コローニ・FC188

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コローニ・FC188/FC188B/FC188C
コローニ・FC188B
コローニ・FC188B
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 コローニ
デザイナー イタリアの旗 ロベルト・オーリ
主要諸元
シャシー アルミニウムおよびカーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, ショックアブソーバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, ショックアブソーバー
エンジン フォード コスワース
1988年: DFZ (Novamotor);
1989年: DFR (Mader); 3.5リッター, 575/585 ps, 90° V8, NA
トランスミッション コローニ/ヒューランド 6速
重量 520 kg (1,146 lb)
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー, ピレリ
主要成績
チーム コローニ SpA
ドライバー イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ
ブラジルの旗 ロベルト・モレノ
フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル
初戦 ブラジルの旗 1988年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
9 (21) 0 0 0
テンプレートを表示

コローニ・FC188は、ロベルト・オーリが設計したフォーミュラ1カーで、1988年から1989年にかけてコローニチームによって使用された。

FC188[編集]

1987年にF1参戦を果たしたコローニが前年型コローニ・FC187を改良したマシン。エンジンはコスワースDFZを搭載、タイヤはグッドイヤー。ドライバーはガブリエル・タルキーニがドライブし、1988年シーズンでの最上位はカナダGPでの8位のみで、計7回予選落ち(その内6回は予備予選落ち)を喫した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 FC188
  • 前トレッド 1,790 mm
  • 後トレッド 1,650 mm
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン[編集]

  • エンジン名 コスワースDFZ
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 3,494cc
  • 最大馬力 585馬力

FC188B[編集]

新車コローニ・C3が完成するまでは前年型の改良型で出走し、エンジンもコスワースDFZの改良型であるコスワースDFRを搭載し、タイヤはピレリに変更された。第6戦以降からC3を使用した。89年シーズンはロベルト・モレノが3回、ピエール=アンリ・ラファネルが1回決勝進出するもすべてリタイヤに終わり、残りのレースは予選及び予備予選落ちと、散々な1年となってしまった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 コスワースDFR
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 3,493cc

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ 車番 ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 FC188
FC188B
フォード コスワース
DFZ V8 3.5
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 -
31 イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ Ret Ret Ret 14 8 DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ 13 NC DNQ 11 DNPQ DNPQ DNQ
1989年 FC188C フォード コスワース
DFR V8 3.5
P BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 -
31 ブラジルの旗 ロベルト・モレノ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ
32 フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル DNPQ DNPQ Ret DNPQ DNPQ