コンサート・システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

コンサート・システム(英:concert system)とは国際レジームの形態のひとつ。大国間国際協調システムのこと。

コンサート・システムとは[編集]

コンサート・システムとは、大国間における国際関係の安定を図るべく、各国の自主性を尊重しつつも、一定の規範ルールにより、国際秩序の維持を図るレジームのことをいう。ウィーン体制ワシントン体制がその好例である[1]安全保障の相互影響が及ぶすべての国家を取り込み、基本的な利益の一致が存在するとともに、相互の了解に基づき協調をとり、構成国は一方的な行動を控え、相手国の死活的な利益を侵さない行動原則をとるという。またその関係は協調的な勢力均衡によるといい、構成国の相互調整をしつつ、大国間の勢力を均衡化する。同レジームで一方的に武力行使された場合、対抗力を持たないため、同システムは崩壊することになる[2]

ロバート・ジャーヴィスは、このコンサート・システムが歴史的に3度現れたと述べている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『国際レジームとガバナンス』175頁
  2. ^ 『国際レジームとガバナンス』282-285頁
  3. ^ Robert Jervis,“From balance to concert:A study of international security cooperation”,World Politics vol.38 No.1.

参照文献[編集]

  • 山本吉宣 『国際レジームとガバナンス』 (初版) 有斐閣2008年6月25日ISBN 978-4-641-17344-6。 

関連項目[編集]