コンサドールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北海道コンサドーレ札幌 > コンサドールズ
コンサドールズ
コンサドールズのロゴ.jpg
札幌ドームの大型ビジョンに映るドールズロゴ
正式名称 コンサドールズ
愛称 ドールズ
競技種目 チアリーディング
創設 1997年
本拠地 札幌ドーム
ウェブサイト 公式サイト

コンサドールズ(Consadolls)とは、プロサッカーJリーグに加盟する北海道コンサドーレ札幌ダンスドリルチームの名称。チームコーディネーターは金子桂子。

概要[編集]

コンサドールズはトップ・サテライトの他に、サッカー同様にユース(中高生)・ジュニア(小中学生)・キッズ(園児)を設けて育成も行っている。トップとサテライトは『勝利の女神』として全てのホームゲームでダンスパフォーマンスを披露する他、クラブの広報宣伝活動や地域貢献活動として、道内の様々なイベントにも参加出演する[1]。地域貢献活動はドールズとドーレくんと選手で結成する『サンタ隊』として、養護施設訪問や病院訪問(小児科)など参加をする。ユース・ジュニア・キッズはホームゲームでイベントやビッグゲームの開催の際はトップと一緒にダンスパフォーマンスを披露する。

毎年、1回だけオーディションが開催され、トップとサテライトもこのオーディションに参加する。ドールズは年齢制限(25歳まで)を設けていたが[2]、2019年のオーディション募集から年齢制限が撤廃された[3]。書類選考で通過した者のみが次のオーディションに参加ができる。オーディションではダンス(基礎、基本動作)、1分間のオリジナルダンス(選曲自由)、応援コール、集団面接が行われる[4]

ファイターズガールとの交流

2011年ファイターズガール(北海道日本ハムファイターズのチアリーディング)と9月7日と21日に交流したことがある。7日はファイターズのホームでファイターズガールと共にコンサドールズが出演。21日にはコンサドーレ札幌のホームでコンサドールズと共にファイターズガールが出演した[5]

月下美人

2007年から毎年行われる一般公募で集められた60歳以上の女性で結成する『月下美人』がドールズシニアとして簡単なダンスパフォーマンスでコンサドーレ札幌のホームゲームに一日限定で出演する[6]。月下美人講座では、ホームゲームでダンスパフォーマンスを披露することとは関係なく、ダンスを楽しむための講座があり、プロデューサーやドールズメンバーが丁寧に指導をしてくれる[7]。なお、主催はコンサドーレ北海道スポーツクラブが担当[8]

沿革[編集]

金子桂子が主宰のスタジオNEOに所属する国内外で実績を持つ『NEOロケッツ』が母体となり[9]、日本サッカー史上初のオフィシャルダンスドリルチームとして1997年に誕生。始動当初はスタジオNEOの生徒が中心に結成していた[10]。同年5月15日JFL第5節大塚FC戦(札幌厚別)でデビューし[1]、1998年4月15日には仙台スタジアム(浦和戦)で道外デビューした[11]

年表[編集]

  • 1997年 - コンサドールズ結成、ホームゲームデビュー[12]
  • 1998年 - Jリーグオールスターに出演[12][13]、ユースチームが出演[14]
  • 1999年 - ジュニアチームが始動[12]
  • 2001年 - 札幌ドームのオープニングセレモニーに出演[12]
  • 2003年 - Jリーグオールスターに2回目の出演[12]
  • 2007年 - 結成10周年、サンタ隊が結成[12]。月下美人が一日限定出演
  • 2011年 - 北海道日本ハムファイターズのファイターズガールと交流
  • 2012年 - 結成15周年[12]、10月20日のJ1リーグ鹿島戦(札幌厚別)で歴代ドールズOGが記念パフォーマンス披露
  • 2017年 - 結成20周年、10月29日のJ1リーグ鹿島戦(札幌ドーム)で歴代ドールズOGが記念パフォーマンス披露
  • 2019年 - コスチュームの胸、袖、背中にスポンサー「Hard Rock」を表記

主な登場場面[編集]

キックオフ50分前にダンスパフォーマンスするコンサドールズ(2014年4月29日)
  • キックオフ50分前
ダンスパフォーマンスを披露
  • 選手紹介
  • 選手入場前(キックオフ10分前)
  • ハーフタイム中
ダンスパフォーマンスを披露
  • ゴール後
  • 試合終了後(勝利の場合のみ)
ラインダンスを披露

ダンスパフォーマンス テーマ曲[編集]

キックオフ50分前にダンスパフォーマンスを披露している使用テーマ曲。

スタッフ・メンバー[編集]

プロデューサー
  • 金子桂子
ディレクター
  • 村田裕美
パフォーマンスアドバイザー
  • 村田大輔
トップ
  • 村田夕奈 (9) ※ディレクター兼プレイヤー
  • 千葉侑奈 (7) ※コーチ兼キャプテン
  • 湯浅凛香 (2)
  • 瀧口風子 (1)
  • 福井桜 (1)
サテライト
  • 久保木真理
  • 須田来実
  • 澤田美月
  • 斎藤帆乃華 
  • 田中ゆき乃
  • 西野琴羽

歴代キャプテン[編集]

2005年はキャプテンとなる人材を育成するためにキャプテンは不在となった[27]

過去のメンバー構成[編集]

()内はトップ在籍年数

特記事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b コンサドールズ”. コンサドーレ札幌. 2014年4月11日閲覧。
  2. ^ 道新スポーツ 『月刊コンサドーレ 2011年10月号』、22頁。 
  3. ^ オフィシャルダンスドリルチーム コンサドールズ2019 オーディション及び体験レッスン開催のお知らせ (2018年11月7日) 北海道コンサドーレ札幌 2018年12月6日閲覧。
  4. ^ 道新スポーツ 『月刊コンサドーレ 2014年2月号』、27頁。 
  5. ^ コンサドーレ札幌×北海道日本ハムファイターズ合同企画 「ドーレくん」「コンサドールズ」×「B☆B」「ファイターズガール」 マスコット&ダンスチーム交流コラボレーションイベント”. コンサドーレ札幌. 2014年4月25日閲覧。
  6. ^ ドールズシニア☆“月下美人”大募集!!”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  7. ^ コンサドールズ「月下美人」講座開講のお知らせ”. コンサドーレ札幌. 2014年4月25日閲覧。
  8. ^ コンサドールズ 『月下美人』
  9. ^ コンサドーレ札幌 『コンサドーレ札幌オフィシャルガイドブック2003』、86頁。 
  10. ^ イエロページ 『コンサドーレマガジン 1998年3月号』、29頁。 
  11. ^ イエロページ 『コンサドーレマガジン 1998年5月号』、45頁。 
  12. ^ a b c d e f g 道新スポーツ 『月刊コンサドーレ 2013年1月号』、31頁。 
  13. ^ イエローページ 『コンサドーレマガジン 1998年10月号』、3頁。 
  14. ^ イエロページ 『コンサドーレマガジン 1998年11月号』、45頁。 
  15. ^ 2007ドールズ!!”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  16. ^ ホームゲーム日記☆ホーム開幕戦!”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  17. ^ 2009年☆50分前ダンスは。。。”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  18. ^ ホームゲーム日記 《3/13ホーム開幕戦》”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  19. ^ 2011年 ドールズダンス 動画です!”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  20. ^ JUMP!2012<動画です>”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  21. ^ 2013年ダンス「black cat」動画”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  22. ^ 2014ダンスです☆”. ドールズブログ. 2014年4月25日閲覧。
  23. ^ コンサドールズ2015DANCE!!”. ドールズブログ. 2015年3月14日閲覧。
  24. ^ 2016年☆新50分前ダンス 2016年3月6日記事”. ドールズブログ. 2016年3月9日閲覧。
  25. ^ コンサドールズ2017テーマ曲決定のお知らせ 2017年3月6日 北海道コンサドーレ札幌 2017年3月18日閲覧。
  26. ^ ホーム開幕戦まで残り4日・・・☆★(2018年3月6日記事) 北海道コンサドーレ札幌 2018年4月10日閲覧。
  27. ^ コンサドーレ札幌 『コンサドーレ札幌オフィシャルガイドブック2005』、60頁。 
  28. ^ 2009ドールズユースよりご挨拶(2010年1月27日付) 旧ドールズブログ 2018年5月14日閲覧。
  29. ^ コンサドーレ札幌 『コンサドーレ札幌オフィシャルガイドブック2010』、71頁。 

関連項目[編集]