コワイシャシン 〜心霊写真奇譚〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コワイシャシン 〜心霊写真奇譚〜
ジャンル アクションゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 メディアエンターテイメント
発売元 メディアエンターテイメント
プロデューサー 早川敦子
ディレクター 平松雅幸
デザイナー 早川敦子
金井聡
シナリオ 早川敦子
プログラマー 青江和則
音楽 別部佑介
益子重徳
美術 松田浩史
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 2002年7月25日
デバイス DUALSHOCK対応
テンプレートを表示

コワイシャシン 〜心霊写真奇譚〜』(コワイシャシン しんれいしゃしんきたん)は、2002年7月25日にメディアエンターテイメントからプレイステーション向けに発売されたゲームソフト。ジャンルは「除霊アクションゲーム」と表記されている。

概要・システム[編集]

霊能者である主人公・緋織となって、心霊写真に宿る悪霊を退治するというゲーム。

物語は全7章からなる。まずサウンドノベルのように、主人公の一人称からなるテキストが表示され、ストーリーが語られる(選択肢や分岐はない)。

続いて、心霊写真(合成によるもの)が画面に表示される。霊が写っている部分の特定の場所を調べると、霊とのバトルが始まる。迫ってくる霊の動きを読み、正確に方向キーを押し、攻撃を当てる。一定回数攻撃を当てるとその霊の動きを封じることができ、画面に表示された順に○・×・△・□のキーを押すことで、ダメージを与えられる。もぐら叩きのように、反射神経が重要となるシステムである。

1枚の写真には3体前後の霊が潜んでおり、全ての霊を倒せばその写真はクリアとなる。1つの章につき、写真は基本的に3枚ずつ登場する。

本作にはおまけメニューが3種類あり、ゲームを1周クリアするごとに1つずつ閲覧できるようになっていく。ただし、1周ごとに戦闘時のコマンドが複雑になっていく(ストーリーは変らない)。

登場人物[編集]

本作に名前・グラフィック共に登場するキャラクターは、主人公1人だけである。

緋織(ひおり)
主人公。古い洋館に1人で暮らす。代々除霊を生業としてきた一族の人間で、彼女自身は7歳の時に能力に目覚めた。同じころ、父親が失踪している。
複数いる「代理人」経由で、霊現象に悩む依頼者から心霊写真を預かり、その写真越しに霊と戦い、除霊を行う。霊を倒すことでその力を吸収できる為、霊力は高まって行く。また、霊から知識も吸収出来るので学校に行く必要も無い。
人付き合いが苦手な自分にも親切だった「優二」という少年が初恋の相手だったが、意外な再会と悲しい別れをすることになる。
代理人の1人である女性を数少ない友人と呼んでいたが、ある出来事で、彼女との友情も失った。
発売当時の紹介記事では14歳との記述があったが、説明書やゲーム中では年齢は語られていない。体型は巨乳
声は声優の野田順子が担当。本ソフトには野田のサイン色紙プレゼントキャンペーンも存在した。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:小川史生
  • プロデューサー:早川敦子
  • ディレクション:平松雅幸
  • システムデザイン:早川敦子、金井聡
  • キャラクターデザイン&グラフィック:松田浩史
  • プログラム:青江和則
  • シナリオ:早川敦子
  • キャスティングコーディネート:古市利雄
  • BGM:別部佑介、益子重徳
  • SE:星野英和、別部佑介
  • キャラクターボイス:野田順子
  • パッケージ&ソフトウェアマニュアル:加藤政樹
  • 営業・広報:坂本慎二、花村智之、丸山祐司、坂川涼子
  • デバッグ:林下和也、鈴木吉人、石川大蔵、川辺篤史、佐々木裕司
  • 撮影協力:武藤信和、津留直行、生田和也、坂川真梨子
  • サウンド:スタジオクリシェ
  • 音声収録:㈱タバック
  • アフレコ協力:青二プロダクション
  • スペシャルサンクス:猪子宗幸、岩田暢人、柴崎一輝、角野芳春、田部井経、渡辺貴裕、眞淵理文