したメタルヒーローの特集となっている。
ゲスト
  • 2010年6月7日 - サイキックラバー
  • 2010年6月21日 - mao
  • 2010年7月12日・19日 - Sister MAYO
  • 2010年7月26日・8月2日 - 高取ヒデアキ
  • 2010年8月16日・23日 - 水木一郎
  • 2010年9月6日・13日、2011年5月23日・30日 - 串田アキラ
  • 2010年9月20日・27日 - 和田光司
  • 2010年10月25日 - 五條真由美
  • 2010年11月1日・8日 - 堀江美都子
  • 2010年11月15日 - 増山加弥乃
  • 2010年11月29日 - 谷本貴義
  • 2010年12月13日・20日 - 高橋秀幸
  • 2011年2月21日・28日 - 松原剛志
  • 2011年6月27日 - 宮崎歩
  • 2012年3月19日・26日 - NoB岩崎貴文

関連イベント[編集]

日本コロムビア アニソン50th THE LEGENDS
日本コロムビアが2015年にアニメソングを手がけて50周年になるのを記念して、同年9月27日にZepp Tokyoで開催したライブイベント[1][7]。当日はニコニコ生放送でもライブ配信された。
出演:ささきいさお水木一郎堀江美都子大杉久美子串田アキラ影山ヒロノブしまざき由理前川陽子タケカワユキヒデ弘田三枝子(特別出演)、古川登志夫(司会)
日本コロムビア創立110周年記念『#コロちゃんフェス supported by animelo mix』
2020年に日本コロムビアが創立110周年になるのを記念して、同年6月7日にパシフィコ横浜国立大ホールで開催予定のライブイベント。所属する女性声優アーティスト7人が出演する[8][9]
出演:悠木碧内田彩伊藤美来村川梨衣Machico和氣あず未富田美憂

出典[編集]