コロンビア特別区議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コロンビア特別区議会
Council of the District of Columbia
Seal of the District of Columbia.svg
種類
種類
歴史
設立 1975年
前身 行政委員会
役職
議長
フィル・メンデルソン英語版民主党)、
2012年6月13日より現職
構成
定数 13
Council of the District of Columbia (2009–present).svg
院内勢力

与党

  民主党 (11)

野党

  無所属 (2)
委員会 12
任期
4年(議長を除き2年ごとに半数改選)
選挙
単純小選挙区制 (8)
単記非移譲式大選挙区制 (5)
前回選挙
2014年11月4日
議事堂
DC City Council budget vote.jpg
ワシントンD.C.北西地区
ウィルソン・ビル
ウェブサイト
Council of the District of Columbia
憲法
アメリカ合衆国憲法

コロンビア特別区議会(コロンビアとくべつくぎかい、英語: Council of the District of Columbia)は、ワシントンD.C.議会である。

概要[編集]

アメリカ合衆国連邦政府の直轄地であるワシントンD.C.において、連邦政府としてではなく、コロンビア特別区としてワシントンD.C.の地方自治及び地方政治を担う地方議会である。

沿革[編集]

1973年連邦議会がコロンビア特別区に公選首長と公選議会の設置に関する法律を可決。

1974年に区長・議会議員選挙を実施して翌1975年に発足。

構成[編集]

選挙区

定数は13名、小選挙区選出(8議席)と全体大選挙区選出(5議席)による並立制である。

任期は4年で、議長を除き2年ごとに半数を改選する。

権限[編集]

役職[編集]

委員会[編集]

議席[編集]

脚注[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

ウィルソン・ビル